「夫との会話はLINEです」

こんにちは。松尾 聡子です。

火曜日のメルマガから募集を開始させていただきました

「一緒にいる時間が楽しくなる!夫婦のコミュニケーション講座 」

さっそくお申し込みをいただいています^^

ありがとうございます。

まだまだお申し込み、受付中です!

さて、先日「夫との会話は、ここ数年LINEです」という話を聞きました。

夫と話したくないけれど、夫婦である以上、どうしても会話をしなくてはいけないときがある。

そんなときは、同じ家の中にいながらLINEで会話しているそうです。

なるほど!

今は携帯、メール、SNSなど、いろんな通信手段があって便利ですね^^

夫婦として一緒にいたくはないけれど、離婚は経済的にも社会的にもリスクが大きいと感じて決断できない・・・

そんな人には、こういう方法はダメージも少ないともいます。

でも、夫婦にとってはそれがいいとしても

その状態はお子さんにとっては、とてもつらいものかもしれません。

最近、子育てや親子関係専門のカウンセラーさんのお話を聞く機会が多いのですが

子どもって、大人が思う以上に、親の影響を大きく受けているそうなんです。

大好きなお父さんやお母さんの暗い表情やギスギスした態度は

子どものやわらかな心にダイレクトに入っていっちゃうんですね。

家庭の中の冷たい雰囲気は、子どもの心を不安や寂しさでいっぱいにしちゃいます。

そして、基本的な人との関わり方について、子どもは親や身近な人から学びます。

両親のコミュニケーションの方法は、そのままお子さんがこれから築いていくコミュニケーションの方法のお手本になるんですね。

だからこそ、ステキなお手本を見せてあげると、お子さんはそれをたーっぷり吸収してくれるはずです。

相手のことが、嫌いでもいいんです。

嫌いな相手でも、言いたいことはちゃんと伝える、

相手の言葉をちゃんと受け止めることができる、

それって、自分のことも相手のことも「大事に扱う」ことにつながります。

自分を大事に扱えること、それは人生の大きな財産になります。

そんなコミュニケーションを、お子さんに見せてあげられる家庭がもっともっと増えるといいなあって、思ってます^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す




CAPTCHA