「私って、アダルトチルドレンだと思うんです」

こんにちは。松尾 聡子です。

夫婦関係のカウンセリングの中で

「私って、アダルトチルドレンだと思うんです」

というお話もよくうかがいます。

「アダルトチルドレン」というのは、直訳すると「大人な子ども」となりますね。

「身体は大人だけど、精神的には子どもで未熟な人」

と思っている方もいますが、本来の意味はちょっと違います。

アダルトチルドレンとは

子どもの頃に機能不全家庭で育ち、

子どもらしく過ごすことができず、

その体験が大人になっても心理的外傷(トラウマ・心の傷)として残っている人

 
のことです。

つまり、育ってきた家庭環境や親との関わりによるものなんですね。

子どもというのは、自立するまでは親に頼らないと生きていけない存在です。

安心できる安全な家庭という場の中で、

親の愛情や人のやさしさ、温かさを知り、

同時に生きていく上での様々なことやルールを学びます。

でも、その機能を正常に果たしていない家庭もあります。

それが「機能不全家庭」です。

そういう家庭では、たとえば

・家庭内の対立(夫vs妻・祖父母vs両親など)

・虐待(身体的・性的・心理的・経済的)

・ネグレクト(育児放棄)

・過保護、過干渉

 
ということが、日常的に起きています。

子どもは「生きていくため」に、

親に気に入られること、怒らせないことを、何よりも優先させることになります。

自分の感情や考えより、親の感情や考え、価値観が何よりも大事になるんです。

自分ではない他の人間の感情や価値観を、常に読み取らなければならないというのは

子どもにはとても難しいです。

だから、常に「失敗したらどうしよう」という不安と恐怖でいっぱいです。

親に見捨てられることは、生きていけないということに直結しますから。

つまり、その子にとっては、家庭は安心で安全な場所ではないんですね。

そして、人は自分が知っていることしかできません。


だから、親との関係の作り方が、自分以外の他者との関係の作り方にもそのまま使われます。

そのために、大人になった今も

自分と夫との関係に影響したり

自分と子どもとの関係に影響したりするんですね。

でも、夫婦の関係がうまくいかなくなったことで

「私って、アダルトチルドレンなのかな」と気づいたということは

これまでの生きづらさを、ここでリセットするチャンスかもしれません。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す




CAPTCHA