口下手な夫に「労いの言葉を掛けて」というのはハードルが高過ぎましたね^ ^

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日のお茶会の感想をご紹介させていただきますね。

後半、早速お茶会で学んだことを実践した成果をご報告していただいてます。

夫の態度に不満や寂しさを感じている方に参考になると思います。

ぜひお読みになってくださいね。

【今日の感想をなんでも、ご自由にお願いします】

松尾さんの雰囲気がとても柔らかく、何か話すと、こちらを見てゆっくり聞いて下さるので、安心して話すことが出来ました。

子供達が夏休みで、毎日息つく間もない日々でしたので、

松尾さんのお茶会は、そんな私へのプレゼントになりました。

【一番よかったなあと思ったことを教えてください】

家に帰ってすぐ使えるコミュニケーションを教えて頂けたこと。

【後日談】

夫に労いの言葉が欲しいと伝えていましたが、なかなかそんな言葉はもらえずにいました。

松尾さんのお茶会に参加して、夫にとっては、妻に労いの言葉をかけるという行為は、

凄く苦手で勇気の要る行為なのかもしれないと気付きました。

夫のやりやすいやり方で私も満足出来る行為は何かな?

と考えた時に、ハイタッチを思い付きました。

もともと夫はスポーツをしてきた体育会系。

「お互い家事をした時はハイタッチし合うのはどう?」

と提案したら、ハイタッチは了解してくれて、

おとといからやっていて、夫も嬉しそうです。

ただでさえ口下手な夫に「労いの言葉を掛けて」というのは、ハードルが高過ぎましたね^ ^

松尾さんのお茶会で教えて頂いたお陰です(≧∀≦)

ありがとうございます!!

(Tさん)

 

さて、Tさんの「ハイタッチ作戦」いかがですか?

夫婦関係で相手に対して不満やストレスを感じる時は


自分が相手に「こうしてほしい」と思うことを相手がしてくれない時に起こります。

「どうしてやってくれないんだろう」という怒りだけではなく

自分のことを大事にしてくれていないような

心が通いあえないような

そんな寂しさも感じてしまうものです。

こういう場合、「こうしてほしい」という希望が相手にちゃんと伝わっていないことが多いです。

でも、Tさんの場合、それは伝えていたんですね。

ちゃんと伝えていたのに相手がそれをしてくれない時は

それは、相手にとって「できない」ことである可能性があります。

「相手ができないなら、しょうがない」と諦めることもできます。

でも、そうするとTさんの「ねぎらってほしい」という気持ちは置き去りになってしまいます。

どちらかが不満をガマンするのは心の健康上、あまり良くありません。

じゃあ、自分の希望を満たしながら夫ができる方法はないかな?

と考えた時に出てきた「ハイタッチ」

ステキですね!

これは、カウンセラーがアドバイスできることではありません。

Tさんご夫婦のこれまでのお二人の歴史、関係性から出てきた答えです。

うまくいかない時、不満が出てきた時、

それは、二人がより良い関係になるためのアイディアが生まれる時でもあります。

ちょっと視点を変えることでいくらでもアイディアは出てきますよ^^

視点を変えるアイディアはこちらも参考にしてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す