「やらされてる感」を感じさせない上手なお手伝いの頼み方

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

この週末は三連休という方も多かったと思います。

いかがお過ごしでしたか?

三連休の後はもうすぐ夏休み。

家族が一緒に過ごす時間も増え、家事や育児も大変になっちゃいますね。

こんな時に、家族にお手伝いをお願いしたいけれど

イヤそうな顔をされたり不機嫌に手伝われたりすると、ますますストレスがたまっちゃう!

それなら、自分でやった方がいいや・・・

と、結局自分で抱え込んでしまい疲労困憊(>_<) という声もよくうかがいます。 上手に力を貸してもらえて、頼まれた方も快く応じてくれるといいですよね。

というわけで、今日は上手なお手伝いの頼み方をお伝えします。

たとえば、洗濯物をたたんでほしい時。

「洗濯物、たたんでよ!」

つい言っちゃうんですが、一方的に言われた感じです。

言われた方はやる気がなくなってしまうし、気持ち的に反発しちゃいます。

では、これはどうでしょう?

「洗濯物、たたんでくれる?」

ちょっと柔らかくなりました^^

先ほどの命令口調に比べると頼まれてる感じなので「やってもいいかなあ」と思えます。

ただ、やっぱりまだ自主的にやる、という感じではなく、頼まれたからやる、という認識です。

では、自主性を持ってもらえる言い方をお伝えしますね。

それは「洗濯物、たたむことはできる?」です。

「~できる?」と聞くと自分が「できるか、できないか」という答えを選ぶことになります。

できるか、できないか、を決めるのは自分です。

すると、「やらされてる感」がなくなるんですね。

自分で決めたことなので、自分で責任を持ってやる意識が生まれます。

ぜひ、お試しくださいね。

こんな知っておくと便利なコミュニケーションのコツをお伝えするミニレクチャー付きのお茶会。

7月18日(水)13時に福岡で行います。

詳細はこちらです。

お申し込みは今日までです

東京のお茶会は8月1日(水)に開催です。

お申し込みは、明日20時にメルマガで開始します。

参加したいな♪という方は、ご登録してお待ちくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す