家族が不機嫌なのは、私のせい?

こんにちは。松尾 聡子です。

昨夜はよく眠れましたか?

関東は低気圧が近づいているせいか、湿気が高くて寝苦しい夜でした。

ムシムシして暑くて目が覚めて、扇風機をつけると今度は寒くなって、また目が覚めて・・・の繰り返し。

朝、起きたときはなんとなく身体がだるく、頭も重たくてどんより(>_<)

だるだるな気分でお弁当や朝食の用意をしたのですが、起きてきた家族もまたみんな不機嫌そうです。

ただでさえどんよりした気分なのに、ますます憂鬱になっちゃいますよね。

でも、私がよく眠れなかったように、きっと家族もぐっすり眠れずに、頭も身体もだるだるだったのでしょう。

みんなが不機嫌なのは、お天気と気温と湿度のせいです。

お互いの不機嫌な顔や声や態度は気にせず、「はいはい、さっさとみんなお出かけしてください!」と送り出すしかありません^^

でも、思い出しました。

以前は「家族が不機嫌なのは、私が何か悪いことしたのかな」と思っていました。

そこで、家族がご機嫌になるようにしつこく声がけをしたり。

逆に、機嫌が悪いことを責めるようなことを言ったりしていました。

もちろん、自分の態度や口調が相手の機嫌を悪くすることもあります。


でも、いつもいつも、必ず、自分が悪いわけではありません。

今日みたいに、お天気や湿度のせいかもしれない。

旦那さまの機嫌が悪いのは、会社で憂鬱な会議があるからかもしれない。

子どもがイライラしているのは、友だちとケンカしちゃったのかもしれない。

ちょっと視点を変えてみると、自分を責めなくても大丈夫なときもあります。

それに気づくと、相手に対して、しつこく声がけしたり、責めたりすることではない、別の働きかけができるかもしれません。

視点を変えるコツも身に付けられるカウンセリングは、こちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

コメントを残す