「わけもなく悲しくなってしまう」ときは・・・

こんにちは。松尾 聡子です。

先週は実家の用事をいろいろと片付けに、長崎に帰省していました。

長崎市の花、あじさいです。

普通に道端に咲いてます。

長崎空港で「トルコライスフェア」やってました。

チキン南蛮とハッシュドビールのトルコライスです。

最近、いろんなトルコライスが出てきましたが、

やっぱりオーソドックスなトルコライスが一番いいなと思いました^^;

さてさて、今回の帰省は

今度の初盆の手配や亡くなった父の書類関係の手続き、実家のリフォームの打ち合わせなど

短い日程の中でバタバタでした。

忙しいと身体も疲れてしまいますし

やることがたくさんあると、頭もパンパンになってしまいます。

そうなると、人って自動的にイライラしたり、

なんだか何もかもがイヤになってしまったり

自分だけが損している気持ちになったりしてしまいがちです。

そういう気持ちって、ほおっておくとぐるぐるぐるぐる・・・

どんどん大きくなってしまいます。

だから、そのぐるぐるを止めて、大きくしないことが大事です。

ちなみに、私は疲れて眠くなってしまうと、わけもなく悲しくなってしまうタイプです(>_<)

なので、疲れたなーと思ったときは、ちょっとの時間でも寝るようにしています。

電車の中で座れたときとか、

一人でデスクワークをしているときとか、

ほんとに5分とか10分ほどなんですけど、とてもラクになります。

基本的には、いつでもどこでも寝られるので^^

みなさんはいかがですか?

自分の気持ちが落ち込んでしまうような身体の状態は、どんなかな?というのが見つかると、

それを変えることで、気持ちの状態も変わります。

気持ちの状態が良くないときに考えることって、

どんなに考えても解決には結びつかないものです。

まずは、気持ちと身体の状態を元気にしましょうね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す




CAPTCHA