「クリスマスだから、しよう」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

クリスマス、お正月と、イベントごとが続く時期ですね。

クライアントさまには「そういう時期が憂鬱」という方も多いです。

「クリスマスだから、しよう」というわけではないでしょうが

クリスマスということで、家族でいい感じに楽しい雰囲気になり、その流れで誘われる、という心配があるからです。

夫の方からしてみたら、

楽しいクリスマスの最後は、愛する妻とセックスすることで、身も心も満たされ、完璧!

という感じかもしれません。

そんなふうに「お互いに」思えたら、それはとても幸せなことですね。

ここでのポイントは「身も心も満たされる」ということです。

夫も「単にセックスできて、性欲が満たされれればいい」と思っているはずではないと思います。

セックスをすることで、身体だけでなく、心も満たされたい。

というか、心が満たされるためにも、セックスをしたい。

そう思っている方が多いです。

でも、妻もそれを望んでいない限り、一時的に性欲が解消するだけで、

夫の気持ちがセックスで満たされることはありません。

心が「お互いに」求めているわけではないとわかっているからです。

その中でも、唯一満足できることがあれば

「妻は、自分のためにイヤなことをガマンしてくれた」

という満足だけです。

でも、果たしてそれが、夫の求めている満足なのかどうか、ということですね。

そんなセックスから得られるものは

夫には「無理強いしてしまった」「ガマンさせた」という自己嫌悪と

自分にそんな思いをさせる妻への怒り。

妻は「気持ち悪い」「もうイヤだ」という夫への嫌悪と

こんなことがこれからも続くだろうという自分の人生への失望です。

それをどんどん積み重ねるのは、もうおしまいにしませんか?

そのためには、「本当にしたくないんだ」ということを、

誠意をもって、心から伝えることが大事です。

それでも、性欲がどうとか

夫婦だからするべきだ、とかいうのならば

残念ながら、あなたの夫は「今は」あなたの心よりも

自分の性欲や、世間で語られる夫婦像が大事なのかもしれませんね。

でも、「今は」そうかもしれないけれど、これから変わってくれるかもしれません。

それには、やっぱり「誠意をもって、心から伝え続ける」ことが大事なんです。

伝えること、伝えるために必要な自分の軸を持つこと、

それをサポートする継続プログラムを作っています。

完成したら、こちらからお知らせします。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す