夫を男性をして見ることができなくなった理由

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

プラトニック・パートナーシッププログラム

さっそく事前相談の申し込みをいただいています。

東京での対面での事前相談をご希望の方は

22日(水)~27日(月)でご都合のよい日時を申し込みフォームにご記入ください。

長崎での対面の事前相談をご希望の方は、

8月29日(水)以降が大丈夫です。

事前相談のお申し込みはこちらです。

* * * * *

さて、夫婦も共に過ごす時間が長くなると、だんだん家族のように思えてくることがあります。

「夫を男性をしてみることができない」

「家族のように思えて、セックスする気になれない」

こんなお悩みを持つ方も多いです。

夫は「オレは妻として、女性として愛している」と言ってくれるものの

妻は「夫というより、もう一人子どもがいる感じ」と思っていたり。

妻のそんな思いがまた夫の不満や不安につながるんですね。

結婚したときは、もちろん一人の男性として、夫になってほしいと思っていたはずです。

それが、いつの間にか家族のような存在に変わってしまった。

こういうとき、新鮮味やときめきがなくなったから、と言われることが多いです。

だから、時にはホテルなどに行って非日常を演出してみるとか

刺激的な下着をつけたり、オシャレしたり、などなど

性的な意識を高める工夫が必要、というアドバイスがよく聞かれます。

まあ、これはただのマンネリ夫婦だったら効果的かもしれません。

でも、本当に夫が家族のように思えてセックスできない人にとっては、とても無理な話です。

だって、自分のお父さんや息子の前でセクシーな下着を身に付けて見せるなんて

考えただけで、ぞわっとしませんか?

なので、よくネットなどで言われている「セクシー作戦」というのはこういう場合はあまり効かないんですね^^;

では、どうしたらいいのかというと

「関係性を変える」

ということです。

実は、夫を家族としか思えなくなった場合、夫婦が対等な大人の関係ではなく

「親子」の関係になっていることが多いです。

たとえば「母と息子」であったり「父と娘」であったりします。

だんだんと時間が経つにつれてそうなっていったり

もともとそういう関係性の素質があったのが強化されていった場合もあります。

心理的に「親子」になってしまうと、近親相姦的な気持ちになってしまい

セックスどころではなくなってしまうんです。

だから、こういう場合は「親子の関係性」を「対等な大人の関係性」に変えていくことが必要です。

カウンセリングは「対等な大人の関係」を取り戻すために

新しいコミュニケーションのパターンをつくる作戦会議の場でもあるんです^^

「夫を男として見られなくなった」ことも今の夫婦の関係性を変えるためのサインです。

無料の事前相談のお申し込みはこちらです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す