不潔な夫に嫌悪感を持ってしまう・・・

こんにちは。松尾 聡子です。

「不潔な夫に嫌悪感を持ってしまう」

というお悩みをよくいただきます。

結婚生活も長くなってくると、恋人時代みたいにキレイな部分だけ見せるわけではなくなります。

旦那さまも気が抜けてくるでしょうし(それは妻もかもしれませんが^^;)

「夫=不潔」と脳にインプットされると、夫のすべてが不潔に思えてしまいます。

そうすると「こんな不潔な人と肌を合わせるなんて、ゾッとする」という感情につながります。

でも、ここでちょっと考えてみてくださいね。

旦那さまのすべてが「不潔」なんでしょうか?

「不潔」な部分と「清潔」な部分と、きっと両方を持っているはずです。

では、その「不潔」な部分は、具体的にどんなところですか?

たとえば、口臭が強いとか。

汗臭いとか。

いつもカラスの行水できれいに身体を洗えてないとか。

なかなか爪を切らないので、爪に垢がたまっているとか。

具体的に問題の部分がはっきりしてくると、それに対する対策も立てられます^^

口臭が強ければ、歯を磨くようにオススメするとか。

歯垢がたまっているようだったら、一緒に歯医者さんに行って夫婦で歯垢を取ってもらうのもいいですね。

汗臭ければ、下着をエアリズムに変えてみるとか。

今は洗剤や柔軟剤もいい香りがするものが増えているので、そういうのを使ってみるのもいいですね。

「夫=不潔」と思ってしまうと、あとは嫌いになるばかりです。

旦那さまと不潔な部分を切り離して、それに対して対策を練ると、いろんな方法が出てきます。

お試しくださいね。

カウンセリングで一緒に対策を練ることもできますよ。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

夏休みは夫が家にいる時間が増えるのが憂鬱・・・というあなたへ

こんにちは。松尾 聡子です。

もう8月、来週はお盆休みですね。

夏休みは夫が家にいる時間が増えるのが憂鬱・・・という方も多いのではないでしょうか?

お休みだと「忙しいから」と断りづらいなあ。

せっかくの休みだから、この時こそ!と期待しているんだろうなあ。

そんなふうに、今から気が重くなっているかもしれません。

そんなとき、自分の状況にちょっと注目してみましょう。

夏休みのことが心配で憂鬱なとき、どんな状態になってますか?

もしかしたら、胃のあたりがモヤモヤしているかもしれません。

胸のあたりがキューッとしてるかもしれません。

肩に力が入っていませんか?。

眉間にシワが寄って、険しい表情になっているかもしれませんね。

そして、呼吸はどうでしょうか。

浅く、苦しくなっていませんか?

憂鬱で心配なとき、身体に力が入って、呼吸が浅く苦しくなっていることが多いです。

そんなときは、まず、呼吸を楽にします。

深呼吸でもいいですね。

前にお伝えした呼吸法もオススメです。

しばらく繰り返していると、身体に変化が現れます。

身体が楽になると、胃のあたりのモヤモヤや、胸のキューッとした感じがほぐれます。

そうなると、憂鬱や心配をし続けることが難しくなるんです。

自分がいい状態になったときに、改めて夏休みのことを考えてみましょう。

そうすると、今までとは違う気持ち、アイディア、解決策が浮かぶことが多いです。

それでも、なかなかいいアイディアが浮かばない・・・という方はこちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

「主人からは、精神的苦痛が大きいと離婚の話が出ています・・・」

こんにちは。松尾 聡子です。

ご相談をシェアしますね。

出産して3年、私が拒んでいます。

最初は育児の大変さをから理解してくれていた主人ですが、次第にイライラや暴言が増していきました。

私も主人への恐怖心や性行為への嫌悪感が強くなり、悪循環です。

なんだか、自分が道具扱いされているような気持ちになるんです。

そのことを考えると吐き気がして、涙が止まらなくなります。

「イライラするのも暴言もセックスレスが原因だ」

「夫婦なんかケンカしていてもそれがあれば仲直りできるはず」と言われます。

男性の意見だと私は納得できません。

でも、主人からは、精神的苦痛が大きいと離婚の話が出ています。

もう、私たちがもとに戻れる方法はないのでしょうか。

あなたも旦那さまも、2人とも悩んで苦しんでいる状況がわかります。

セックスすれば、すべて問題が解決できると考えている旦那さま。

一方、妻はセックスに嫌悪感を感じてしまい、旦那さまへも恐怖を感じている。

お互いの気持ちや価値観が別の方向を向いているんですね。

でも、お互いが望む、最終的な夫婦のゴールはどうでしょうか。

1人になって別々の人生を歩みたいということかもしれません。

でも、最終的な夫婦のゴールが「また夫婦で仲良く暮らしていきたい」ということであれば。

そのゴールを目指して、今を変えていくことはできます。

セックスをする、しないということをゴールにすると、夫婦のゴールが違うことになります。

その場合は、そこで堂々巡りやお互いを責めることばかりで終わってしまいます。

その先のゴールを見てみませんか?

そこに到達するために、今、できることを考えてみましょう。

旦那さまへの恐怖心の奥にあるものを解決すること。

セックスへの嫌悪感を消していくこと。

夫婦の間に思いやりを取り戻すこと。

できることは、まだまだたくさんあります。

一緒に、取り組んでみませんか?

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

なぜか、おなかをぐるぐるなでていました^^;

こんにちは。松尾 聡子です。

先日、家中に掃除機をかけた後、「終わった~」とホッとしてしていたときのことです。

なぜか、子どもが私のことを見て笑っています。

「なんで立ったままおなかをなでてるの?」と言うんです。

気が付くと、片手に掃除機のノズルを持ったまま、もう片方の手でお腹をぐるぐるなでていました。

特におなかが痛かったわけでもないし、おなかが空いていたわけでもなかったんですけどね^^;

まったく、無意識の行動です。

でも、だからこそ、大事な意味を持っていることがあります。

頭では「掃除が終わったら、洗濯をして、それからご飯つくって・・・」と次にやることを一生懸命考えてました。

でも、掃除が終わった一瞬、気が抜けたときに、おなかのマインドが何か伝えてたのかもしれませんね。

「暑くて疲れたよー」

「ちょっと一休みしたいなあ」

「夏バテ気味で、胃腸が弱ってるよー。温めてほしいなあ」

そんなおなかのマインドの声を聞いた、私の無意識さんが

「はいはい。がんばったね。よしよし」と、私のおなかをなでなでしていたのかもしれません^^

おなかのマインドは、身体や無意識とつながりやすい部分です。

頭で考えすぎて堂々巡りになったとき。

悩んで、疲れて、どうしようもなくなったとき。

おなかをなでなでしながら、おなかのマインドがどんなふうに感じているのか、確かめてみませんか?

おなかのマインドともっとコミュニケーションを取りたいな、という方はこちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

「オマエはオレの言うとおりにしていればいいんだ!」と言われたとき

こんにちは。松尾 聡子です。

「オマエはオレの言うとおりにしていればいいんだ!」

こういうことを言う男性、周りにいらっしゃいませんか?

こんなの、まるでモラハラじゃない!

昭和時代の話じゃなくて?

こんなの、お年寄りの話でしょ?

と、思われた方もいらっしゃると思います。

でも、モラハラが問題になっている平成の時代でも、20代や30代の若い方でも「妻は夫に従うべき」と考えている男性はいるんです。

黒いものも、自分が白と言えばオマエも白と言え、と言ったり。

妻の意見はまったく聞いてくれなかったり。

強い口調で責められたり、批難されたりする毎日。

一緒に暮らしていて、つらいですよね。

そんなとき、そのつらい言葉はちょっと横に置いて大丈夫です。

不愉快な言葉は、音を小さくしてしまいましょう。

そして、旦那さまの言葉の奥にある気持ちに注目してみます。

「何が、この人にこんな言葉を言わせているのかな」

さて、何が見つかりましたか?

旦那さまの気持ちが本当に言いたい言葉は、どんな言葉でしょうか?

それに気づくことが、モラハラ夫との関係が変わる最初の一歩になります。

「言葉の奥の気持ちが見つからない」という方は、こちらでお手伝いします^^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

ちょっぴりお得に、しっかり解決する3回セットのご紹介です

こんにちは。松尾 聡子です。

対面・スカイプカウンセリングで、ちょっぴりお得な3回セットのプランを作りました^^

カウンセリングでは、1回で満足していただける方もいますが、できれば、最低でも2回か3回は受けていただきたいなと思っています。

理由は2つあります。

まず、カウンセリングの後の経過を確認して、フォローさせていただくため。

もう1つは、お悩みの原因は1つとは限らないため。

本当に解決するためには、多方面から問題にアプローチする必要があるんです。

1回のセッションで1つの問題が解決することにより、他の問題も芋づる式に勝手に解決しちゃうこともあります。

でも、問題の性質に合わせて、きちんと対応することが必要なときもあるんですね。

たとえば、旦那さまとのコミュニケーションの問題が改善しても、性的なトラウマや嫌悪感の解決には、別のアプローチが必要です。

「夫とセックスしたくない」というお悩みは、いろいろな問題が複雑に絡み合っていることが多いんです。

だから、きちんと解決するためにも、できれば1回ではなく、最低でも3回は受けていただきたい!

そこで、90分セッションの3回セットをつくりました。

90分15,000円×3回で45,000円→40,000円です^^

ちょっぴりお得に、そして、しっかり解決しませんか?

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

ゴロゴロしてる夫に、気持ちよくお手伝いをしてもらう方法

こんにちは。松尾 聡子です。

いつもゴロゴロしてテレビばかり見ている夫。

私が仕事から帰って、バタバタして食事の支度をしながら子どもの世話もしているのに、何にもしてくれない。

ヒマなら洗濯物をたたむとか、お風呂の掃除をするとか、子どもと遊んでくれるとかしてくれてもいいのに。

でも、言うと不機嫌になるし、言ってもやってくれないし。

それで夜になるとセックスさせないって文句言われても、する気になんてなれるわけない!

と、思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近は、世の中的にもイクメン、主夫、料理男子などなど、男性が家事をすることに抵抗がなくなってきました。

でも、まだまだ家事や育児は女性の仕事、という考え方は根強く残っているようです。

そういう自分の頭の中にある常識や価値観は、人によってそれぞれ違います。

それを変えようとするのは難しいんですね。

相手を変えようと思うのではなく、とりあえず目の前のやってもらいたいことをお願いする。

そこから始めてみましょう。

その時、「忙しいんだから手伝ってよ」という漠然としたお願いではなく、

「洗濯物のタオルだけでもたたんでくれると、助かるなあ」というように、具体的にお願いする方がいいです。

また、一度にいくつもの指示を出すのではなく、一度の指示の内容は一つにする方が相手の負担感が減ります^ ^

さて、相手の価値観を変えることなく、スムーズに家事のお手伝いをしてもらえる方法がもう一つあります。

これは、夫だけでなく、子どもにお手伝いしてもらいたいとき、会社の人たちにも使える方法です。

詳しくは今週金曜日のメルマガでお伝えしますね。

なになに?知りたい!という方は、ご登録してお待ちください^ ^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

退屈なウンチク夫に効くのは●●です^^

こんにちは。松尾 聡子です。

ウンチクを語るのが大好きな男性、多いですよね。

最近は、お掃除の裏ワザ、科学、タイヤ、電気製品などなどのウンチクを語る男性タレントさんもテレビでよく見かけます。

聞いていて、「なるほど~」「おもしろいなあ」と思うこともありますが、延々続くとちょっと・・・^^;

それが、自分の夫となると、さらにちょっと・・・(>_<)

ラブラブなときは「こんなことを一生懸命に語るこの人がかわいい」と思えるかもしれません。

でも、いつもいつも自分の興味のない話を延々と聞かされるのは苦痛ですよね。

「つまんないなあ」「まだ話すのか・・・」と冷めた目で見てしまいがちです。

と言っても、あからさまにつまらなそうな態度をするのもかわいそうです。

あなたがつまらない話を聞かせられている不満を抱くと同時に、

旦那さまも、自分の話をちゃんと聞いてくれないという不満を抱いてしまいます。

そこで、おススメなのが「要約」です。

ウンチク話というのは、とりとめがなくて長いです。

それを、まとめて、短い言葉で言い換えてあげます。

たとえば、車のエンジンやタイヤについて延々と語られた場合

「つまり、エンジン音を聞くことで、車やタイヤの状態までわかるんだね」

という感じです。

要約してもらうことで、話し手は「自分の話をちゃんと聞いてもらってる」と感じ、満足度が高まります。

聞き手も、興味のない話を漠然と聞くより、要約しようと思うと頭の体操になります。

要約を何回か続けると、話し手もいつもより早く満足して話を切り上げてくれることが多いです。

また、満足していれば、途中で「あ、そういえば・・・」と違う話に切り替えても不愉快に思わないはずです。

お試しくださいね^^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

相手の一言に「カチン!」ときたとき

こんにちは。松尾 聡子です。

毎日暑いですね^^;

こんな暑い夏に、ちょっと思い出したことがありました。

息子が、夏休みの部活で「お弁当はいらない」と言い出したときのことです。

お弁当作りから解放されるのは大歓迎なのですが、引っかかったのが、息子の一言。

「お弁当、いらない。食べたくない」

がーん・・・

「食べたくない」って、どういうこと?

おいしくないってこと?

そこで「食べたくない理由は何?」と聞いてみました。

すると「暑くて食欲がないので、全部食べられない」

「みんな、夏休みの部活ではコンビニでおにぎりとか買って食べてるから、自分もそうしたい」

ということでした。

私の頭の中では

食べたくない = おいしくない

でしたが、息子の頭の中では

食べたくない = 暑くて食欲がない

それに「友だちと一緒にコンビニで買い物したい」という意図があったんですね。

理由がわかれば、納得です。

こんなことって、夫婦でもよくありますよね。

なんだかカチン!と来る言い方をする夫に、頭にきたり、傷ついたり。

でも、もしかしたら自分の頭の中で考えていることと、旦那さまの頭の中は全然違うかもしれません。

そんなときは、「その理由は何?」と率直に聞いてみましょう。

案外、「なーんだ、そういうことか」ということがあるものです。

旦那さまとのコミュニケーションのヒントは、メルマガでもお伝えしてします。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

自分でカウンセリングできるようになると、ラクチンです^^

こんにちは。松尾 聡子です。

私のカウンセリングでは、ニューコードNLPを使ったワークを行っています。

お話を聞いた上で、その時のその方に最適なワークを行うので、早く確実に効果を感じていただけます。

こうしたワークは、私もイライラしたり、もや~っとしたり、どうしていいかわからなくなったとき、自分でもやっているんです^^

新しい選択肢が自分で見つかり、無駄にだらだら悩むことも減るのでラクチンです。

カウンセリングを受けていただいたクライアントさまから

「自分の気持ちも夫の気持ちも、自然に受け止められるようになった」

「自分で自分を認められるようになった」

「人と会話するのが怖くなくなった」

と、いろんな効果を実感していただいていています。

自分でもできるようになると、セルフカウンセリングもできるようになるのでオススメです。

そんなニューコードNLPを学べる講座の入学説明会が開催されます。

【東京】

8月7日(金)14:00~16:00

8月19日(水)14:00~16:00

8月21日(金)18:30~20:30

【大阪】

7月31日(金)18:30~20:30

9月4日(金)18:30~20:30

説明会は無料です。

興味のある方は、ぜひのぞいてみてくださいね。

もし、説明会の後で学んでみようかなあと思われた方は、私を通していただくと受講料がちょっと割引になります。

ご興味のある方はこちらのお問合せフォームをご利用ください^^

折り返し、詳しいご案内をお送りしますね。

お待ちしております。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子