過去のつらい経験や感情を癒す方法

こんにちは。松尾 聡子です。

昨日は「忘れていた大切な思い」を催眠で取り戻すお話をしました。

催眠療法では、「過去のつらい経験や感情を癒す」ということもできます。

たとえば、性的なトラウマが原因でセックスに対する嫌悪感を持っている場合です。

思い出したくないつらい経験や感情は、日常生活の中ではほとんど意識にのぼらないかもしれません。

常につらいことを思い出していると、とても精神が持たないからです。

だから、ふだんは無意識の中にしまわれています。

ただ、傷ついたままになっていると、傷ついた時の自分が

「まだ、つらいよ」

「ほんとは悲しいんだよ」

「そのことに気づいて」

と声をかけてくるときがあるんですね。

傷ついた時の自分を、しっかりと受け止めて癒してあげること。

それが、現在のあなたを苦しめている心のブレーキを外すことにつながります。

でも、その思いが無意識の奥に隠れていると、癒してあげたくてもコミュニケーションが取れないんですね。

そういうときに催眠を使うことで、無意識の奥に大切にしまわれている思いを癒してあげることができるのです。

だからといって、つらい経験や記憶を再体験することはありません。

無意識はとても賢いので「今はまだ思い出すのは無理」と思った出来事には、ちゃんとフタをしてくれています。

つらすぎる思い出には、無理に向き合わなくても大丈夫です。

一歩一歩、癒しのステップを重ねることで、いつの間にか大きなトラウマが癒されていることもあります。

催眠療法については、来週火曜日のメルマガで詳しくお伝えしますね。

登録してお待ちください^^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

催眠

自己催眠ってセックスレスに効くの?

こんにちは。松尾 聡子です。

先日、こんなご質問を受けました。

「セックスしたくなるように自己催眠をやってみたけど、全然ダメでした。催眠って効くんですか?」

テレビでよく見る催眠術ショーでは、催眠術によって虫を食べられるようになったり、高所恐怖症の人が高いところが平気になったりしますよね^^

でも、「催眠術ショー」と、「催眠療法」はちょっと違うんです。

催眠療法は、嫌いなことを好きにしたり、苦手なことをできるようにすることではないんですね。

だから、セックスしたくないのに「セックスしたくなあれ!」と催眠で自分に言い聞かせる方法だと、難しいかもしれません^^;

できないことをできるように「言い聞かせる」のではないんです。

催眠療法では、もともとできるのに、忘れてしまっていた自分の可能性を取り戻します。

取り戻すのは、単にセックスしたくなるようなセクシャリティな気持ちの高ぶりだけではありません。

夫婦の間の愛情や信頼、愛おしさ、ぬくもり。

もともと持っていたのに、最近すっかり忘れてしまっていたこと。

意識では忘れていても、無意識は全部覚えています。

そこにアクセスすることで、嫌悪や拒否の気持ちで疲れてしまったあなたの心が、ほわっと癒されるのを感じるかもしれません。

そうすると、現在の旦那さまへの気持ちが変わってきます。

それにより、セックスに対する気持ちにも変化が起きるかもしれません。

こうした催眠療法はカウンセリングでも行っています。

その時に、家で一人でできる自己催眠の方法もお伝えしています^^

興味のある方は、カウンセリングのときにおっしゃってくださいね。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

催眠

「病気になれば、心はラクになるのかな」と思っていました

こんにちは。松尾 聡子です。

今日は朝イチでがん検診に行ってきました。

バリウムを飲んだので、今日は頑張ってお水をがぶがぶ飲み続ける予定です^^

そういえば、数年前まではがん検診のお知らせが来てもスルーしていたなあ、と思い出しました。

もちろん、がんになるのは怖かったし、イヤだと思ってました。

でも

「がんみたいな大きな病気になったら、さすがにセックスを求めてこなくなるかな」

「そうしたら、今の悩みや苦しみがなくなるのかな」

「身体は痛くて苦しいかもしれないし、死んじゃうかもしれないけれど、それでラクになれるなら悪くないのかも」

なんて、そんなことをぼんやりと考えていました。

でも、今は、そんなことは考えなくなりました。

夫や子どもたちと、これからもたくさん楽しく暮らしていきたいと思っています。

そして、数年前の私のように、一人で悩んでいる人の力になりたいと思っています。

一人でも多くの方の力になれるように、元気で長生きしたい!とも思っています^^

だから、健康にも気を付けるようになったし、バリウムはイヤだけれど、がん検診もちゃんと受けるようになりました。

あの頃の私に、「つらかったね」「よくがんばったね」と言ってあげたいなと思います。

そして、あの頃の私に、今の私が相談にのってあげられたらよかったなと思っています。

だからこそ、今、あの頃の私のように悩んでいる方の力になりたい。

そんな気持ちがたくさんつまった、カウンセリングメニューはこちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

ベイマックスは私たちの中にいます

こんにちは。松尾 聡子です。

昨日は「ベイマックス」を観てきました。

CMや主題歌のイメージで、ほんわか~とした映画なのかなと思っていましたが、迫力ある戦闘シーンも満載で^^;

映画館の大画面で見るのにピッタリの映画だったと思います。

さて、この「ベイマックス」は、主人公のお兄さんが作ったロボットなんですね。

ケアロボットとして、その人の心と身体を守ってくれます。

心から満足するまで。

そして、何があってもその人の味方。

本当に望んでいることを、実現するために一生懸命になってくれる。

これって、まさに私たちにとっての「無意識」と同じなんです。

私たちはみんな、私たちの中にベイマックスを持っています。

無意識って、どんなふうに私たちを守ってくれてるの?

今夜21時のメルマガで、そんな疑問にお答えしますね。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

冷え性対策に「生姜入り炭酸水」いかがですか?

こんにちは。松尾 聡子です。

まだまだ寒い日が続きますね。

私も相変わらず暇さえあればふくらはぎをモミモミして冷え性対策を頑張ってます^^

もう一つ、冷え性対策で続けているのが「生姜入り炭酸水」を飲むこと。

最初は朝に炭酸水を飲むとダイエットにいいというのを聞いて始めたんですが^^;

これに生姜を入れると冷え性にも効果的だというので、生姜をプラスしたのです。

私はレモン味の炭酸水(もちろんカロリーゼロ♪)に、チューブのおろし生姜を小さじ半分くらい入れて、まぜまぜしています。

朝、これを飲むと炭酸とレモンで気分がスッキリ。

そして、身体の中からじわーっと温かくなるのを感じます。

身体の外から温めるより、内側から温かくなる方が心もリラックスできる気がします。

さらに嬉しいことに、私の場合は炭酸水だけ飲むよりも生姜を入れた方が、お通じも良くなりました。

冷えの解消は婦人科系のトラブルを軽減してくれます。

手軽にできる生姜入り炭酸水、おススメですよ^^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

「やる気スイッチ」の入れ方、あります^^

こんにちは。松尾 聡子です。

やりたいこと、したいことがあるのに、何かが止めている。

そんなこと、多いですよね。

たとえば

「そろそろアイロンがけしなくちゃなあ。」

「でも、どうにもやる気がおきない。」

「アイロンがけのやる気スイッチはどこ?」

なんて、うだうだしちゃうことってないですか?

意識では「アイロンがけしなくてはいけない」と思っている。

でも、無意識がそれを止めているんですね。

人が考えたり、感じたりしていることを自分で認識している意識と、それ以外の無意識の比率は「1:9」と言われています。

人として、大人として、妻として、母として、社会人として、やらねば!と思っているのに、できない。

無意識って、意識の力を軽々と抑え込んでしまうくらいパワフルなんですよ。

でも、だからこそ、無意識の力を味方にできると百人力です。

といっても、無意識を意識に従わせるというわけではありません。

無意識を書き換えるわけでもありません。

どうしてもアイロンがけをしたくない無意識の意図を聞いて、無意識と意識が仲良く協力できるようにします。

無意識は「疲れちゃって休みたい」のかもしれません。

それなら、ちょっと休憩して1時間後はどう?と聞いてみます。

それとも、「最近、右肩の調子が悪くてアイロンをかけると腕がだるくなるのがイヤ」なのかもしれません。

それなら、軽いアイロンに買い替えるとか、ゆっくり左手でやってみるとか、ノリ入りの洗剤を使ってみるとか、無意識が納得できる方法を一緒に考えてみます。

無意識が自分で「いいね!やってみよう」と思える方法なので、意識も必要以上に頑張らなくていいので、とてもラクチンです。

「夫とセックスしたくない」「やさしくしたいのにできない」

そんな気持ちも、無意識と一緒に解決できるといいですね。

メルマガでも、ときどきこんな無意識のお話をしています。

よかったらご登録くださいね。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

夫との時間が増える連休の憂鬱を解消してくれるのは〇〇です

こんにちは。松尾 聡子です。

お正月休みが終わったと思ったら、また今週末は三連休という方も多いのではないでしょうか。

旦那さまと一緒に過ごす時間が増えて、お休みはちょっと憂鬱・・・という方もいらっしゃるかもしれませんね。

こういうときに、ストレスを軽くしてくれるのが「涙」です。

「5分間泣くと、一晩寝るより脳のストレス解消に効果がある」と言われています。

涙を流すことで、リラックスを促す副交感神経が働いてくれるんですね。

最近では、ストレス解消やリラックスを求めて、泣ける映画やお話を聞く「涙活イベント」もあちこちで開催されているそうです。

「ストレスがたまって、つらい・・・」

そんなときに、自分にとって「これは泣ける」という泣きポイントが入った映画を見たり、本を読んで泣くと、ストレス解消になります。

また、ネットで検索すると「泣ける動画」や「泣けるCM」など、数分で泣ける動画もたくさんありますよね。

旦那さまが帰宅する前に、そういう動画などをさくっと見て泣いちゃうのもおススメです。

「また今夜もケンカになっちゃうかな」「求められたらイヤだなあ」

そんな不安や緊張で活発になった交感神経を、涙がしずめてくれます。

ストレスから解放されてリラックスできると、旦那さまとの時間もラクに過ごせるかもしれません。

ちなみに、玉ねぎを切ったときに出る涙や、目にゴミが入って出る涙では効果がないそうです^^;

あくまでも、感動したり悲しくなったりしたときの「情動の涙」の場合です。

よかったら、お試しくださいね^^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

セックスレスのイライラを子どもにぶつける夫に悩んでいます

こんにちは。松尾 聡子です。

ご相談をシェアしますね。

結婚15年目の主婦で、子どもは2人います。

結婚当初は「好きで好きでたまらないから一緒になりたい!」という気持ちでセックスしていました。

でも、だんだんセックスに嫌悪感を感じるようになってしまって。

キスやハグもセックスに通じてしまうのではという怖さから避けるようになりました。

夫は「じゃあ、マッサージさせて」と、マッサージをしてくれるようになったのですが、途中で怪しいマッサージに変わって求めてくるように・・・

マッサージしてもらった負い目も加わり、断りづらくなったのでマッサージも拒否しています。

そのせいか、最近はイライラして、子どもにも感情をぶつけるようになってしまいました。

私のせいで子どもにもつらい思いをさせていると思うと、罪悪感でいっぱいです。

お母さんにとって、お子さんにいやな思いをさせているということは、何よりもつらいと思います。

結婚した頃はセックスに対する嫌悪感は感じていなかったということですから、その後の結婚生活で何か原因となることがあったのかもしれません。

それは、カウンセリングでじっくり解きほぐしていきましょう。

まずは、お子さんのためにも、今の状況をできるだけ早く改善したいですね。

旦那さまも、本当は大事なお子さんに当たりたくはないのかもしれません。

そうせざるを得ないほど、旦那さまも苦しんでいるのかもしれませんね。

旦那さまの視点から今の状況を見てみると、どんなふうに見えるでしょうか。

セックスできないなら、せめてマッサージでスキンシップを取りたかった。

でも、それも拒否されてしまった。

もし、妻がお子さんにはやさしかったら、自分だけ拒否されているように思えてしまったかもしれません。

旦那さまのことも家族として大事にしているという気持ちを、何かの形で伝えられると、旦那さまも安心して変わってくるかもしれませんね。

あくまでも一つの例ですが、たとえば「マッサージをしてもらう」のではなく、「マッサージをしてあげる」というのはいかがでしょうか?

夫婦だけだと、また怪しい雰囲気になると困るので、お子さんと一緒に「みんなでお父さんをマッサージしてあげる」のもいいですね^^

妻の手のぬくもり、そして何よりお子さんの手のぬくもりは、言葉以上のものを旦那さまに伝えてくれるような気がします。

小さな変化を生活の中で起こしながら、心の変化はカウンセリングで一緒に解決していきましょう。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

「夫にやさしくしたいけれど、できない」そんな時の解決法は?

こんにちは。松尾 聡子です。

やりたいけれど、何かがブレーキになってできない。

そんなこと、ありませんか?

たとえば「夫にやさしくしたいけれど、そうするとセックスを求められそうでできない」とか。

「やさしくしたい」と「セックスはしたくない」という2つの気持ちが葛藤しているんですね。

この2つの気持ちは、どちらもあなたにとって大切な気持ちです。

片方を無理やり納得させて、従わせることもできるかもしれません。

でも、それではいつか無理が出て、疲れてしまいます。

どちらの気持ちもくみ取って、両方が納得できるといいですね。

「そんなうまい話なんてあるわけない・・・」

と、思われるかもしれませんが、実はあるんですよ^^

昨日はニューコードNLPを学んだ日本NLP学院の講座のお手伝いに行ってきました。

休憩時間に「仕事と家庭の両立で悩んでいる」というご相談をいただいたんです。

仕事もがんばりたいし、家族との時間も大事にしたい。

どちらも大切にしたい、だからこそのお悩みなんですね。

そこで、2つの気持ちに寄り添い、統合するワークをさせていただきました。

ワークの中で、今まで気づかなかった自分の気持ちや家族の気持ちに、自然に気が付いたそうです。

最後に2つの気持ちを統合したときには、ご自分の中からどんどん新しい解決策が湧き上がってくるのを聞かせていただきました。

私は、アドバイスも指示もしていません。

自分の中の2つの気持ち、その両方が一緒に協力して導き出した解決策だから、無理なく納得できるし、実行できるのだと思います。

2つの気持ちが統合されたとき、どんな新しい解決策を見せてくれるでしょうか。

あなたの心が持っている解決策を引き出すカウンセリングはこちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

小学生のときに見た両親の姿がよみがえってしまいます

こんにちは。松尾 聡子です。

こんなご相談を見つけたので、シェアしますね。

性的なトラウマでセックスに嫌悪感を抱いてしまった場合です。

30代の主婦です。

夫とは仲良しだし愛していますが、セックスに嫌悪感を感じるんです。

たぶん、小学生の頃に両親のスキンシップを目撃してしまったからだと思います。

夫と身体を触れ合おうとすると、その時の両親の姿がよみがえってしまいます。

夫は理解してくれて、普段は触れないでいてくれるのですが、旅先や酔ったときに寄ってくるんです。

夫には申し訳ないのですが、本当に気分が悪くなってしまいます。

どうしたらいいでしょうか。

妻の状態を理解して、我慢してくれるやさしい旦那さまなんですね。

だからこそ、応えたいと思っているのに、どうしても気持ちが悪くなってしまう。

どうにもならない嫌悪感に苦しんでいらっしゃるのが伝わってきます。

子どもの頃に見た光景がフラッシュバックして、今のあなたを苦しめている。

その時に抱いた感情が、まだそのまま心の奥に残ってしまっているんですね。

子どもの頃に受けたショック、とまどい、悲しみ、嫌悪感・・・

それが強ければ強いほど、それは今まであなたを守ってくれていたものなのです。

あなたがもう二度と同じ思いをしないように。

でも、大人になり、やさしい旦那さまに恵まれたあなたには、もう必要のない感情です。

「今までありがとう」と、それらを手放してあげましょう。

カウンセリングでは、トラウマを手放すワークを行っています。

それは、つらい感情を再体験することではありません。

安心して、お任せください。

「トラウマを克服したい」その勇気を大切にしたカウンセリングはこちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子