「やめたいけれど、やめられない」こと、ありますか?

こんにちは。松尾 聡子です。

やめたいけれど、やめられないことって、ありませんか?

「寝る前のアイスクリームがやめられない」

というかわいいお悩みから

「パチンコがやめられない」

「お酒がやめられない」

という依存症的な「やめられない」というもの、

「夫への冷たい口調がやめられない」

というコミュニケーションに影響してしまう「やめられない」もあります。

「やめられない」ということは「悪いこと」と思われてしまいますよね。

でも、本当は「やめられないこと」にこそ、とても大切な意味があるんです。

たとえば、「寝る前のアイスクリームがやめられない」と悩んでいた方が持っていた「やめられない」気持ちの奥にあったもの。

それは「1人の時間の物足りなさ、さみしさを埋めたい」というものでした。

意識で、どんなに「寝る前のアイスクリームは太るからダメ!」と思っていても

無意識で「アイスを口にすることで、さみしさが癒される」と思っていたら。

アイスをやめるのは、残念ながらとっても困難です。

意識と無意識の比率は「1:9」と言われています。


だから、意識はあっけなく負けてしまうんですね^^;

さて、あなたの「やめられない」は何でしょうか?

「夫にやさしくしたいのに、冷たくするのをやめられない」

そこには、何か大切な意味があるはずです。

その意味を見つけて、他の方法で目的を満たすことができれば、意外と簡単に「やめられない」ことを「やめる」ことができます。


あなたの心の奥にある「やめられない」の本当の意味、一緒に見つけてみませんか?

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

コメントを残す