自分で自分にダメ出ししちゃうこと、ありませんか?

こんにちは。松尾 聡子です。

さて、みなさんは自分で自分にダメ出ししちゃうことってありませんか?

「私もみんなの輪に入りたいけど、でも、どうせ私なんか受け入れてもらえないだろうな」

「もう疲れた!休みたいけど、こんな私は休んでるヒマなんてない。もっとがんばらなくちゃ」

「私も働きたい。でも、どうせ夫はダメって言うだろうな」

何かしたいな、こうなりたいな、と、ふと思ったときに聞こえてくるダメ出しの声。

これは、論理的な左脳の意見です。

きっと、今までの経験を分析して、意見してくれているんですね。

うまくいかなかったとき、拒否されたときに傷つかないように。

あなたを守ってくれるものです。

でも、そのままだと何も変わらないし、先に進めない。

本当は、もう一歩先に進みたいのに。

そんなときは、ちょっと左脳にお休みしていただくこともできます。

そうすると、左脳の働きに押されていた右脳が働き出します。

右脳が働き出すと、無意識の中にしまわれていた、ふだんは忘れていた記憶や感覚が思い出されてきます。

意識で行っていた「そんなのダメ!無理!」という決めつけがゆるむんですね。

すると不思議なことに、意識で考えていたときには出てこなかった、いろんな選択肢やアイディアが生まれてくるんです。

とても自由な心地よい状態です。

これが、いわゆる「催眠」と言われる状態なんですね。

催眠と言うと、人を操ったり、意識がなくなったりする、なんだか怖いものというイメージを持つ方もいらっしゃいます^^;

でも、上手に使うことで、「無理なく自然に」可能性を広げたり、新しい選択肢を見出したりできるんです。


自分のダメ出しや堂々巡りの考えから、一歩先に進みませんか?

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

コメントを残す