ほめられると、どんな気持ちになりますか?

こんにちは。松尾 聡子です。

突然ですが、みなさんはほめられると、どんな気持ちになりますか?

「いやいや、そんなことないですよ~」

「いえ、こんなこと、たいしたことじゃないですから」

と、思わず謙遜しちゃう人、多いのではないでしょうか^^

逆にそういうときに「まあね~」なんて鼻高々だとムカつく、とか

お世辞で言っただけなのに、真に受けられるとシラケちゃう、なんて声もあります。

だからこそ「そう思われないように、とりあえずは謙遜しておこう」という気持ちも働くのかもしれませんね。

でも、もしも相手が本気で「すごいなあ」とほめる気持ち満載だったとしたら

「この気持ちを伝えたい」「喜んでほしい」という気持ちだったとしたら

「そんなことないですよ~」と謙遜されると

自分の気持ちが否定されたような、受け取ってもらえなかったような、そんな寂しい気持ちになっちゃうんですよね。

そして「いやいや、ほんとにすごいですよ!」

「いやいや、そんなことないですってば!」

のループに突入します。

そうなると、それこそ

「こんなに必死でほめるほどのことだっけ…。何やってるんだろ、私(>_<)」

みたいな気持ちになりかねません。

「でも、ほめられてもどうしたらいいかわからない」という人も多いです。

特に日本人は、ほめるのもほめられるのも苦手ですものね。

だから、ほめられたときには、鼻高々にならなくても謙遜しなくても大丈夫。

とりあえず素直に「ありがとう」で受け取っちゃいましょう。

もしも相手がお世辞だったとしてもいいんです。

こちらが「ありがとう」と受け取ることで、相手も嬉しくなったり、気持ちよくなったりするものです。

一緒に嬉しくなれたら、それでいいんじゃないかなって思います^^

さて、明日は「謙遜すること」について、もう少し掘り下げてお伝えしますね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す