「謙遜する」ということは「●●」アピールなんです

こんにちは。松尾 聡子です。

昨日、「ほめられたときの気持ち」について書きました。

ほめられると、なんだか居心地が悪くて、つい謙遜しちゃう。

そういう人って、日本人は特に多いと思います。

自分や身内のことは謙遜するのが当たり前、というお国柄だからでしょうか。

今でこそ「ほめる育児」が出てきましたが、今の大人はほめられる経験があまりなかったかもしれません。

謙遜は日本人の美徳でもあるし、奥ゆかしさの象徴かもしれないですね^^

でも、あまりに度が過ぎると、昨日も書いたように、相手の気持ちを拒否することになることもあります。

そして、実は「謙遜する」ということは「責任を負わない」アピールになることもあるんです。

「いやいや、そんなことないですよ~」

の謙遜と一緒に伝わるのは

「私には無理」

「私にはそんな実力はない」

「できなくて当たり前だから、期待しないで」

というメッセージなんですね。

だれかにほめられたこと、認められたことを受け取るということは

そういう自分を、自分でも、そして相手に対して認めることになります。

そうすると、できなかったときの言い訳ができなくなる、

できなかったときに、相手をガッカリさせてしまう、

そういう心配が無意識に生まれてしまうんです。

そういう「保険」をかけながら安全を守るのも大事ですが、

ときどきは、思い切って責任を負っちゃうのもいいものですよ^^

「私にはできない」「まだまだ無理」と思っていた自分が

腹をくくって「ほめられた自分」を受け取ると、自分で自分を認められる感覚を実感できるはずです。

そして、自分で自分を認められると、

次は、どうしても認められないあの人、夫、子ども、などなど、あなたの周りの大切な人を認められるようになります。

あなたと、あなたの周りの大事な人を認められる心地よさを味わってみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

ほめられると、どんな気持ちになりますか?

こんにちは。松尾 聡子です。

突然ですが、みなさんはほめられると、どんな気持ちになりますか?

「いやいや、そんなことないですよ~」

「いえ、こんなこと、たいしたことじゃないですから」

と、思わず謙遜しちゃう人、多いのではないでしょうか^^

逆にそういうときに「まあね~」なんて鼻高々だとムカつく、とか

お世辞で言っただけなのに、真に受けられるとシラケちゃう、なんて声もあります。

だからこそ「そう思われないように、とりあえずは謙遜しておこう」という気持ちも働くのかもしれませんね。

でも、もしも相手が本気で「すごいなあ」とほめる気持ち満載だったとしたら

「この気持ちを伝えたい」「喜んでほしい」という気持ちだったとしたら

「そんなことないですよ~」と謙遜されると

自分の気持ちが否定されたような、受け取ってもらえなかったような、そんな寂しい気持ちになっちゃうんですよね。

そして「いやいや、ほんとにすごいですよ!」

「いやいや、そんなことないですってば!」

のループに突入します。

そうなると、それこそ

「こんなに必死でほめるほどのことだっけ…。何やってるんだろ、私(>_<)」

みたいな気持ちになりかねません。

「でも、ほめられてもどうしたらいいかわからない」という人も多いです。

特に日本人は、ほめるのもほめられるのも苦手ですものね。

だから、ほめられたときには、鼻高々にならなくても謙遜しなくても大丈夫。

とりあえず素直に「ありがとう」で受け取っちゃいましょう。

もしも相手がお世辞だったとしてもいいんです。

こちらが「ありがとう」と受け取ることで、相手も嬉しくなったり、気持ちよくなったりするものです。

一緒に嬉しくなれたら、それでいいんじゃないかなって思います^^

さて、明日は「謙遜すること」について、もう少し掘り下げてお伝えしますね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

気持ちをザワザワさせる相手への対処法

こんにちは。松尾 聡子です。

この人と話していると、いつも気持ちがザワザワする。

そんな相手っていませんか?

たとえば

常に自分が正しくて、妻が悪いと決めつける夫。

母としても妻として、嫁のやり方を認めてくれないお姑さん。

どんな話題でも、最後には自分の子ども自慢に変えちゃうママ友。

話すたびに気持ちがザワザワ、モヤモヤして疲れちゃうけれど、なかなか関係が切れない。

つらいですよね。

そして、こういう場合、言っている相手はあなたを不愉快にさせようと思っているわけではなかったりします。

悪気がないからこそ、相手にやめる気がなくてやっかいなんですよね(>_<)  

さて、今日はそういう場合の対処法をお伝えします。

ポイントは、人はそれぞれ「自分だけの特別な世界」を持っているということです。

常に自分が正しいと思っている夫の心の世界では、妻との間で自分が間違っていることはありえないし

お姑さんの世界では、自分がこれまでやってきた、妻として、母としてのやり方が一番正しいと信じているし、

自分の子ども自慢ばかりするママ友の世界では、自分の子どもの幸せをみんな我がことのように喜んでくれるはずなんです。

つまり、そういう人にザワザワさせられてしまったときは

その人の「特別な自分だけの世界」を押し付けられてるときが多いんですね。

だから、そういうときは「この人の心の中の世界は、こうなってるのね~」と観察しちゃうのがオススメです。

「ふむふむ、この人の視点だと、こんな変なこと言ってても自分が正しいになっちゃうのか」

「おお~、お義母さんの世界ではこうするべきだ、で生きてきたんだ。大変だっただろうなあ」

という感じで見てみると、自分とは違う世界が垣間見えて面白いですよ。

そして、その後は心の中で

「ま、私の世界は違うけどね^^」

で、オッケーです。

こんなコミュニケーションのコツはメルマガでもお届けしています。

「カウンセリングにはなかなか行けないので、メルマガを参考にがんばってます!」というお声もいただいていますよ~。

ご登録はこちらからどうぞ^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「相手が不機嫌になると、その原因は自分」だと思ってしまうあなたへ

こんにちは。松尾 聡子です。

夫が不機嫌になったとき、

職場の同僚や上司、お友だちが不機嫌になったときなど、

目の前の誰かが不機嫌になったとき、どんなふうに感じますか?

「むかっ、なんなのよ!」と自分も不機嫌になる人と、

「どうしよう、私、悪いことしちゃった・・・」と、自分を責める人。

大きく2つのタイプがあるんじゃないかな、と思います。

自分を責めてしまう人の場合、思考が自動的に

「相手が不機嫌になると、その原因は自分」

だと考えてしまうんですね。

勝手に「相手が正しくて、自分が間違っている」と決めちゃいます。

たしかに、こちらの言葉で相手が不愉快になったかもしれませんが

単にきちんと伝わってないために誤解されているだけだったり

こちらが、相手の言葉を誤解して受け取って返したからだったり

つまり「単なる誤解」ということも多いんです。

でも、すぐに自分が悪いと決めちゃって、謝ったり、言い訳したりしてしまったら

相手が正しくて自分が悪かった、ということで終わってしまいます。

本当に相手が伝えたかったことも、本当に自分が伝えたかったことも伝わらなくて

誤解のままで終わってしまうんです。

「私が悪かった。ごめんなさい」で終わらせることは

自分を悪者にすることで、そこで起きた問題にちゃんと向き合うことなく

結果的に逃げてしまうことになるのかもしれないですね。

相手が何に怒っているのか、

自分の何が伝わっていないのか、

自分が相手のどんな気持ちを受け取れていないのか、

逃げずにしっかりとそこに目を向けること、

相手にきちんと伝えて、わかりあう努力をすること、

それが大事なんだなと思います。

なんて、私も最近になって、ようやくできてきたなあと思うんですけど^^;

でも、それができるようになってから、ラクになりましたよ。

だって、誰かが不愉快になっても、怒っても、怖くないから。

そして、お互いの誤解やすれ違いを解いて、より深く理解しあえるチャンスになったから。

だから、私と同じように「私が悪い」「私のせいだ」とついつい自分を責めてしまう人たちがラクになれるような

そんなお手伝いができればいいなと思っています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

問題の原因に気づくことも大事だけれど・・・

こんにちは。松尾 聡子です。

最近、本屋さんに行くと、心に関する本が多いなあと思います。

対人関係改善やコミュニケーション術、仕事や勉強に役立つコーチング、などなど。

どれも面白そうです^^

それに、わかりやすく書かれていますよね~。

昔に比べて、心の問題やテーマが身近になってきたのかな、と感じています。

そのせいか、自分の心の問題に気づいている方も多いです。

「自分のこういう考え方が原因だと思う」

「親とのこういう関係が影響していると思う」

と、なかなか的確な分析をされています。

問題の原因に気づくこと、とっても大事です。

気づくことからスタートしますから。

でも、気づくだけで何もしないと、そこで終わりになっちゃうんですよね。

たとえば、こんな感じです。

自転車に乗っていたら、どうも重くてうまく進まなくなっちゃった。

調べてみたら、なんと、後輪がパンクしてた!

なるほど、だから重たかったんだなあ。

・・・で、終わってしまっては、自転車は重たいままです。

パンクはきちんと修理しないと、ですね^^

問題に気づいたら、そのままにしないできちんと解決することが大事です。

そしてまた、スイスイと快適な自転車で走りだしてみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

結婚してなくても、相談にのってもらえますか?

こんにちは。松尾 聡子です。

先日、お会いした方に

「結婚してないんですけど、相談にのってもらえますか?」と聞かれました。

もちろん、結婚してない方のご相談もお受けしています^^

セックスに対して嫌悪感や恐怖感がある。

そのせいで、気になる男性がいても、もう一歩踏み込んだお付き合いができない。

結婚したいけれど、二の足を踏んでしまう。

このままだと、ずっと結婚できないかもしれない。

セックスに対する嫌悪感や恐怖感から、結婚生活をあきらめてしまう方もいます。

もちろん、結婚しない人生を選ぶことも一つの選択です。

でも、望んで選ぶのではなく

「しょうがないから一人で生きることを選ぶ」というのは、ちょっともったいないですね^^;

だって、せっかくの自分の人生ですから。

自分が「問題かも」と思っていることと、一度きちんと向き合ってから決めても遅くはないと思います。

「結婚している」「結婚していない」に関わらず、

「問題を解決して自分の人生を楽しみたい」という方の力になりたいと思っています。

あきらめてしまう前に、一度トライしてみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「東京のすごいとこ」行ってきました

こんにちは。松尾 聡子です。

ここ数日、ブログの更新が滞ってしまいました。

先週、長崎から帰ってくるときに、甥っ子を一緒に連れてきまして

とにかく大食漢な甥っ子のお世話にてんやわんやしてました^^;

さらに「東京のすごいとこに連れてって!」とハードルの高いリクエストをされて

私にとっての「東京のすごいとこ」は「江戸東京たてもの園」なのですが

小5男子にはもっとエキサイティングなところがいいかなと、お台場の東京ジョイポリスと観覧車に連れていきました。

私も一緒に宝探しのアトラクションをやったのですが、まったくダメ(>_<)  

ぐるぐる回るのやコースター系は首がどうにかなりそうで恐ろしく、子どもたちを温かく見守ることに徹しました。

日曜日はみんなで近所の公園にお花見にも行きましたよ~。

土曜日は真冬並みの寒さでしたし、満開とまではいかなかったけれど

温かな日差しの中で、みんなでお弁当を食べてのんびり桜を楽しみました。

こんな感じでわたわたと過ごしていましたが、甥っ子も昨日無事に長崎に帰り、ようやく日常が戻ってきた感じです。

桜はもう少し持ちそうですね。

お花見、もう一度くらい行けそうかな、なんて思ってます^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

日常

話を聞いてくれない夫にイライラする!

こんにちは。松尾 聡子です。

話を聞いてくれない夫にイライラする。

真剣に子どものことを相談しているのに、他人事みたいな態度にガッカリ。

なんだか、いつも独り言を言ってるみたいで、むなしくなってしまう・・・

そんなふうに、夫とのコミュニケーションにお悩みの方も多いと思います。

いくら「話を聞いてよ」と訴えても、聞く耳を持ってくれない場合、

もともと夫は誰にでもそういうコミュニケーションをするタイプだったりします。

「そんなこと言われても、聞いてるんだけど」

「これ以上、どうすればいいわけ?めんどくさいなー」

なんて思っているかもしれません。

夫はめんどくさいと思い、妻はそんな夫に失望してしまう。

どんどん二人の心の距離が離れてしまいます。

夫の性格は変わらないからしょうがない、とあきらめることもできます。

でも、ちょっと今までのコミュニケーションの方法を変えることで

夫の態度にいちいちムカついたり動じたりすることなく、きちんと言いたいことを伝えられるようになるんです。

そうすると、夫も「あ、今のオレの態度はちょっと悪かったかな」と自分から気づいたり

相手の話を聞けるようになるだけでなく、自分の気持ちを話してくれるようになったりします。

そんなちょっとしたコミュニケーションのコツって、知っているのと知らないのでは大違いです。

知らないばっかりに夫婦の関係がどんどん離れていくのって、もったいないですよね。

というわけで、そんな夫婦のコミュニケーションのコツをお伝えできるような講座を計画しています。

おうちに帰ったその日から使える、実践型の講座にしたいなあと考えています。

詳しい内容や日時が決まったら、またお知らせしますね。

お知らせやお申し込みは、メルマガから先行してお伝えします。

興味のある方はご登録しておいてくださいね^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

生きていくことをつらくしてしまうもの

こんにちは。松尾 聡子です。

生きていくことをつらくしてしまうもの、何だと思いますか?

人によって、その答えはいろいろあると思います。

でも、多くの人をつらくしてしまうものの一つに

「〜しなくちゃ」があるんじゃないかなと、私は思っているんです。

「夫婦はセックスしなくちゃ」

「女はかわいらしくないと」

「子どもの幸せのために、私が頑張って子どもをいい学校に入れなきゃ」

「仕事は3年は続けなければ」

「働いてくれる夫に感謝しなくちゃ」

私たちは、いろんな「〜しなくちゃ」に囲まれて生きています。

それは、社会生活をスムーズに進めていくために必要なものです。

でも、必要だけれど、絶対ではないです。

「〜しなくちゃ」を一番に考えている時は、それをしないことなんて考えられないけれど

意外としなくても生きていけたりします。

そして、「〜しなくちゃ」が正しいかどうかだって、実は不確かなものです。

それって、単に誰かの価値観だったり、

その国や地域、宗教、民族の価値観だったり、

絶対的な価値観ではないんです。

「〜しなくちゃ」がいっぱいになってしまうと、自分が選びたい選択肢がなくなってしまいます。

最後には、選びたくないものばかりの中から選ぶしかなくなって

「私の人生、何なんだろう」みたいに感じてしまいます。

たとえば「いやいやながらセックスをするか、望まない離婚をするか」とか

「心を殺しながら、妻の役目を果たしていくしかない」と諦めるとか。

あなたの心をがんじがらめにしている「〜しなくちゃ」を
「〜しなくてもいい」に変えてみたら、どうなるでしょう?

がんじがらめの心がほどけたときに見える景色を、あなたにも見ていただきたいと思っています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

いつも不幸になる相手ばかり好きになってしまう・・・

こんにちは。松尾 聡子です。

今日は初めて長崎でネイルしてきました^^

長崎のネイルサロンはさっぱりわからないので、ネットで探して予約しました。

ネットって本当に便利ですね〜。

さて、ネイルしながらネイリストさんとおしゃべりするのも楽しみの一つです。

聞かれない限り、自分からカウンセラーだと名乗ることはないのですが

なぜか夫婦関係のお話になることが多いです。

今日は、ネイリストさんのお友だちが4回も結婚しているというお話を聞いてビックリ!

「モテモテなんですね〜」なんてのんきに言っていたのですが、そういうことではなくて^^;

そのお友だちはなぜかいつも不幸になるような相手ばかり選んでしまうそうなんです。

働かないとか、DVとか、借金とか、浮気とか・・・

今度こそは!と思って結婚したのに、結局またつらい思いをして、最後は別れてしまう。

周りで見ているお友だちも心配しているようです。

さて、こういう場合、2つのパターンが関係しています。

一つは、なぜかそういうタイプの人を「選ばずにいられない」パターンです。

「選ばずにいられない」時って、心の奥の無意識が働いているんですね。

子どもの時に親や大人からもらった価値観や体験から学んだもの、あるいは得られなかったもの、

そういったものの意図を満たすために、何度も何度も頑張っているのかもしれません。

そういう場合は、心の奥の傷ついた部分をきちんと癒してあげることが大事ですね。

もう一つは、コミュニケーションのパターンです。

どんな相手とも同じような関係になってしまう時、

そういう関係になるようなコミュニケーションの方法を繰り返していることがあります。

その場合は、自分やパートナーのコミュニケーションのパターンを見つけて、変えていくことができれば大丈夫です。

結婚、離婚を繰り返すのも大変です。

じっくりと落ち着いて、いい関係を長続きさせることができるといいですね^^

あなたの2つのパターン、見つけてみませんか?

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

離婚