願いを叶える言葉のポイント②

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

昨日のブログで、願いを叶えるための言葉の使い方のポイントをお伝えしました。

今日はもう1つのポイントをお伝えします。

それは「否定形をつかわないこと」です。

脳は、否定形も認識できないんです。

たとえば、自由にパンダを想像してみてください。

あ、ただし、ピンクのパンダだけは、想像しないでくださいね^^

と言うと、一瞬、ピンクのパンダを想像しませんでしたか?

この時、脳は

「ピンクのパンダを想像する→ピンクのパンダを打ち消す」

という作業をしているんですね。

でも、最初に浮かんだことって、けっこうインパクトがあるものです。

だから、脳のカーナビは、ピンクのパンダイメージに引きずられてしまうんです。

たとえば「夫への冷たい態度をやめたい」という言葉だと

脳は最初に「夫に冷たい態度を取っている自分」をイメージします。

なので、これは

「私は、夫に対して穏やかな気持ちで笑顔で接している」

という感じに変えるとバッチリです。

こんな感じで、今年の目標をぜひ設定してみてくださいね。

そして、来年の今ごろはどうなっているでしょう?

私も、どうなっているかなーと楽しみに手帳を眺めています。

新しいお知らせはこちらからご報告します^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す