アダルトチルドレンが抱えるつらさとは

こんにちは。松尾 聡子です。

昨日のブログで「アダルトチルドレンとは」についてお伝えしました。

では、実際にアダルトチルドレンの方が抱えているつらさとは、どんなものなのでしょうか。

孤独感、虚無感、そして無力感。

そうした苦しい思いが心の中にいつもあるような

なんだか、心の大きな穴があいているように感じる方もいらっしゃいます。

たとえば、こんな思い、状態です。

・いつも人の顔色をうかがったり、気を使ってしまう

・人に合わせていないと、嫌われそうで怖い

・親しくしたいけれど、本当の自分を見せると嫌われそうな気がする

・何か良くないことがあると、自分のせいだと責任を感じる

・自分には何か欠けているものがある

・自分には存在価値がない

・自分は、人を不快にさせたり、怒らせたりする

・自分より弱い人に、ついつらく当たってしまう

・ときどき「消えてなくなりたい」と思うことがある

・人に拒絶されたり、否定されたりするのが怖い

・自分の言いたいことが言えない

・自分の感情がわからない

・相手との距離感がうまく取れなくて、人間関係が苦手

・幸せだと感じることに、罪悪感を覚える

・人に助けを求めることができない

自分のことが嫌い

 
誰しも、落ち込んでしまったり、元気がないときには、こんなふうに感じることもあると思います。

でも、常に心の奥にこんな思いがずーっとあって

それが生きづらさになっていたり、

自分が幸せになることを許せていなかったりすると


それは、自分だけじゃなく、自分の周りの大事な人にも影響してしまいます。

また、本当はとても傷ついているのに、それをうまく伝えたり表現したりできなくて

それが怒りに変わって、相手を必要以上に攻撃してしまうこともあります。

だからこそ、DVの被害者だけでなく、加害者になってしまうこともあるんです。

子どもの頃に「生きていくために」決断したことが

大人になった今も、自分を苦しめているのだとしたら

今はもう、その決断を手放しても大丈夫です。

「私もアダルトチルドレンなのかな」と思われた方は、まずはお話を聞かせてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す