恋愛は感性を磨くもの、結婚は忍耐を学ぶもの?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日、クライアントさまから

「恋愛は感性を磨くもの、結婚は忍耐を学ぶもの」

という言葉があることを教えていただきました。

ある有名な方がおっしゃっているそうなので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

そして、クライアントさまはその言葉を聞いて

「結婚は忍耐だ」と、ずーっと自分に言い聞かせていたそうです。

「ガマンはイヤの気持ちを育てます」

と、私はよくセックスレスのお話でお伝えしてますが

これは別に「セックスしたくない」の問題だけでなく、すべてにおいて言えると思っています。

そもそも、忍耐の結婚生活って、楽しくないですよね。

そして、自分にガマンをさせて

「忍耐、忍耐・・・」と言い聞かせないとやっていけない相手のことを愛せるわけがないです。

不満をやり過ごすことで、なんとか暮らしていくことはできるけど

その不満を解決することにはなりません。

ガマンや忍耐を生み出している不満や不安、怒り、

そういう自分の中の大事な気持ちにフタをするだけです。

フタをし続けるとどうなるかは、

たとえば「セックスしたくない」の気持ちをガマンし続けるとどうなるか、ということでわかります。

どんどんセックスへの嫌悪が大きくなるばかりですよね^^;

「ガマンして応じているうちに夫のことやセックスが大好きになりました!」

なんて、聞いたことがありません。

それどころか、夫自身や男性全般への嫌悪が生まれてしまったり

夫との生活が不安でビクビクしたものになってしまいます。

忍耐やガマンは「自分を大事にしていない」という自己否定の信念を積み重ねます。

そして、忍耐やガマンは自分の心を押さえつけるために大きなエネルギーを使っています。

その大きなエネルギーと時間を違うことに使いませんか?

たとえば、自分の心を大事にすることに。

そして、夫婦の関係をこれから先もずっと大切にしていくことに。

忍耐、忍耐と言い聞かせながら毎日をやり過ごして、

表面だけうまく取り繕う関係をこの先ずっと続けることもできるし

あなたの不満や不安が教えてくれるサインを、ちゃんとキャッチして

今、起きている問題を解決してもっと仲良しの夫婦になることもできます。

ちなみに、「恋愛は感性、結婚は忍耐」という言葉を教えてくださったクライアントさまは

もちろん、忍耐をやめました^^

そして、違うことにエネルギーを使った結果「日々、成果が出るのが楽しい♪」とおっしゃっています。

忍耐の力を育てるのではなく、幸せになる力を育てませんか?

4月9日(火)20時に

こちらから事前相談のお申し込みを開始します。

ご登録してお待ちくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す