過去のつらい経験や感情を癒す方法

こんにちは。松尾 聡子です。

昨日は「忘れていた大切な思い」を催眠で取り戻すお話をしました。

催眠療法では、「過去のつらい経験や感情を癒す」ということもできます。

たとえば、性的なトラウマが原因でセックスに対する嫌悪感を持っている場合です。

思い出したくないつらい経験や感情は、日常生活の中ではほとんど意識にのぼらないかもしれません。

常につらいことを思い出していると、とても精神が持たないからです。

だから、ふだんは無意識の中にしまわれています。

ただ、傷ついたままになっていると、傷ついた時の自分が

「まだ、つらいよ」

「ほんとは悲しいんだよ」

「そのことに気づいて」

と声をかけてくるときがあるんですね。

傷ついた時の自分を、しっかりと受け止めて癒してあげること。

それが、現在のあなたを苦しめている心のブレーキを外すことにつながります。

でも、その思いが無意識の奥に隠れていると、癒してあげたくてもコミュニケーションが取れないんですね。

そういうときに催眠を使うことで、無意識の奥に大切にしまわれている思いを癒してあげることができるのです。

だからといって、つらい経験や記憶を再体験することはありません。

無意識はとても賢いので「今はまだ思い出すのは無理」と思った出来事には、ちゃんとフタをしてくれています。

つらすぎる思い出には、無理に向き合わなくても大丈夫です。

一歩一歩、癒しのステップを重ねることで、いつの間にか大きなトラウマが癒されていることもあります。

催眠療法については、来週火曜日のメルマガで詳しくお伝えしますね。

登録してお待ちください^^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

コメントを残す




CAPTCHA