無視・沈黙というコミュニケーション

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

不満を伝える手段として、沈黙したり、引きこもったりする方法があります。

相手にこうした態度を取られると、どうしていいかわからなくて困惑しちゃいますね。

ただ、そうする相手にも、そうせざるをえない理由があったのかもしれません。

例えば、今まで、何を言っても聞いてもらえなくて、あきらめてしまったり。

何か言うと、怒鳴られるので、自分の意見を言うのが怖くなったり。

あるいは、子どものときから「口答えするな!」と言われ続けていたり。

そんなつらい経験や傷ついた心が、沈黙や無視という手段を選ばせることもあります。

沈黙や無視も、一つのコミュニケーションの手段です。

そして、それは

「コミュニケーションを打ち切る」

という手段でもあります。

これ以上、傷つかないようにするための沈黙や無視という手段ですが、

実は、同じ家の中で、沈黙や無視の状態が続くというのは

考えている以上のストレスを、お互いの心に与えます。

そして、もし、お子さんがいらっしゃったら

お子さんは無意識のうちに「近しい人との関係」のモデルとして

沈黙や無視という手段を学んでしまう可能性が高いです。

せっかく与えられた自分の人生の時間を、ただやり過ごすだけではなくて

「自分のために」大事に過ごしていただきたいなと思います。

コミュニケーションの質問大歓迎!のお茶会、福岡のお申し込みはこちらです。

そして、8月1日(水)には東京でも開催します。

詳細は決まり次第、こちらからお知らせしますね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す