「夫のことは嫌いじゃないのにどうしてセックスできないんだろう」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

新しくなった「プラトニック・パートナーシップ6ヶ月プログラム」

ご覧になっていただけましたか?

「セックスしたくない」の気持ちが生まれる原因を「3つの側面」から見ていくのが特徴です。

3つの側面とは、1つめは「夫への愛情」

2つめは「性的なこと全般の嫌悪感」

3つめは「夫とのセックス」です。

実はこの3つの側面はきちんと別々に見ていくことが大事なのですが

悩みの渦中にいるとき、この3つの区別がちゃんとつけられないことがほとんどです。

たとえば、一番多いのが

「夫への愛情」と「夫とのセックス」を混同してしまうこと。

「愛がないとセックスできない」とよく言われます。

特に女性は、性欲だけのセックスより愛情を伴うセックスを望む方が多いですね。

だからこそ「セックスできないというのは愛がないんじゃないか」

と、拒否される夫は不安になってしまいます。

妻も「夫のことは嫌いじゃないのにどうしてセックスできないんだろう」

と、夫への愛情に自信を持てなくなります。

その不安が、さらに夫の不安をかき立てる・・・という悪循環につながるのです。

「夫への愛情=夫とのセックス」という大前提がこの不安を生み出すのですが、

実は夫への愛情はあるけれど「夫とのセックス」が嫌い、ということもあるんです。

たとえば

自分は全然したい気分じゃないのに誘われて、しぶしぶ応じること。

好きじゃない体位やプレイを要求されること。

痛みがあるのに、求められること。

疲れていて眠いのに断ると不機嫌になるのて我慢して応じること。

やる気がないのにするセックスは、めんどくさいし、疲れるだけで気持ちいいわけがありません。

特に痛みがあると、なおさらです。

夫は快感を得られるかもしれませんが、妻にとっては、ただの苦痛な時間です。

つまり、夫に求められるセックスは苦痛に耐える時間であり、

夫は「夫婦だから」「愛情だから」という言葉を使って妻に苦痛の時間を強いる存在なのです。

夫婦の間の「相手とのセックス」の意味合いがまるで違うということ、

これをお互いに理解することが一番大事です。

セックスできないことに罪悪感を持って、自分を責め続けていたかもしれません。

でも、自分を責める必要は、本当は全然なくて

逆に「今までいっぱいガマンして頑張ってきたんだね」って

自分を褒めてあげてくださいね。

「でも、夫が理解してくれないかも・・・」

「こんなこと言うと、夫は逆上するんじゃないか」 

そんな不安があるかもしれません。

でも、今までのコミュニケーションでは理解してくれなかったり、逆上したりしたかもしれませんが

そのパターンも変えることができます。

何がイヤなのか、本当の原因をちゃんと見つける。

自分を責めることがなくなり、言いたいことをちゃんと言えるようになる。

あなたにお伝えするのは、そんな継続プログラムです。

新しくなった継続プログラムは、無料の事前相談を受けていただいてからお申し込みしていただきます。

ご事前相談のお申し込みは、8月17日より、こちらのメルマガから開始します。

登録してお待ちくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す