レスの悩みを解決するための大前提とは?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日、メルマガの読者さまから、こんなメールをいただきました。

メルマガの言葉からたくさん勇気をもらい、

したくないと伝えていいんだと思えたことから

レス解消に至りました

 

私のメルマガが問題解決のお役に立てたこと、とっても嬉しいです^^

そんなメルマガはこちらです。

さて、こんな風に、断ることによってレス解消につながることもあれば

夫が落ち込んだり、すねたり、逆ギレしたり・・・

と、さまざまな反応をすることがあります。

でも、夫がどんな反応をするにしても

ちゃんと筋の通った「断り方」をすることによって

最終的には、ほとんどの方が妻の「したくない」の気持ちを納得してくれます。

ただ、断って終わりだと、「したくない」までになった夫婦関係の原因が、そのまま、置き去りになっちゃいます。

セックスする、しない、の争いの後ろに隠れていたけれど

やっと明らかになったその根本の問題を解決することが大事です。

そして、それを解決するために共通する大前提は

「セックスは愛の証」という考えを夫婦の間からなくすこと。

実は、この「セックス=愛の証」が、夫も妻も苦しめているんです。

夫は、「セックスしたくないのはオレのことを愛してないからだ」という思いで苦しみ、

妻は、断るたびに「愛していない」と告げていることに大きな罪悪感を持ちます。

でも、本当に愛に満ちた結果のセックスという行為ならば

相手が嫌がることはしないし

嫌なことは嫌だと言っても相手が不安になったり、相手に嫌われることもないはずです。

本当にお互いを信頼し、大事に思っている関係があってこそ

セックスでさらに愛を確かめあえるんですね。

もともとの思いやりや信頼がないのに、セックスだけで愛情を確認しようとすると

それこそ「セックスを断られること=愛がない」

になっちゃうんです。

そして、お互いの愛情や信頼より

「セックスをするかしないか」が、問題の中心になっちゃうんですね。

断ることができるようになって、安心して夫と一緒に過ごせるようになったら

次は、セックスに頼らずに本当の愛情と信頼を育てること。

そうすると、セックスしなくても夫は安心できるようになります。

「いやいや、そんなことないし!」

「セックスしないとイヤだし!」

と、大憤慨している男性もいらっしゃるかもしれませんが^^;

セックスに頼らない愛情を知ることで

きっとその想いは変わるし、何よりも、夫自身の心がラクになります。

セックスに頼らない愛情を育てる、それをやっていくプログラムです。

「えー、信じられない」

「言ってることが、よくわかんない」

という方は、ぜひ事前相談にいらしてください。

9日(火)20時から、こちらのメルマガで事前相談の申し込みを開始します。

ご登録してお待ちくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す