性的な嫌悪感を持つ私でも、結婚して子どもを持てるようになりますか?

こんにちは。松尾 聡子です。

性的な嫌悪感が原因で、結婚に不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

今日は、そんな方のお悩みをシェアさせていただきますね。

2年前に離婚しました。

原因は、私が夫との夫婦生活を拒否してしまったことです。

もともとセックスがあまり好きではなかったんです。

特にトラウマとかはないんですが、気持ち悪いって思っちゃうんです。

結婚前に付き合っていた人とも、それが原因で別れました。

元夫はとてもやさしくて、私も大好きだったのに、どうしてもセックスだけはイヤで、最後は冷え切った関係になってしまいました。

まだ32歳だし、これから一人で生きていくのは寂しいです。

子どもも欲しいし、幸せな家庭がほしいです。

親も結婚相談所への登録を勧めてきます。

でも、また同じようになったらどうしようって考えると、不安です。

こんな私でも、結婚して子どもが持てるようになりますか?

 
理由のわからない性的な嫌悪感で、男性との関係がなかなかうまくいかない。

また次も同じようになったらどうしよう・・・

そう考えると、不安になってしまいますよね。

こういう場合、2つの面から考えていきましょう。

まず、嫌悪感の原因には、意識的に理解できていることと、無意識のうちに嫌悪感を持っていることがあります。

無意識に持っている嫌悪感には、とても小さな嫌悪感の積み重ねということもあるし

記憶にフタをしてしまって、思い出せなくなっているものもあるかもしれません。

そういう場合は、無意識にアクセスしてコミュニケーションを取るカウンセリングを行います。

ふだんは忘れているような、気にとめることもない、そういった気持ちや感情を癒すことができると、嫌悪感がすぅっと薄らぐことがあります。

あ、思い出したくないことは、思い出さなくても大丈夫です。

せっかくフタをして忘れていたイヤな記憶に、また苦しむことはありません。

もう1つは、パートナーとの関係性です。

うまくいかない原因は、性的な嫌悪感が大きいかもしれません。

でも、もしかしたら男性とのコミュニケーションにおいて、うまくいかなくなるようなパターンができているのかもしれません。

そのパターンを変えることによって、嫌悪感があったとしても、それを二人の問題として一緒に解決していく関係性になれることもあります。

また、コミュニケーションのパターンはいろんな人間関係に共通しています。

だから、パートナー以外の人との人間関係も、自然と改善することが多いんです。

あなたが望むならば、結婚も子どもも手に入れることができて、さらに心地よい人間関係の中で生きていくこともできますよ^^

あきらめる前に、まずはお話にいらっしゃいませんか?

コメントを残す