夫は相変わらずマイルールの中で暮らしていますが、家庭の雰囲気が明るくなりました

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「夫とセックスしたくない」のお悩みを解決する
「プラトニック・パートナーシップ6ヵ月プログラム」

実は、このプログラムを受けてくださった方に

途中からアスペルガー対策をプラスすることが多くなりました。

「セックスしたくない」と思うほど気持ちが離れてしまった原因に

夫のアスペルガーゆえの言動に妻がとても傷ついてきたことが大きかったからです。

そして、今後も遭遇することになる夫の共感性のない言葉や態度に

これ以上傷つかないマインドと傷つけられない対策が

セックスする・しない以前に何よりも大事だったんです。

実際に、昨年受けていただいたクライアントさまの感想をご紹介しますね。

【カウンセリングを受ける前は、どんなことにお悩みでしたか?】

夫に頼れない、相談できない、信頼できない。

家事も育児も孤軍奮闘。

一緒にいるのに気持ちを共有できなくなってしまったこと。

【プログラムを申し込む決め手になったのは、なんでしたか?】

一緒にいるのが辛いので、「離婚」を考えたけど、

何かできることがあれば、最後に試してみようと思ったから。

「離婚」まではいかなくても「別居」を考えていたとき、

東京と長崎で生活を始めるとメルマガで読んで、

松尾さんに相談してみようと思いました。


【カウンセリングを受けて、どんな成果がありましたか?】

自分のコミュニケーションの仕方を変えるのはとても苦しかったけど、

まず、職場や子供の反応が変わってきました。

職場では苦手な人と円滑に業務を進められるようになり、

苦手な人と話すことにストレスをあまり感じなくなりました。

子供は自分の気持ちに寄り添ってくれるママがますます大好きに。

子供がママばかりになつくのを見てか、

夫の反応も徐々に変わってきました。

私のコミュニケーションの仕方を真似して、子供に話しかけると、

子供は笑顔で返事をしてくれることに気づいたようです。

家事や育児の分担はカウンセリング前とほとんど変わらないし、

夫は相変わらずマイルールの中で暮らしていますが、

家庭の雰囲気が明るくなりました。


【カウンセリングの感想をお聞かせください】

夫がアスペルガー気質かもと新しい発見があったことが大きかったです。

私は夫に「わかってほしい」「気づいてほしい」気持ちが強かったけれど、

夫には無理なんだと納得して諦め、

その上で私が思う幸せに向かって、気持ちを切り替えることができたのがよかったです。

まだ時間や自分の心に余裕が無いときは、

夫に共感してほしい気持ちがむくむくと現れて、孤独な気分になる時もあるけれど、

自分の心のバランスを保てる方法をいくつか見つけました。

まだまだできることがありそうです。

漠然と「離婚することになるかもしれない」と心のどこかで思っていたのに、

今は「このままでもまぁいいか~」と思えるようになりました。

そんな変化を感じてか、娘は

「前はパパとママが嫌いあってて嫌だったけど、今はそんなことがなくてよかった~」

と話してくれました。

娘の笑顔が守れて嬉しいです。

(Hさん)

 

アスペルガーは夫なのに、どうして私がコミュニケーションを変えないといけないんだろう。

きっとHさんもそんな理不尽な思いを感じたこともあったと思います。

それでも、夫との関係のために始めたコミュニケーションの変化が

まず、職場や子育ての面の幸せを実現してくれて

そして、結果的に夫の変化を引き出したんですね。

それも、夫が勝手にマネし始めたというのがすごいです^^

アスペルガーの人は自分がちゃんと論理的に納得できると素直にそれを行うことができるんですね。

基本的に能力が高い方が多いので、その気になればモノにするのも早いです。


そして、あなたはどんな夫婦になりたいですか?

思い描いていた夫婦にはなれないかもしれないけれど

夫がアスペルガーだからこその

あなたたちだけの夫婦の形をつくることはできます。

それで、夫もお子さんも何よりも自分自身が笑顔でいられれば、それが一番幸せだと、私は思います。

どうぞあなたもHさんのような体験をしてくださいね。

まずはこちらでお話しましょう。

「アスペルガーの夫と仲良く暮らせるようになる」プログラムは

こちらです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す