「呼吸法がちょっと苦手」という方のリラックス法は?

こんにちは。松尾 聡子です。

イライラとしたり、悲しくなったり、憂鬱になったり。

そんな時こそ、自分をリラックスさせることが大切です。

なぜかというと、リラックスすることでイライラ度や憂鬱度が上がらなくなるから。

さらには、思っていたほどイライラすることでもないかなあ、と冷静に見られるようになります。

そうすると、イライラした気持ちが小さくなることも^^

逆に、気持ちが緊張していると、イヤな気持ちや出来事に集中してしまって、さらにイライラ度や憂鬱度がアップしてしまいます。

ただでさえつらいのに、もっとつらくしちゃうのはイヤですよね(>_<)

そこで、すぐにできて効果的なリラックスの呼吸法を先日お伝えしました。

でも、それを使えない方もいらっしゃいます。

たとえば、ぜんそくをお持ちの方とか、気管支炎とか、風邪をひいているとか、呼吸器が調子の悪い方ですね。

大きく呼吸をしたり、リラックスによって呼吸器がゆるむことにより、逆に咳が出たり苦しくなったりすることがあります。

そういう方は、もちろん呼吸法は使わない方がいいです。

それよりも、自分がどんな時がリラックスして笑顔でいられるかなあ、と考えてみましょう。

たとえば、家でのんびりソファーに座ってお茶を飲んでいるとき。

お笑い番組を見ながら笑っているとき。

無心にお菓子の生地をコネコネしているとき。

自分が楽しくてリラックスしているときを思い出してみてくださいね。

そのとき、どんな表情をしているでしょうか。

そして、どんな気持ちになっていますか?

イライラしたり、憂鬱になったり、つらいな、と感じてしまったとき。

その時の状況、気持ちを、ちょっと目を閉じて思い出してみてください。

それだけでも、リラックスできるはずです。

カウンセリングでは、あなただけの「リラックススイッチ」を作ることもできますよ^^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

コメントを残す




CAPTCHA