「夫とセックスしたくない」なんて、言えない

こんにちは。松尾 聡子です。

「セックスレス」で検索すると、セックスを拒否する側の声は、拒否される側の声に比べてずいぶん少ないです。

セックスを拒否される側の悲しみや苦しみ、それを自分が相手に与えていると思うと、とてもつらくなります。

だから、「夫とセックスしたくない」なんて、言えない。

そう思っていませんか?

誰かに相談したいけれど、うっかり相談して非難されるのが怖い。

「夫婦なのに変だよ」

「じゃあ、どうして結婚したの?」

「旦那さんがかわいそう」

「離婚したら」

そんなふうに言われてしまったこと、ないですか?

どうしてこうなっちゃったんだろう。

どうしたら、今の状態から変わることができるんだろう。

そこで、質問です。

あなたがのぞむゴールは何ですか?

・セックスできるようになる。

・セックスしなくても、夫と仲良く暮らせるようになる。

・夫がセックスをあきらめてくれる。

・離婚する。

ゴールには正解も不正解もありません。

一人ひとり、違うゴールがあっていいのです。

そもそも、どうなりたいのかもわからない。

とにかく、今の状況から抜け出したい。

それでも大丈夫です。

あなたにとってのゴールは何でしょう。

夫婦にとっての最適な選択。

それを見つけることから始めませんか?

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

昔みたいに、セックスできるようになりたいです。

こんにちは。松尾 聡子です。

ご相談をシェアしますね。

夫のことは嫌いではありません。

もちろん、不満はありますが、離婚したいほどイヤではないです。

でも、夫とセックスするのがイヤになってしまいました。

断ると怒ってしまいますが、だからといって我慢してすると、ますます夫のことが嫌いになりそうで、拒否してしまいます。

そのせいか、夫の態度も最近よそよそしくて。

一緒にテレビを見ていても、性的なシーンや話題になると気まずくなってしまいます。

昔みたいに、セックスできるようになりたいです。

そうしたら、夫の機嫌もよくなって、家庭内の雰囲気もよくなるんだろうなと思います。

どうしたらいいでしょうか。

セックスレスが原因で夫婦仲が気まずくなってしまう。

つらいですね。

大嫌いというわけではないのに、どうしてなんだろう……

きっと、ご本人が一番戸惑っていらっしゃるのではないでしょうか。

セックスをしたくなる気持ちを取り戻す方法で、よく紹介されているのが

・セクシャルな下着を身につけて気分を上げてみる

・官能的な映画などを観て、性的な快感の感覚を取り戻す

などがあります。

でも、原因が性的なものに対する嫌悪感である場合、そういうことにも嫌悪感を持ってしまいます。

そうすると、実行するのはむずかしいですよね。

まず、嫌悪感の原因を見つける方が、結果的に解決の近道になります。

それは、セックスの相手である旦那さまとの関係かもしれません。

もしかしたら、性的なトラウマかもしれません。

そして、日常生活まで支配しようとしている嫌悪感の影響をできるだけ少なくすること。

嫌悪感が育たないような暮らしをすることです。

「イヤ」の気持ちは、拒否する気持ちをどんどん育ててしまいます。

セックスしたいと思える日が早く来るように、できるだけ小さくしておきたいですね。

そんな暮らしのコツも、ブログやメルマガでお伝えしたいと思っています^^

「セックスレスを解消して、今の状況を変えたい」そんなあなたを応援するメルマガはこちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

舞台「りとるぽえっと」を観に行きました

女優、仲野綾花さんの舞台「りとるぽえっと」を観に行きました。

子どもたちの詩を舞台にするなんて、どんな感じなんだろう?

って思ってましたが、観て納得!

綾花さんの動き、表情、声のすべてが詩の世界を何倍にも広げ、とても温かな空間が生まれていました。

子どもたちの言葉って、シンプルでストレート。

自分を飾ったり、人によく思われようとしたりする思いがなくて。

大人は、なかなかそうもいかないですけれど^^;

だからこそ、子どもの言葉に魅かれるのかもしれないですね。

大人になると、自分の心の中のひとりごとでさえも、自分にかっこつけたり、誰かに気を使ったりしてしまいがちです。

自分くらい、自分の心の正直な気持ちを聞いてあげてもいいよね。

なんて、そんなことを感じた、とってもステキな舞台でした。

笑顔がステキな綾花さんのブログはこちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

旦那さまから視線を外していませんか?

今日は「見る」ことと「見ない」ことについてのお話です。

たとえば、お散歩の途中で、かわいい赤ちゃんや愛くるしい子犬がいた場合、思わず足を止めて見ちゃうこと、ありませんか?

好きだなあと思えること、心地よく感じるものには、自然と視線が向かうんですね^^

逆に、イヤだなあ、怖い、嫌い、と思うものからは視線を外してしまいます。

攻撃的な人、嫌味ばっかり言う人、嫌いな人が近づいてきたら、つい目をそむけてしまうのは、自然なことです。

好ましくないものは、自分の視界から外してしまう。

これは「不快な思いをしないように」という、自分の心を守るための必要で大事なメカニズムです。

でも、夫婦や家族、友人など近しい人の関係の中で「見てもらえない」ということは、マイナスになってしまいます。

「見ない」ことで「あなたは存在しない」というメッセージを送ることになってしまうんですね。

身近な人間関係で、存在を否定されるようなメッセージを受け取るのは、とても悲しいことです。

セックスしたくない、誘われたらイヤだ、と思っているとき、無意識に旦那さまから目をそむけているかもしれません。

すると、旦那さまには「存在を認めてほしい」という思いが生まれ、セックスをすることで存在価値を認めようとしている場合もあります。

「見る」ということは、実はとても大事なことなんです。

別の意味でも、私が「見る」ことの大切さに気づいた出来事があります。

この体験談は、来週火曜日のメルマガでお伝えしたいと思います。

登録してお待ちくださいね。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

性嫌悪症の原因

こんにちは。松尾 聡子です。

FSD(女性性機能障害)の原因には、身体的なものと心因的なものがあります。

性嫌悪症だけにしぼると、大きな原因は心因的なものになると思われます。

一つは性的なトラウマです。

トラウマと言っても、はっきりショックを受けたような出来事だけではありません。

記憶にも残っていないような、遠い昔の出来事や、一見何でもないような小さな出来事だったりします。

たとえば、父親や親戚の男性がお風呂をのぞいて笑っていたとか。

小学生のときに、同級生の男の子に性的なことでからかわれたときのイヤな感じとか。

出来事は忘れていても、その時に感じた不快感や嫌悪感が心の中に残っていることがあるんですね。

また、家庭の教育やしつけの中で、性的な嫌悪感を育てられることもあります。

女の子の場合、大人になって危ない目に合わないようにという親の配慮から、必要以上に男性に対する恐怖心を植え付けることもあるかもしれません。

身体的なことにも通じますが、出産や中絶したとき、さらにその後の痛みが原因ということもあります。

痛みが恐怖心を生み、それが嫌悪感につながってしまうんですね。

原因は一つではなく、いくつもの原因が複雑に絡み合っていることも多いです。

そして、性嫌悪症は、これまで傷ついてきた自分をこれ以上傷つかないように守ってくれる、心のシグナルだと思います。

あなたを守ってくれる心のシグナルの声を、聞いてみませんか?

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

性嫌悪症とは

こんにちは。松尾 聡子です。

FSD(女性性機能障害)の大きな原因の一つに「性嫌悪症」があります。

性的な事柄や、セックスに対して嫌悪感を抱くことです。

嫌悪感を抱く事柄や程度は人それぞれ。

テレビや映画などで性的なシーンを見るのがイヤだったり。

異性から性的な視線を向けられるだけで不快感を感じたりする人もいます。

性嫌悪症というだけでは、別に何の問題もないのです。

誰だって、何かが嫌いだったり、苦手だったりします。

ただ、それによって人との関わりが難しくなると困るんですね。

特に性嫌悪症の場合は、恋人や夫婦間の間でトラブルになります。

セックスを断ることで、拒否された相手は傷ついてしまいます。

逆に断らずにセックスする場合は、その間中、激しい苦痛を感じることになります。

どちらにしても、パートナーとの人間関係を壊してしまう状況につながってしまうのです。

どうして性嫌悪症になってしまうんでしょうね。

原因については、また明日お話しますね。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

実は「よかった」ということもあります^^

こんにちは。松尾 聡子です。

連休最終日ですね。いかがお過ごしでしょうか。

私は親戚が遊びに来たので、昨日は一緒にスカイツリーに行ってきました。

スカイツリー

でも、さすが三連休のど真ん中。

ものすごい人で、お昼過ぎについたら、すでに当日券は18時以降の分しかありませんでした。

せっかく地方から出てきたのに、スカイツリーに上がることができなくて残念。

早くから前売り券を買っておけばよかったなあと反省しました(>_<)

が、実は姪っ子ちゃんは展望台に上がるより、ソラマチのお買いものを楽しみにしていたそうで。

展望台に上がる時間の分までお買い物できて楽しかったそうです。

よかったよかった!

「いやだなあ」とか「がっかり」と思う出来事も、別の視点から見ると「よかった!」ことだったりします。

私も日々の暮らしの中で、そんな「よかった!」を探していきたいなと思っています^^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

旦那にやさしくなれないんです

こんにちは。松尾 聡子です。

旦那さまに対して、こんな風に感じたことはないですか?

夫は、私がセックスを断ると傷ついた顔をします。

それを見ている私もつらくて、せめて普段はやさしくしたいと思うんです。

でも、顔を見るとどうしてもやさしくできなくて、冷たい態度を取ってしまいます。

これ以上、夫を傷つけたくないのに。

自分が、すごくイヤな女になっていくみたいです。

やさしくしたいという気持ちがあるのに、やさしくできない。

2つの気持ちが葛藤しているんですね。

意識では「やさしくしたい」と思っている。

でも、無意識で「やさしくしちゃダメ」と思っているのかもしれません。

「やさしくしてはいけない」と思っていることにも、きっと大切な理由があります。

その理由は、人それぞれです。

たとえば「やさしくしたら、セックスを求められるかもしれない」という恐れだったり。

何か旦那さまに対する怒りがあって、それがやさしく接することを邪魔していたり。

でも、その気持ちもあなたの中の大切な一部なんです。

その気持ちをあなたが受けとめることで、無意識が納得してくれるかもしれません。

「やさしくしないこと」で、あなたの中のどんな気持ちが見たされるのでしょうか。

ちょっと考えてみてくださいね^^

メルマガでは、無意識とコミュニケーションを取るカウンセリングの事例もお伝えします。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

「柿手紙」いかがですか?

こんにちは。松尾 聡子です。

昨日はお友だちのカウンセラーさんとランチしてきました^^

お土産にいただいた柿で、さっそくマネっこ♪

柿手紙

柿にメッセージを書いた「柿手紙」です。

普通にお手紙を書くより、ちょっとビックリ&楽しくなりますね。

思わず笑顔が生まれる柿手紙。

今日、私も家族が帰ってくるときに、リビングのテーブルに置いておこうと思います。

教えてくれたのは、拒食症のお子さんをお持ちのお母様へのカウンセリングをしている、仲村ゆりかさん。

いつも周りの人を笑顔にしてくれる明るさとやさしさの中に、つらいことを乗り越えてきた強さを持ったカウンセラーさんです。

今、お子さんの拒食症で悩んでいる方にとって、ゆりかさんは未来の姿を見せてくれる心強い存在になるのではないでしょうか。

「柿手紙」を教えてくれたゆりかさんのブログはこちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

自分のタイミングで答えがぽっと出てくるんです

こんにちは。松尾 聡子です。

お客さまから感想をいただいたので、ご紹介しますね。

松尾さんのワークは、自然なんですよね。

グイグイ引き出されるというより、気がつくと出てきたという感じです。

そして、いつも私に合わせて進めてくれるから安心できるんだと思います。

「急いで答えを出さなくてもいいよ-」と。

だから、自分のタイミングで答えがぽっと出てくるんです。

それが的を得ているから、自分でも納得できるんですね。

最後はバラバラに気づいたものを統合してもらってました。

ありがとうございます^^

カウンセリングでは、お話を聞くだけでなくワークを行うこともあります。

解決策を提案するというより「クライエント様の心の中にある答えを一緒に見つけていく」という方法です。

だから、押し付けられるという感じがなく、自分で納得できるのかもしれませんね^^

どんなワークをしたのか、そんなお話もメルマガでお伝えしています。

ご登録はこちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子