FSD(女性性機能障害)の身体的な治療方法

こんにちは。 松尾 聡子です。

身体的な原因でFSDになった場合の治療方法をご紹介します。

まず、原因となった病気に対する治療を行うことになりますね。

膀胱炎や排尿障害などの泌尿器科系の病気であれば、泌尿器科で治療を。

膣炎や子宮内膜症など婦人科系の病気であれば、婦人科や産婦人科で治療を受けることになります。

糖尿病や甲状腺ホルモンの異常などが原因の場合も、それぞれの疾病をあつかっている病院や診療科で治療を受けます。

また、うつ病の薬など、お薬の副作用が原因の場合もあります。

その場合は、症状などを考慮した上で薬の服用を中止したり、副作用の軽いものに変更することもあります。

女性ホルモンの変化や減少に対しては、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の補充や、男性ホルモンの「テストステロン」を使います。

ホルモン剤にも副作用があるので、いずれもきちんと病院で診察してもらって使用することをお勧めします。

その他、お薬では漢方薬も使われているようです。

行為に伴う痛みを軽くするためには、ゼリーなどの潤滑剤も利用されています。

FSDのためだけでなく、身体の具合が悪いところを治療するのは、心地よい暮らしをしていく上でも大切なことだと思います。

症状に合った病院で、納得のいく治療ができるといいですね。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

コメントを残す