「憎むより許す方が楽になる」と言われても・・・

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日は「許すこと」についてお話したいと思います。

誰かを許せないという気持ちが心の中にあるとつらいですよね。

「許せない」があると何かのきっかけで

恨みや憎しみがぶわーっと湧き上がってきたりします。

強烈な負のエネルギーに自分の心が巻き込まれてしまうんです。

さらに「まだ許せてない自分」を責める気持ちが加わると

相手も許せないし、自分も許せないし、という

許せない気持ちに翻弄されてしまいます。

よく「憎むより許す方が楽になる」と言われますが、それは結果論です。

自分が相手への憎しみを手放せてとらわれなくなったことが

結果的に「許す」状態になって楽になるわけですね。

だから「楽になるために許す」というのは順序が逆なので

無理して許そうとしてもなかなか許す気持ちにはなれないものです。

そして、私たちが持つどんな感情にも大事な理由があります。

それは「肯定的な意図」と呼ぶものですが

「許せない」気持ちにも「肯定的な意図」があります。

だから、その大事な理由を解決することなく

「許せない」をないものにしようとしても、無意識が抵抗しちゃうんですね。

そして、許せないの意図について、多くの場合が

「自分自身を傷つけられたこと」

「自分の大事な存在を傷つけられたこと」です。

許せない気持ちを大事に受け取ることは

自分自身を大事にすることなんです。

「許せない」という気持ちが「どうしてほしいのか」「どうしてほしかったのか」

まずはそこにきちんと耳を傾けることが

結果的に、無理やりではない「許し」につながります。

「誰かを許せなくてつらい」

「いつまでも許せない自分が許せなくてつらい」

そこにある無意識の「肯定的な意図」は、こちらで一緒に見つけられます。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す