「クリスマスだから、しよう」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

クリスマス、お正月と、イベントごとが続く時期ですね。

クライアントさまには「そういう時期が憂鬱」という方も多いです。

「クリスマスだから、しよう」というわけではないでしょうが

クリスマスということで、家族でいい感じに楽しい雰囲気になり、その流れで誘われる、という心配があるからです。

夫の方からしてみたら、

楽しいクリスマスの最後は、愛する妻とセックスすることで、身も心も満たされ、完璧!

という感じかもしれません。

そんなふうに「お互いに」思えたら、それはとても幸せなことですね。

ここでのポイントは「身も心も満たされる」ということです。

夫も「単にセックスできて、性欲が満たされれればいい」と思っているはずではないと思います。

セックスをすることで、身体だけでなく、心も満たされたい。

というか、心が満たされるためにも、セックスをしたい。

そう思っている方が多いです。

でも、妻もそれを望んでいない限り、一時的に性欲が解消するだけで、

夫の気持ちがセックスで満たされることはありません。

心が「お互いに」求めているわけではないとわかっているからです。

その中でも、唯一満足できることがあれば

「妻は、自分のためにイヤなことをガマンしてくれた」

という満足だけです。

でも、果たしてそれが、夫の求めている満足なのかどうか、ということですね。

そんなセックスから得られるものは

夫には「無理強いしてしまった」「ガマンさせた」という自己嫌悪と

自分にそんな思いをさせる妻への怒り。

妻は「気持ち悪い」「もうイヤだ」という夫への嫌悪と

こんなことがこれからも続くだろうという自分の人生への失望です。

それをどんどん積み重ねるのは、もうおしまいにしませんか?

そのためには、「本当にしたくないんだ」ということを、

誠意をもって、心から伝えることが大事です。

それでも、性欲がどうとか

夫婦だからするべきだ、とかいうのならば

残念ながら、あなたの夫は「今は」あなたの心よりも

自分の性欲や、世間で語られる夫婦像が大事なのかもしれませんね。

でも、「今は」そうかもしれないけれど、これから変わってくれるかもしれません。

それには、やっぱり「誠意をもって、心から伝え続ける」ことが大事なんです。

伝えること、伝えるために必要な自分の軸を持つこと、

それをサポートする継続プログラムを作っています。

完成したら、こちらからお知らせします。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

もしも、パートナーの親が毒親だったら

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

もしも、パートナーの親が毒親だったら、どうしますか?

たとえば、夫が自分の親の言いなりで、親と一緒になって妻を怒ったり、悪く言ったりする。

妻からしてみると、唯一の味方であってほしい夫が

味方であるどころか自分を攻撃するというのは、とてつもなく孤独なものです。

夫に頼る気持ち、信じる気持ちがガラガラと音を立てて崩れていきます。

また、逆の場合もあります。

妻が、自分の親の考えや意見に逆らうことができず

結婚しても、いちいち親にお伺いを立てないと何も決められない。

お互いに夫婦関係がストレスでいっぱいになります。

毒親というのは、別に暴力をふるったり、育児放棄したり、ということがなくても

子どもが親と違う意見を持つことに罪悪感を持たせたり

子どもの人生に介入して自分の思い通りにコントロールしたり

その結果「自分は親がいないとダメな人間だ」と子どもに自信を失わせたりすることも

「毒親」の定義を満たしていると思います。

理想的な解決方法は、

毒親に支配されているパートナーが「自分の親は毒親だ」と気がついて

「なんとかしよう!」と動き出してくれることです。

が、渦中にいる本人が気がつくのはなかなか難しいです。

自分の親を「毒親」と認めるのはまるで自分の人生を否定する気がするものですし

何よりも「親が絶対」と思っているときに親を否定するような気持ちは生まれないからです。

おそらく、パートナーから「あなたの親は毒親だと思う」と言われると

逆に「私の親をそんなふうに言うなんて」と

さらに夫婦関係の悪化につながるかもしれません。

毒親を変えることは難しいですが、

夫婦の関係、そしてパートナーと毒親との関係なら変えられます。

1つの方法としては、パートナーに対して

「あなたは、どう思うの?」と常に聞いてあげることです。

たとえば、何かを決めるとき、あきらかに親の意向を自分の考えのように言っているときに

「そうか、わかった。で、『あなたは』どう思うの?」

と、親の考えではなく「あなた」の考えを改めて聞いてあげましょう。

最初は「親の考え=自分の考え」になっているので

「これが私の考えだけど??」と言うことも多いと思います。

でも、それを続けることが大事です。

そうすると、相手の無意識が

「『私』はどうしたいんだろう?」と、自分の気持ちに注目するようになります。

そうすることで

「これは、親の意見だな」

「でも、私は本当はこうしたいんだ」

と、自分の気持ちに気づくようになるんです。

自分の気持ちに気づけるようになったら

親の意見じゃなく、それぞれの自分自身の意見に注目して

「じゃあ、どうしていこうか」を話し合えるようになります。

「でも、お母さんが怒るかも」

「逆らったら、縁を切ると言われるかも」

そんな怖さもあるかもしれません。

でも、人は100人いれば100通りの意見があります。

親の意見が、子どもと違っても当たり前です。

そして、夫婦が決めることだから、親じゃなくて、夫婦で決めていこうと

パートナーを励ましてあげてくださいね。

毒親にも、いろんなタイプがあります。

こちらであなたに合った解決策を一緒に探しましょう。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

毒親

「今まで通り、私がガマンしてればよかったかも・・・」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「気がつくと、夫に対して言いたいことが言えなくなっていた」

カウンセリングを受けて、それに改めて気づくことがあります。

反対意見に対して、すぐに怒ったり、

自分の思い通りにならないと、すぐにすねたり。

怒鳴ったり、モノに当たったり、

あるいは引きこもったり、何日も口をきかなかったり。

一緒に暮らしていて、そういう態度を取られると

とても居心地が悪くて、つらいです。

そうなると、だんだんと自分が言いたいことは飲み込んでしまうことが、当たり前になってしまうんですね。

でも、今のままだとどんどん夫のことが嫌いになるし

お互いに本当にわかりあえることがない

と気がついた妻が、自分の気持ちを言えるようになります。

今まで、夫の顔色をうかがって言いたいことを言えなかった人が

自分の気持ちや言いたいことを言えるようになる。

そうすると、やっぱり最初は夫が怒ったり、すねたりします。

それどころか、今まで以上に怒ったり、すねまくったりすることもあります^^;

「やっぱり言わない方がよかったかな」

「今まで通り、私がガマンしてればよかったかも」

そう思うかもしれません。

一瞬、逆戻りだと思うことがあっても

でも、それはやっぱり前進なんです。

だって、今まで通りのパターンを続けていたら、

確実に、徐々に、悪い方向に進むだけだから。

コミュニケーションに失敗はありません。

うまくいかなかったら、違う方法を試せばいいだけです。

違う方法を一緒に考えて、実践してみる。

カウンセリングの場は、作戦会議の場でもあります。

一人だと行き詰まってしまうことも

違う視点が入ることで、選択肢がどんどん増えていきます。

「私がガマンするしかない」から

「もっといろいろできることがある!」という感覚、

自分で自分の人生をコントロールする醍醐味を、ぜひ味わっていただきたいと思います。

そんな継続プログラムを、現在つくっているところです。

募集開始などのお知らせはメルマガから行います。

ご登録してお待ちくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「離婚することになるかもしれない」と心のどこかで思っていたのに

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「夫に頼れない、相談できない、信頼できない、家事も育児も孤軍奮闘。

一緒にいるのに気持ちを共有できない」

カウンセリングを受ける前はこんな状態だったSさん。

「一緒にいるのが辛いので『離婚』を考えたけど、

何かできることがあれば、最後に試してみようと思った」

と、カウンセリングを受けてくださいました。

カウンセリングを受けた後の感想の一部をご紹介しますね。

自分のコミュニケーションの仕方を変えることで、

子供は自分の気持ちに寄り添ってくれるママがますます大好きに。

子供がママばかりになつくのを見てか、夫の反応も徐々に変わってきました。

私のコミュニケーションの仕方を真似して、子供に話しかけると、

子供は笑顔で返事をしてくれることに気づいたようです。

家事や育児の分担はカウンセリング前とほとんど変わらないし、

夫は相変わらずマイルールの中で暮らしていますが、

家庭の雰囲気が明るくなりました。

私は夫に「わかってほしい」「気づいてほしい」気持ちが強かったけれど、

夫には無理なんだと納得して諦め、

その上で私が思う幸せに向かって、気持ちを切り替えることができたのがよかったです。

まだ時間や自分の心に余裕が無いときは、

夫に共感してほしい気持ちがむくむくと現れて、孤独な気分になる時もあるけれど、

自分の心のバランスを保てる方法をいくつか見つけました。

まだまだできることがありそうです。

漠然と「離婚することになるかもしれない」と心のどこかで思っていたのに、

今は「このままでもまぁいいか~」と思えるようになりました。

そんな変化を感じてか、娘は

「前はパパとママが嫌いあってて嫌だったけど、今はそんなことがなくてよかった~」

と話してくれました。

娘の笑顔が守れて嬉しいです。

(Sさん)

Sさん、ありがとうございます^^

妻に共感や思いやりがもてないタイプの夫って、たしかにいます。

もともと共感する能力や相手の状況などの全体を把握する能力が少ない場合があるんですね。

また、自分のマイルールやこだわりを強く持っていることも多いです。

そのマイルールゆえに思いやりのない態度になったり

人を傷つけるようなことを悪気なく言い放ったり

「普通、こうしてくれるよね?」をしてくれないこともあるんです。

ということは、逆にそのマイルールに上手に介入する方法がわかれば

必要な手助けを得ることもできるようになるんですね^^

Sさんはもともとの夫の気質を変えるのではなく

働きかけの方法を変えることで自分のストレスが軽くなり、

お子さんの笑顔も守ることができました。

そして、面白いことにご主人がSさんの真似をするという新しいルールもできたようです^^

「わかってほしい、気づいてほしい」

夫に対するそういう思いが届かなくても

Sさんのように、状況や家族の関係性を変えることができる可能性はいろいろあります。

Sさんのような思いで毎日を送っている方のためのキャンペーン

お申し込みは今日までです。

お申し込みフォームはこちらです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

結婚は修行?…辛い修行はナンセンス!

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

10日からお申し込みを開始した、ホームページ開設記念キャンペーン

さっそくお申し込みをいただいています。

ありがとうございます^^

通常より、ちょっとお得な価格でカウンセリングを受けることができるキャンペーンです。

今すぐお申込みの方はこちらです。

さて、お友だちがFacebookでキャンペーンの記事をシェアしてくださったのですが

そこに書かれていた言葉がとってもステキでした。

「諦めるのはまだはやい!結婚は修行?…辛い修行はナンセンス!」

ほんとにそうだなと思いました。

でも、結婚は修行だと思っている方も多いと思います。

カウンセリングでも

「結婚にはガマンがつきもの」

「結婚というのは、お互いの妥協によって成り立つもの」

こんなふうにおっしゃる方、いらっしゃいます。

そして

「だから、私はまだまだガマンが足りないんです」

「私の努力不足なんです」

と、さらに自分を責めていらっしゃるんですね。

こういう価値観というものは、

私たちが生まれながらに持っていることはほとんどなくて

親や親戚などから聞かされたり

職場の上司やメディアなどから入ってきた情報だったり

それが自分の心にすーっと入って、いつの間にか信念のようになっていたりします。

でも、もし本当に結婚がガマンで妥協でしかないなら

そんな味気ない人生を歩むために、わざわざ結婚したいと思うかなあ?というところです。

やっぱり本当は、好きな人と笑顔で、楽しく、ほのぼのと暮していきたいなあと思ったのではないでしょうか。

でも、そもそも好きで結婚したわけじゃない。

親を安心させるために、世間体を考えて結婚しただけ。

子どものためにも、離婚しないためにはガマンや努力をしないといけない。

結婚なんてそういうものだと思ってないと自分の人生が間違っていたようで悲しくなってしまう・・・

そういう方もいらっしゃるかもしれません。

でも、だからこそ、どうせ努力をするならば

その努力をガマンに使うのではなく

笑顔で楽しく過ごす毎日へと変えることに使ってみませんか?

単にガマンするだけでは、何も変わりません。

自分がラクになるように、

夫と一緒にいても、ストレスをそれほど感じなくなるように、

そんな対策を取っていくことで、夫が「脅威の存在」ではなくなるんです。

キャンペーンの詳細はこちらをご覧くださいね。

お申し込みは14日(金曜日)までです。

東京の対面カウンセリングの日程がだいぶん埋まってしまったので

ご希望の方は早めの申し込みがオススメです。

お申し込みはこちらです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

【キャンペーン】お申し込み開始です!

こんにちは。夫婦関係専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日からお伝えしておりますホームページ開設記念キャンペーン。

昨夜のメルマガからお申し込みを開始してます。

募集期間は今週の金曜日(14日)までです。

さっそくお申し込みをいただいております^^

ご希望の方は、早めにお申し込みくださいね。

今すぐお申し込みされる方は、こちらです。

●キャンペーンの内容は

今回のキャンペーンをひと言で言うと

「お悩み限定で、カウンセリングをちょっとお得な料金で提供します」

ということです。

どんなお悩みかというと

・夫はどうも普通のダンナさんと違う気がする

・夫と会話がかみ合わず、話し合いにならない

・何度言ってもあいさつができない夫にイライラする

・「私が言いたいのはそれじゃない・・・」と思うことが多い

・子育てや家事の責任を共有してくれない

・無反応だと思うと、いきなりキレたりする

・グサッとくることを言われてこちらが傷ついても、悪気なく気づかない

・夫婦なのに、一人ぼっちな気持ちになる

・何気ない雑談ができない

・マイルールにこだわりすぎて、周りが疲れる

・結婚してから、大事にしてくれなくなった気がする

・逆に、いつまでも恋人気分の夫が子どもにヤキモチを焼いて困る

・失言が多く、ヒヤヒヤする

こちらもひと言で言うと

「普通は話せばわかってもらえることがなぜか伝わらない」

という夫とのコミュニケーションにお悩みの方です。

なかなか伝わらない夫に対して

時にはやさしく、時には厳しく、またある時には怒ったり、逆に泣いて頼んだり・・・

そんなふうに手を変え品を変え夫とのコミュニケーションを取ろうとがんばっても

なんの効果もないときの「のれんに腕押し」感・・・

どんなに自分ががんばっても成果が見られないと、無力感を感じるものです。

ふつうならうまくいくはずのコミュニケーションの対策がなぜかうまくいかないときは

ちょっと違う対策を取ることで、コミュニケーションがうまくいくことがあります。

まずは、夫の特性を客観的に見て、知り、それに合わせた対策を取ることが大事です。

うまくいかないのは、あなたが悪いわけじゃない。

今のやり方でうまくいかないときは、別の方法を試してみればいいんです。

●キャンペーンの詳細です

内容:対面・ZOOMカウンセリング(120分)

申込期間:12月10日(月)~14日(金)

人数:10名様

価格:19,000円(通常26,000円)

お申し込みはこちらです。

あなたとお話できるのを楽しみにしています^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

ホームページ開設記念キャンペーン:詳細のご案内です

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日から、ちらほらとお知らせしている「ホームページ開設記念キャンペーン」

詳細が決まりましたので、ご案内させていただきますね。

ちなみに、開設したホームページはこちらです。

◆対象:こんなお悩みをお持ちの方のカウンセリングです

・夫と会話がかみ合わず、話し合いにならない

・「私が言いたいのはそれじゃない・・・」
と思うことが多い

・子育てや家事の責任を共有してくれない

・無反応だと思うと、いきなりキレたりする

・夫婦なのに、一人ぼっちな気持ちになる

・何気ない雑談ができない

・マイルールにこだわりすぎて、周りが疲れる

・結婚してから、大事にしてくれなくなった気がする

・逆に、いつまでも恋人気分の夫が子どもにヤキモチを焼いて困る

・失言が多く、ヒヤヒヤする

◆カウンセリング
・対面(東京・長崎)
・ZOOM(全国)

◆募集期間
2018年12月10日(月)~14日(金)

◆人数
10名様

◆キャンペーン価格
120分 19,000円

 

来年の2019年にちなみ、19,000円にしました^^

通常は120分で26,000円なのでだいぶんお得になってます。

今回のキャンペーンはお悩み限定なので該当しない方には、ごめんなさい。

ただ、最近、カウンセリングでとても増えているお悩みです。

暴力や酒癖が悪いとか、浮気とか、そういうことではないので

なかなか周囲の人にツラさをわかってもらえずに困っていらっしゃる方、

思った以上に多いなと感じていました。

100%該当しないけれどいくつかは思い当たる・・・

という方も、ぜひお申し込みいただければと思います。

お申し込みは来週月曜日、10日からです。

もうしばらく、お待ちくださいね^^

キャンペーンに関するお問い合わせはこちらからどうぞ。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「私が一方的に悪いという雰囲気が無くなったのでほっとしています」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「夫とセックスしたくない」という気持ちが生まれて

セックスを拒否するようになったとき、

したくなくなった妻が一方的に悪者になってしまうことが多いです。

というか、ほとんどの場合、最初はそうなります。

拒否される夫が被害者、

拒否して夫を傷つける妻は加害者。

そういう関係性ができるんですね。

セックスを求められることでこんなに苦しくてつらい思いをしているのに

さらに加害者だと責められ、自分でも自分を責めずにいられない。

解決が「自分がガマンすること」というのは絶望でしかありません。

このままの状況でいるのも地獄、解決するのも地獄。

でも、そうではない解決方法があるんです。

東京の対面カウンセリングでいただいた感想をご紹介しますね。

先日はありがとうございました。

真っ暗闇の中で方向性を完全に失っている状態で伺って、

一時間半のカウンセリングでそこからスッと引き出していただいたような感じがしています。

早速、夫と話し合いをしました。

先生に言われた通りに、淡々と事実を述べました。

結果、私が一方的に悪者ではなく、イーブンな感じになりました!

話し合いの時は、「それでは先がないから、調停に持っていこう」ということを言われました。

でもそのあと、普通に会話できるまでになっています。

夫は家庭に未練があるらしく、離婚を迷う様子を見せてきています。

まだ、どうなるかわかりませんが、
 
私が一方的に悪いという雰囲気が無くなったのでほっとしています。

ありがとうございました。

(Kさん)

妻を加害者にして夫が被害者のままでい続けるのは

実は夫にとってもつらいことです。

だって、妻がなんとかしてくれるまで、ずーっと待ってなくちゃいけないから。

でも、本当はそもそもの被害者、加害者の位置づけが違うんですよね。

妻のわがままでこうなったのではなく

二人でこの状態をつくったのだということ。

だから、夫も待っているだけではなく二人でこの状態を変えることができるんです。

夫は被害者ではなく、妻も加害者ではなく、

「イーブンの関係」であることを知ることは

妻だけでなく、夫にとってもラクになることであり

本当にお互いが納得できる解決へのスタートなんです。

でも、この「イーブンな関係」をつくるのが、自分だけではむずかしいんですよね。

罪悪感や夫への恐怖がブレーキになったり

なんて言っていいかわからない、言うタイミングはどうしたらいい?

などなど、いろんな気持ちや迷いが出てくると思います。

だからこそのカウンセリングです。

あなたも、加害者であることをやめて、フラットな関係をつくりませんか?

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「どこに地雷があるのだろう?」といつもビクビクしていました

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日は長崎の自宅でZOOMカウンセリングでした。

東京で対面カウンセリングの日程が合わない方は

ZOOMカウンセリングをぜひご利用くださいね^^

さて、クライアントさまの感想をご紹介させていただきます。

思えば今まで、夫の出方がわからないことがいつもネックでした。

自分と違い過ぎて

「どこに地雷があるのだろう?」

といつもビクビクしていたように思います。

モラハラ時の恐怖心等があって、なかなか自分の意志を伝えられず

結果それが違う形で(文句や嫌悪感)になって、伝わっていたのだと思います。

対策を始めて、相手を知ることがすごく大事だと実感しています。

自分では絶対に理解できないし、

未だにありえないと思う部分は多いですが、

苦しみは半減しています。

まだ将来はわからないですが、また1カ月色々試してみます。

ありがとうございました。良いお年を。

(Sさん)

 

Sさん、ありがとうございました^^

自分の理解を超えた夫の反応に、とまどってしまったり

傷ついてしまったり。

どんなにがんばっても、期待する反応が返ってこないとき

自分の無力感を感じてしまいます。

そのつらさを解決する一つが、相手の特性を知ること。

特性を知ることで、それを活かした対応策が取れるようになります。

そうすると、自分のストレスも減るし、相手もラクになるんですね^^

そんなちょっと変わった夫へのコミュニケーションにお悩みの方に向けたキャンペーンを行います。

長崎カウンセリングサロン「Le Port」のホームページ開設記念のキャンペーンです。

募集期間や金額など、詳細は明日の夜のメルマガでお知らせします。

ご登録してお待ちくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「来てよかった」と言っていただけること

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日は午前中、市ヶ谷サロンでカウンセリングの後、

そのまま羽田に向かい、長崎に戻ってきました。

飛行機を眺めながら、お昼は空港の売店で買ったサンドイッチをいただきました。

玉子サンドとチキンカツサンドが半分ずつ。

欲張りさんとしては、いろんなものをちょこちょこ食べられるのが嬉しいです^^

さて、今年の東京の対面カウンセリング、無事に終わりました。

「来てよかった・・・」と笑顔で帰っていただけること、

それが私にとっても、すごく嬉しくて、幸せです。

次回の東京での対面カウンセリングは1月下旬の予定です。

すでにご予約の日程が埋まってきています。

ご希望の方はお知らせいただければ、先に日程をご連絡しますね。

こちらからお知らせください。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

日常