夫とのあの苦しい日々があったからこそ

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日は、久しぶりにセルフアップ・カウンセラー講座の体験説明会に 

継続プログラムの事前相談、東京での対面カウンセリングとバラエティに富んだ充実した1日でした。

プラトニック・パートナーシッププログラム

事前相談のお申し込みは、本日24時締め切りです。

事前相談はZOOMで行いますが、東京での対面をご希望の方は

・26日(月)午前 (1名)

・27日(火)午後 (1名)

が大丈夫です。

「そもそも夫と話すのが怖くてできない」

「離婚も考えているんですけど・・・」

「宿題はどんなものが出ますか?」

などなど、どんな疑問や質問でも大歓迎です。

この機会に、ぜひあなたの声を聞かせてください。

お申し込みはこちらです。

最近、自分が悩んでいた時のことをよく思い出します。

「あんなこともあったなあ、辛かったなあ、よく頑張ったなあ、私!」

今は、そんな気持ちです。

解決策をネットで探しても手をつなぐことやマッサージから始めてみましょうとか、

たまには子どもを預けて夫婦でデートしたり

ホテルに行くなど、恋人気分を演出しようとか

あなたの中の女性性を目覚めさせるためにセクシーな下着を身につけるといいとか。

なんだか違うと思うんだけど、だからと言ってどうしたらいいのかもわからなくて。

「旦那とのセックスなんてめんどくさいよね!」と言っている友だちに

この人なら話してもいいかな、と相談してみたら

困ったように、やんわりと違う話題に変えられてしまって

友だちを困らせてしまったことと自分の心の深刻な部分をうっかり話してしまったことに

「ああ、言わなければよかった」と後悔でいっぱいになってしまったこともありました。

そして、今、思うことは

自分に起こることにはすべて意味があることだ、ということ。

どんなに辛いことも悲しくて苦しいことも

それがあったからこそ、

そして、私の悩みを誰も解決してくれなかったからこそ

私は自分の悩みを自分で解決するために心の勉強を始めて

その結果、カウンセラーになろうと思えたし

あの頃の私のように悩んでいる方の力になれるという仕事ができるようになりました。

それも、夫とのあの苦しい日々があったからこそと今は心から思っています。

私だけでなく、クライアントさまも夫婦関係だけでなく

仕事の面で評価されたり、その結果、お給料が上がったり^^

自分と親との関係が変わったり

イライラしていた子育てが子どもを愛しいと思える子育てに変わったり

夫婦関係でご相談にいらっしゃったのに他の面でも自然と効果が広がっています。

そして、そんなクライアントさまの変化を見てそれに私も影響を受けて日々の暮らしが変わっていってます。

お互いにいい影響をやり取りできる、それも楽しいです。

こんな変化を今度はあなたと一緒に起こしていきたいと思っています。

あなたも、今の悩みや苦しみをそのままにするのではなく

「あれがあったからこそ、今の幸せがある」と思える

かけがえのない経験に変えませんか?

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

性欲を高める健康食品やお薬は効く?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「プラトニック・パートナーシッププログラム」

無料の事前相談のお申し込みは

8月24日(金)で締め切ります。

ご検討中の方は、お早めに^^

事前相談の日程は9月に入ってからでも大丈夫です。

東京での対面での事前相談をご希望の方は

26日(日)は13時まで、

27日(月)は午前、午後とも大丈夫です。

お申し込みはこちらからお待ちしています^^

* * * * *

さて、最近「夫から健康食品や薬を勧められている」という話もよく聞きます。

性欲を高める効果があるという健康食品や漢方薬、お薬などがあるようです。

「セックスする気がない妻になんとか性欲を取り戻して欲しい」

という夫に対し

妻の方は「別に性欲の問題じゃないし」「性欲を取り戻したいなんて思ってないし」

と思っていることが多いです。

でも、それを飲まないと、ますます夫の機嫌が悪くなって責められるので

自分が飲むことで夫が納得するのなら、としょうがなく飲んでいるのが実情です。

これも、ぶっちゃけて言うと

効果が実証されてなくて、害があるかもしれないものを

そして、何よりも「本人が望まないもの」を心理的に追い詰めて摂取させることは

ある意味、立派なモラハラ、虐待です。

と言いつつ、私も当時は夫に連れられて漢方薬の専門店に行き

よくわからない漢方薬を処方されて、飲んでました^^;

漢方薬の先生は、私の話を聞いてかわいそうに思ってくれたのでしょう。

夫に「とりあえず、3ヶ月飲んでみて。それまでは無理強いしないようにね」

と言ってくれました。

第三者が夫に話してくれたことでちょっとホッとしましたが

それでも夫が「できない私が悪い」と思っていることには変わりがなく

いつガマンの限界が来て爆発するのか、という

誘われなくなる代わりに、今度は新たな不安が出てきました。

漢方薬に限らず、どんなお薬にも「プラシーボ効果」というものがあります。

普通のグリーンの粉を「すごく良く効く胃薬」だよ、と言われて飲むと胃の痛みが治まる、

という心理的な効果のことです。

飲む方が、これで効くんだ!と思えば効果は高まるし

逆に、効果を信じていなかったり効果が出ないことを期待していると

どんなにすばらしいお薬でも効果が出ないことがあります。

私も、こんなものでこの気持ちが解決するわけがない、という思いと

漢方薬を飲むことでセックスできるようになるのはイヤだと思っていたため

漢方薬の効き目はまったくありませんでした。

今になって、当時の自分を振り返って思うのは

そもそもの問題が性欲が戻れば解決するものではない、ということを

私が自分でもわかっていなかったこと。

そして、性欲が持てないこと、セックスしたくないという気持ちを持つことは悪いことだと夫も私も思っていたので

その罪悪感から、「そんな薬飲みたくない」と言えず

心の中で猛反発しながらも、なんとかその場をうまくやり過ごすために

自分の怒りや理不尽さを押さえ込んで飲み続けていたことが、結果的には、

「そんな薬を飲まされた」という夫への怒りの気持ち、

自分で自分を守れずにイヤなものを飲まされた自分の無力感、

そういった負の感情をどんどん積み重なっていったのだと思います。

毎日、夫に責められたりすねられたり

自分への罪悪感や、どうにもできない状況への無力感にとらわれると

とにかく、このつらい毎日をなんとかやり過ごすことができれば、と

それが人生の目的のようになってしまいます。

でも、本当の問題を棚上げして目先の問題をやり過ごすことを繰り返していると

結局は、ガマンや怒りを積み重ねることになってしまうんですね。

効かない薬を飲むことで一時的に夫は安心し、それと引き換えに自分の安全を手に入れる。

でも、その安全は永遠ではありません。

もしもできることならば、タイムマシンに乗って

あの頃の自分を助けに行ってあげたいです^^

その場しのぎの毎日からあなたの人生を取り戻しませんか?

事前相談のお申し込みは、明日24日(金)までです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

私が謝れば終わる、私が「YES」と言えば夫は機嫌を直す

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「プラトニック・パートナーシッププログラム」

無料の事前相談のお申し込みは

8月24日(金)で締め切ります。

ご検討中の方は、お早めに^^

事前相談の日程は9月に入ってからでも大丈夫です。

東京での対面での事前相談をご希望の方は

24日(金)は12時まで、

26日(日)は13時まで、

27日(月)は午前、午後とも大丈夫です。

お申し込みはこちらからお待ちしています^^

* * * * *

さて、8月に開催したお茶会の感想をいただきました。

「感想をパパっと、と思ったのに、気持ちが溢れ出てしまいました。。」と、

とてもたくさん書いていただきました。

ありがとうございます^^

一部をご紹介させていただきますね。

【今日の感想をなんでも、ご自由にお願いします】

私の話を聞いてくださったこと。

夫婦のあり方について勉強出来たこと。

他の方のお話を聞けたこと。

(お茶とケーキが美味しかったことも 笑)

とても有意義な時間が過ごせたなと思います。

周りの人や『世の中の大半の意見』として取り上げられる夫婦間の力関係は、大体が「夫<妻」ですが、

私たち夫婦はそれに当てはまらなくて、

喧嘩や話し合いになっても、私が謝れば終わる、私が「YES」と言えば夫は機嫌を直す。

周りと違うから尚更どうしたら良いのかわからない、とずっと思っていましたが、

コミュニケーションのパターンを変える方法はどんな関係であっても可能なことだし、

「もしかしたら私たちにもハマるコミュニケーション法が見つかるのかも!」

と希望が持てました。

【一番よかったなあと思ったことを教えてください】

ひとつに絞れないのですが、

・コミュニケーションのパターンを変えてみる

・1でも100でも50でもない、新しい意見を生み出してみる

・『Yes, But』を『Yes, And』にしてみる

全部試してみよう!と思いました。

まだ試せていないのですが(汗)

(Aさん)

Aさん、ありがとうございます。

Aさんはお茶会から帰宅後、「腹を割って話そう」と深夜までご主人と話し合いをされたそうです。

うまく伝えられたこともあれば、なかなか伝わらない部分もあったとメールで書いてくださいましたが

まずは、どうしていいかわからなかったコミュニケーションに対して

「腹を割って話そう!」とチャレンジする気持ちが持てたこと、

そして何よりも

「私が謝れば終わる、私が「YES」と言えば夫は機嫌を直す」

を変えようという勇気と希望を持てたこと、

これがスゴイことです。

今までとまるで違う気持ちになれたことは、Aさんにとってすでに変化が始まっているのだと思います。

ところで、コミュニケーションの成果というのは

「相手からどんな反応が返ってきたか」ということです。

思うような反応が得られなかったら

「なるほど、こういう言い方だと相手はこう出るんだな」

というデータが増えたということで、ラッキー♪なことなんですね。

「じゃあ、次はこんなふうに変えてみよう」と、別の方法を試してみることができます。

だから、「Aさんご夫婦にハマる」コミュニケーションの方法もあるんです^^

ただ、人はどうしても自分が今までやっていたコミュニケーションのパターンを繰り返してしまうので

新しいパターンを見つけたり、具体的に変えたりするのが一人では難しかったりします。

あと、パターンを変えるために必要なのが

コミュニケーションを行うときの「マインド」です。

いつも謝って解決していた場合

ついつい謝ってこの状況を終わらせたい気持ちが出てきちゃいます。

そうすると、他のパターンをやってみたくてもマインド的にできなくなるんです。

コミュニケーションで一番大事なのは、「言い方」のノウハウよりも

実はこの「マインド」を変えることじゃないかなと思っています。

コミュニケーションのマインドから変える方法はこちらです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「病院に行ってみたんですけど・・・」という方が増えています

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日から東京に戻ってきました。

明日から、東京での対面カウンセリングと事前相談です。

お会いできるみなさま、よろしくお願いいたします^^

東京で対面での事前相談をご希望の方は

24日(金)は12時まで、

26日(日)は13時まで、

27日(月)は午前、午後とも大丈夫です。

ご希望の方はこちらからお申し込みくださいね。

長崎の対面、またはZOOMでの事前相談をご希望の方は、他の日程でも大丈夫です^^

* * * * *

さて、最近、病院や心療内科などに行かれてから、カウンセリングにいらっしゃる方が増えています。

どうして、病院の後に私のところにいらっしゃったのか、参考のためにうかがっているのですが

「診察時間が短かく、じっくり話を聞いてもらえなかった」

ということが多かったようです。

でも、それは特に性嫌悪症だけに限らず

病院では診察時間が限られているのでしょうがないことかもしれませんね^^;

ただ、性的な嫌悪感が生まれた理由は人それぞれです。

性的な嫌悪感が生まれた背景については、

「夫への愛情」

「性的なこと全般の嫌悪感」

「夫とのセックス」

この3つの側面からきちんと見ていくことが大事です。

だから、本当の原因を見極めるためにはじっくりと話を聞いて

心の内面を見つめていかないとわからないのです。

本当の原因がわからないと、「その人にとっての解決」に結びつく対策が取れません。

そうなると他の人には効果がある対策でも、自分には効果がなかった・・・

そういうことも起こってしまうんですね。

また、病院では身体のことはしっかり診てくれるので安心ですが

実際に身体に原因がない場合は心の問題になります。

その場合は、やはりカウンセリング的な対応が必要です。

病院に行ってみたけど、効果がなかった・・・

とあきらめてしまうのは、まだ早いです。

たくさんある解決方法の一つが合わなかっただけ。

病院、お薬、健康食品・・・

「いろいろやってみたけどダメだった」あなたのためにあります。

事前相談のお申し込みはこちらです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

夫を男性をして見ることができなくなった理由

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

プラトニック・パートナーシッププログラム

さっそく事前相談の申し込みをいただいています。

東京での対面での事前相談をご希望の方は

22日(水)~27日(月)でご都合のよい日時を申し込みフォームにご記入ください。

長崎での対面の事前相談をご希望の方は、

8月29日(水)以降が大丈夫です。

事前相談のお申し込みはこちらです。

* * * * *

さて、夫婦も共に過ごす時間が長くなると、だんだん家族のように思えてくることがあります。

「夫を男性をしてみることができない」

「家族のように思えて、セックスする気になれない」

こんなお悩みを持つ方も多いです。

夫は「オレは妻として、女性として愛している」と言ってくれるものの

妻は「夫というより、もう一人子どもがいる感じ」と思っていたり。

妻のそんな思いがまた夫の不満や不安につながるんですね。

結婚したときは、もちろん一人の男性として、夫になってほしいと思っていたはずです。

それが、いつの間にか家族のような存在に変わってしまった。

こういうとき、新鮮味やときめきがなくなったから、と言われることが多いです。

だから、時にはホテルなどに行って非日常を演出してみるとか

刺激的な下着をつけたり、オシャレしたり、などなど

性的な意識を高める工夫が必要、というアドバイスがよく聞かれます。

まあ、これはただのマンネリ夫婦だったら効果的かもしれません。

でも、本当に夫が家族のように思えてセックスできない人にとっては、とても無理な話です。

だって、自分のお父さんや息子の前でセクシーな下着を身に付けて見せるなんて

考えただけで、ぞわっとしませんか?

なので、よくネットなどで言われている「セクシー作戦」というのはこういう場合はあまり効かないんですね^^;

では、どうしたらいいのかというと

「関係性を変える」

ということです。

実は、夫を家族としか思えなくなった場合、夫婦が対等な大人の関係ではなく

「親子」の関係になっていることが多いです。

たとえば「母と息子」であったり「父と娘」であったりします。

だんだんと時間が経つにつれてそうなっていったり

もともとそういう関係性の素質があったのが強化されていった場合もあります。

心理的に「親子」になってしまうと、近親相姦的な気持ちになってしまい

セックスどころではなくなってしまうんです。

だから、こういう場合は「親子の関係性」を「対等な大人の関係性」に変えていくことが必要です。

カウンセリングは「対等な大人の関係」を取り戻すために

新しいコミュニケーションのパターンをつくる作戦会議の場でもあるんです^^

「夫を男として見られなくなった」ことも今の夫婦の関係性を変えるためのサインです。

無料の事前相談のお申し込みはこちらです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

もう、あなたが悪者にならなくても大丈夫

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「夫とセックスしたくない」という気持ちには、もれなく罪悪感がついてきます。

求めてくる夫を拒否することに、

夫を傷つけていることに、

夫婦としての務めを果たしていないことに、

それによって、夫がイライラしていることに、

それが家庭内の雰囲気を悪くしていることに・・・

全部、私が夫を拒否するからだと、自分を責めてしまいます。

こんなに人を傷つけている自分は楽しんだり、笑ったりすることもいけないような

幸せになるのも、楽しい時間を持つことも許されないような

そんな気持ちになってしまう人もいます。

罪悪感というのは、自分で自分をとても傷つけてしまう感情です。

でも、本当は、そんな罪悪感を持ち続ける必要はこれっぽっちもない、

と聞いたら、どう思いますか?

実は、罪悪感を持つ必要がないのは、セックスレスに限らず、どんな場面でもそうなんですけどね^^

罪悪感から解放されると、

今までとはまったく違う視点で、悩みの状況や問題点を見ることができるようになります。

真っ暗なトンネルの中にいたのが、明るいトンネルの外からトンネルごと見渡しているような感じです。

トンネルの中にいると真っ暗でどっちに進んでいいのかわからないし

トンネルの大きさも、出口があるのかないのかすらわからなくなったりします。

でも、外から見ると、トンネルの出口の方向やそこまでの距離や

そして、トンネルが世界のすべてではなくその周りにまったく違う世界が広がっていることがわかります。

「だけど、私が罪悪感を手放すと夫はどうなるんだろう?」

「私が罪悪感を持たないでいるなんて夫は納得しないし、許すはずがない」

そんな不安もあるかもしれません。

罪悪感を見せることでかろうじておさえられている夫の怒りや不満が

罪悪感がなくなると、爆発してしまうかも・・・と思うと、怖いのは当然です。

でも、あなたが悪者にならなくても、罪悪感を持たなくてもいい方法があります。

それは、コミュニケーションを変えること。

あなたが悪者にならなければ成立しなかった関係性を

コミュニケーションを変えることで、誰も悪者にしなくても大丈夫な関係性に作り変えることができるんです。

だから、安心して罪悪感を手放してくださいね。

そして、罪悪感に支配されない新しいコミュニケーションも手に入れることができますよ。

まずは、無料の事前相談で、あなたの不安や疑問を聞かせてください。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

継続プログラム「無料事前相談」のお知らせです

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

継続プログラム「プラトニック・パートナーシップ6ヵ月プログラム」

「興味あるけど、私の悩みの場合はどうだろう?」

「実際にどんなことをするのかな」

「私にもできるのかな」

そんな疑問をお持ちの方のために、無料の事前相談をお受けしています。


お申し込みはこちらです。

継続プログラムに関する疑問や質問ならなんでもOKです。

事前相談を申し込んだからといって、プログラムの契約をしないと申し訳ない・・・ということはありません。

お互いに納得した上で本気で取り組んでいきたいプログラムです。

そのためにも、小さな不安や疑問も解消したいと思っています。

お気軽にご利用くださいね。


ご相談は、ZOOMを使います。

こちらからお送りするURLをクリックしていただければ使える簡単なツールです。

不安な方は、事前に使い方をお伝えしますのでご安心くださいね。

時間は30分~40分ほどを予定しています。

料金は「無料」です。

※継続プログラムをご検討されている方の事前相談ですので、カウンセリングとは違うことをご了承ください。

■ 継続プログラム:無料事前相談

方法 : ZOOM

時間 : 30分~40分程度

料金 : 無料

お申し込みはこちらです。

事前相談は基本的にはZOOMで行いますが

東京、長崎では、実際にお会いしてお話することもできます。

8月22日(水)~27日(月)の期間は、東京での対面の事前相談も可能です。

一度、私と会ってみて相性を確かめたい、という方も大歓迎です^^

ちょっとでも気になった方は、この機会になんでも聞いてください。

お待ちしております。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

「今までにないアプローチをするカウンセリング・プログラムです

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

プラトニック・パートナーシッププログラム

今日の夜、20時のメルマガから事前相談の申し込みを開始します。

メルマガのご登録がまだの方はこちらから願いします^^

「夫とセックスしたくない」の悩みで

今まで夫婦で話し合いをしたり、ケンカをしたり、

病院に行ってみたり

お友だちに相談してみたり、

いろいろやってみた方もたくさんいらっしゃると思います。

今までのやり方でうまくいかなかったなら、違うやり方を試してみませんか?

「セックスしたくない」の気持ちに対して

今までにないアプローチをする継続のカウンセリング・プログラムです。

詳しい内容は、こちらをご覧くださいね。

その上で「私の場合はどうなんだろう?」

「具体的にどうやって進めるの?」

などなど、継続プログラムに関する質問があれば、無料の事前相談でなんでも聞いてください。

基本的にZOOMで行いますが、8月22日(水)~27日(月)までは、東京で対面での事前相談も可能です。

また、事前相談を受けたからといって

必ず継続プログラムを契約しなくてはいけない、ということはありませんのでご安心くださいね。

また、事前相談はあくまでも継続プログラムの内容についてなので

お悩みのご相談に関してはカウンセリングをご利用ください。

事前相談(無料)のお申し込みは、今夜20時のメルマガから開始です。

あなたとお話しできるのを楽しみにしています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

継続プログラムの新しい特典をお知らせします

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今回リニューアルした「プラトニック・パートナーシッププログラム」

特典として、夫婦カウンセリングをお得な価格で追加できるようにしました。

「夫とセックスしたくない」の気持ちについて、ほとんどの方が「妻だけ」に原因があると思っています。

夫は昔から何も変わってない。

勝手に性欲がなくなって、セックスしたくなくなった妻が悪い。

だから、妻が病院やカウンセリングに行って「治して」くるべきだ。

・・・こんなふうに考えて、夫はもちろん妻も自分自身を責めています。

でも、「夫とセックスしたくない」気持ちを作り出したのは、夫と妻の二人なんです。

どちらかが悪いというのではなく、二人で一緒に作り出したんです。

だから、その解決には、夫の協力が不可欠です。

ただ、どうしても夫がその事実を受け入れられない、

夫婦だけだと、感情的になって話し合いが進まない、

夫婦で話していると、いつも同じパターンの繰り返しになってしまう、

夫もカウンセラーの話を聞きたい、

というケースも最近増えているんですね。

そこで、夫婦カウンセリングを単発カウンセリングのメニューに加えました。

そして、継続プログラムを受けてくださっている方には

この夫婦カウンセリングを、通常よりお得な価格で何度でも追加できるようにしています。

第三者の視点が入ることで、これまでの夫婦の堂々巡りの話し合いのパターンが変わったり

冷静に自分たちの関係性を見られるようになったり

妥協点を見つける解決策ではなく

お互いの意図を満たす「新しい解決策」を見出すことができるようになります。

ぜひ、活用してくださいね^^

継続プログラムの無料事前相談は、8月17日(金)にこちらからお申し込みを開始します。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「夫のことは嫌いじゃないのにどうしてセックスできないんだろう」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

新しくなった「プラトニック・パートナーシップ6ヶ月プログラム」

ご覧になっていただけましたか?

「セックスしたくない」の気持ちが生まれる原因を「3つの側面」から見ていくのが特徴です。

3つの側面とは、1つめは「夫への愛情」

2つめは「性的なこと全般の嫌悪感」

3つめは「夫とのセックス」です。

実はこの3つの側面はきちんと別々に見ていくことが大事なのですが

悩みの渦中にいるとき、この3つの区別がちゃんとつけられないことがほとんどです。

たとえば、一番多いのが

「夫への愛情」と「夫とのセックス」を混同してしまうこと。

「愛がないとセックスできない」とよく言われます。

特に女性は、性欲だけのセックスより愛情を伴うセックスを望む方が多いですね。

だからこそ「セックスできないというのは愛がないんじゃないか」

と、拒否される夫は不安になってしまいます。

妻も「夫のことは嫌いじゃないのにどうしてセックスできないんだろう」

と、夫への愛情に自信を持てなくなります。

その不安が、さらに夫の不安をかき立てる・・・という悪循環につながるのです。

「夫への愛情=夫とのセックス」という大前提がこの不安を生み出すのですが、

実は夫への愛情はあるけれど「夫とのセックス」が嫌い、ということもあるんです。

たとえば

自分は全然したい気分じゃないのに誘われて、しぶしぶ応じること。

好きじゃない体位やプレイを要求されること。

痛みがあるのに、求められること。

疲れていて眠いのに断ると不機嫌になるのて我慢して応じること。

やる気がないのにするセックスは、めんどくさいし、疲れるだけで気持ちいいわけがありません。

特に痛みがあると、なおさらです。

夫は快感を得られるかもしれませんが、妻にとっては、ただの苦痛な時間です。

つまり、夫に求められるセックスは苦痛に耐える時間であり、

夫は「夫婦だから」「愛情だから」という言葉を使って妻に苦痛の時間を強いる存在なのです。

夫婦の間の「相手とのセックス」の意味合いがまるで違うということ、

これをお互いに理解することが一番大事です。

セックスできないことに罪悪感を持って、自分を責め続けていたかもしれません。

でも、自分を責める必要は、本当は全然なくて

逆に「今までいっぱいガマンして頑張ってきたんだね」って

自分を褒めてあげてくださいね。

「でも、夫が理解してくれないかも・・・」

「こんなこと言うと、夫は逆上するんじゃないか」 

そんな不安があるかもしれません。

でも、今までのコミュニケーションでは理解してくれなかったり、逆上したりしたかもしれませんが

そのパターンも変えることができます。

何がイヤなのか、本当の原因をちゃんと見つける。

自分を責めることがなくなり、言いたいことをちゃんと言えるようになる。

あなたにお伝えするのは、そんな継続プログラムです。

新しくなった継続プログラムは、無料の事前相談を受けていただいてからお申し込みしていただきます。

ご事前相談のお申し込みは、8月17日より、こちらのメルマガから開始します。

登録してお待ちくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子