性欲を高める健康食品やお薬は効く?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「プラトニック・パートナーシッププログラム」

無料の事前相談のお申し込みは

8月24日(金)で締め切ります。

ご検討中の方は、お早めに^^

事前相談の日程は9月に入ってからでも大丈夫です。

東京での対面での事前相談をご希望の方は

26日(日)は13時まで、

27日(月)は午前、午後とも大丈夫です。

お申し込みはこちらからお待ちしています^^

* * * * *

さて、最近「夫から健康食品や薬を勧められている」という話もよく聞きます。

性欲を高める効果があるという健康食品や漢方薬、お薬などがあるようです。

「セックスする気がない妻になんとか性欲を取り戻して欲しい」

という夫に対し

妻の方は「別に性欲の問題じゃないし」「性欲を取り戻したいなんて思ってないし」

と思っていることが多いです。

でも、それを飲まないと、ますます夫の機嫌が悪くなって責められるので

自分が飲むことで夫が納得するのなら、としょうがなく飲んでいるのが実情です。

これも、ぶっちゃけて言うと

効果が実証されてなくて、害があるかもしれないものを

そして、何よりも「本人が望まないもの」を心理的に追い詰めて摂取させることは

ある意味、立派なモラハラ、虐待です。

と言いつつ、私も当時は夫に連れられて漢方薬の専門店に行き

よくわからない漢方薬を処方されて、飲んでました^^;

漢方薬の先生は、私の話を聞いてかわいそうに思ってくれたのでしょう。

夫に「とりあえず、3ヶ月飲んでみて。それまでは無理強いしないようにね」

と言ってくれました。

第三者が夫に話してくれたことでちょっとホッとしましたが

それでも夫が「できない私が悪い」と思っていることには変わりがなく

いつガマンの限界が来て爆発するのか、という

誘われなくなる代わりに、今度は新たな不安が出てきました。

漢方薬に限らず、どんなお薬にも「プラシーボ効果」というものがあります。

普通のグリーンの粉を「すごく良く効く胃薬」だよ、と言われて飲むと胃の痛みが治まる、

という心理的な効果のことです。

飲む方が、これで効くんだ!と思えば効果は高まるし

逆に、効果を信じていなかったり効果が出ないことを期待していると

どんなにすばらしいお薬でも効果が出ないことがあります。

私も、こんなものでこの気持ちが解決するわけがない、という思いと

漢方薬を飲むことでセックスできるようになるのはイヤだと思っていたため

漢方薬の効き目はまったくありませんでした。

今になって、当時の自分を振り返って思うのは

そもそもの問題が性欲が戻れば解決するものではない、ということを

私が自分でもわかっていなかったこと。

そして、性欲が持てないこと、セックスしたくないという気持ちを持つことは悪いことだと夫も私も思っていたので

その罪悪感から、「そんな薬飲みたくない」と言えず

心の中で猛反発しながらも、なんとかその場をうまくやり過ごすために

自分の怒りや理不尽さを押さえ込んで飲み続けていたことが、結果的には、

「そんな薬を飲まされた」という夫への怒りの気持ち、

自分で自分を守れずにイヤなものを飲まされた自分の無力感、

そういった負の感情をどんどん積み重なっていったのだと思います。

毎日、夫に責められたりすねられたり

自分への罪悪感や、どうにもできない状況への無力感にとらわれると

とにかく、このつらい毎日をなんとかやり過ごすことができれば、と

それが人生の目的のようになってしまいます。

でも、本当の問題を棚上げして目先の問題をやり過ごすことを繰り返していると

結局は、ガマンや怒りを積み重ねることになってしまうんですね。

効かない薬を飲むことで一時的に夫は安心し、それと引き換えに自分の安全を手に入れる。

でも、その安全は永遠ではありません。

もしもできることならば、タイムマシンに乗って

あの頃の自分を助けに行ってあげたいです^^

その場しのぎの毎日からあなたの人生を取り戻しませんか?

事前相談のお申し込みは、明日24日(金)までです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す