人間関係で悩んでいる人のための魔法の言葉

こんにちは。松尾 聡子です。

カウンセラーのお仕事をしていると、いろいろなお悩みをうかがう機会があります。

私の場合は特に夫婦関係ですが、他にも親子関係、恋愛、職場の人間関係、介護、健康問題、進路・・・

いろんな悩みがありますが、やはり人間関係のお悩みが多いです。

さて、悩みをお持ちの方について私が感じることがあります。

「悩んでいる方は、自分より相手を優先できる方が多い」ということです。

相手の気持ちや立場を大切に考えることができる方が多いんです。

相手のことを大切に思うあまり、自分の気持ちを抑えてしまう。

そのために、自分の気持ちと行動にズレが生まれ、自分の気持ちが望まない状況ができてしまい、悩みになってしまうんですね。

相手も同じように周りの人のことを考える人であれば、それほどつらい状況にはならないでしょう。

でも、相手が「自分が第一、自分が最優先」というタイプだと、片方はひたすら我慢するばかりでつらくなってしまいます。

たとえば、夫婦間のモラハラも、このような「片方は自分優先、もう片方は相手優先」という関係から生まれるのかもしれません。

では、相手のことを優先して考えるタイプの方が悩みを解決するためには、どうしたらいいでしょう?

いきなり「じゃあ、相手に負けずに自分優先にする!」というのは、無理ですし、そんなことしたくはないですよね^^;

そんなときは、相手のことを考えた後でいいので、こんなふうに自分に聞いてみてください。

「それで、私はどうしたい?」

「ところで、今、私はどう思ってる?」

その瞬間、相手の立場からの視点が、自分の立場からの視点に切り替わります。

「いいよ~」とやっていることが、もしかしたら心の中では「イヤだ、こんなことしたくない」と言っているかもしれません。

でも、それを相手に言えなかったら、言わなくてもいいんです。

まずは、自分の立場から周りを見て、自分の立場で自分の気持ちを感じること。

それを、何度も練習してみてくださいね。

自分の気持ちを大事にできるようになれたら、自然と次のステップに進めるようになります。

早く、確実にそのステップに進みたい方は、こちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

コメントを残す