相手の顔色をうかがうことに疲れてしまう時

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

別に何も悪いことしてないのに、なぜか冷たい態度や言い方をされる。

そんなこと、ありませんか?

昨日はすごく機嫌が良くて、一緒に楽しく過ごせたのに

なぜか今日はイライラされて、イヤな言い方をされて

私が何かやっちゃったのかな、と不安になる・・・

こういうことが続くと、その人と会う時はいつも

「今日はご機嫌はどうなんだろう」

「不機嫌にさせないように、ヘマしないようにしないと・・・」

と、ビクビクして、相手の顔色を伺うようになってしまいます。

相手のイヤな態度や対応に傷つかないように、防衛しようとするんですね。

こういう関係は、モラハラやパワハラを生みやすいです。

そこまでいかなくても、友だちや家族の間でも起こりやすいんですね。

そこで、ちょっと考えてみましょう。

「別に何も悪いことしてない」のに、相手が不機嫌なのは、相手の問題です。

相手が自分で解決するべき問題を抱えている、というだけのことです。

あなたか、相手の不機嫌の解決を引き受ける必要はないんです。

もし、もしも、何かしらあなたに不機嫌の原因があったとしても

それならば、その不機嫌の原因を解決するために、

相手はあなたに対する不満や要望をちゃんと伝える責任があります。

誰かの不機嫌は、その人の責任です。

同じく、あなたの不機嫌もあなたの責任です。

自分の不機嫌や不満、不安は、誰かに解決してもらうのではなく

自分でちゃんと解決するということが

本当の意味での大人の「自立」ということになります。

相手の問題と自分の問題を、きちんと線引きすると

それだけで、悩みはずいぶんとラクになりますよ^^

心をラクにするカウンセリングやセミナーの情報は、こちらからいち早くお知らせしています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す