「夫に松尾さんのメルマガを見せてもいいですか?」

こんにちは。松尾 聡子です。

メルマガの読者さまから

「夫に松尾さんのメルマガを見せてもいいですか?」

という質問をときどきいただきます。

メルマガに登録していただいてから最初の2日間に届くメールは、私の体験をつづったものなんです。


「自分のことが書いてあるみたいで、涙が止まりませんでした」

「私の気持ちを代弁してもらった気がします」

という感想をたくさんいただいています^^

旦那さまの立場の方からも

「妻がどんな思いでいるのか、わかりました」

「これから、2人で解決に向けて取り組もうと思えるようになりました」

という声をいただいてます。

夫は妻の「したくない」が理解できない。

妻も、自分の気持ちを上手に伝えられない。

ご夫婦だけで話し合いをしていても、結局はいつも堂々巡りになってしまう。

そんなときに、夫婦以外の第三者の言葉は、旦那さまも冷静に聞けるかもしれませんね^^

ただ、どんなときでも、見せるとわかってくれる!とは言えないと思っています。

たとえば、旦那さまが妻のしたくない気持ちを「理解できない」というのではなく

「理解したくない」というときには、ちょっと難しいかもしれません。

そこには、理解することを拒否する、強い意図があるからです。

そうなると、たとえ妻がどんなに苦しんでいても、たとえFSD(女性性機能障害)というものであっても、受け入れるのは難しいんですね。

「だからなに?」

「オレだってこんなに傷ついているのに」

という怒りや

「それを受け入れると、自分の怒りやつらさはそのままになってしまう」

という恐れが、理解することを全力で阻止してしまうんです。

だから、タイミングがとても大事です。

もし、旦那さまが「理解したくない」の気持ちが強かったら、まず、そこが「理解したいけど、今はできない」くらいになるといいですね。

旦那さまの気持ちは、妻からのコミュニケーションのアプローチを変えることで変えることができます。

旦那さまの気持ちに変化を起こすコミュニケーション、一緒に考えてみませんか?

コメントを残す




CAPTCHA