「相手が不機嫌になると、その原因は自分」だと思ってしまうあなたへ

こんにちは。松尾 聡子です。

夫が不機嫌になったとき、

職場の同僚や上司、お友だちが不機嫌になったときなど、

目の前の誰かが不機嫌になったとき、どんなふうに感じますか?

「むかっ、なんなのよ!」と自分も不機嫌になる人と、

「どうしよう、私、悪いことしちゃった・・・」と、自分を責める人。

大きく2つのタイプがあるんじゃないかな、と思います。

自分を責めてしまう人の場合、思考が自動的に

「相手が不機嫌になると、その原因は自分」

だと考えてしまうんですね。

勝手に「相手が正しくて、自分が間違っている」と決めちゃいます。

たしかに、こちらの言葉で相手が不愉快になったかもしれませんが

単にきちんと伝わってないために誤解されているだけだったり

こちらが、相手の言葉を誤解して受け取って返したからだったり

つまり「単なる誤解」ということも多いんです。

でも、すぐに自分が悪いと決めちゃって、謝ったり、言い訳したりしてしまったら

相手が正しくて自分が悪かった、ということで終わってしまいます。

本当に相手が伝えたかったことも、本当に自分が伝えたかったことも伝わらなくて

誤解のままで終わってしまうんです。

「私が悪かった。ごめんなさい」で終わらせることは

自分を悪者にすることで、そこで起きた問題にちゃんと向き合うことなく

結果的に逃げてしまうことになるのかもしれないですね。

相手が何に怒っているのか、

自分の何が伝わっていないのか、

自分が相手のどんな気持ちを受け取れていないのか、

逃げずにしっかりとそこに目を向けること、

相手にきちんと伝えて、わかりあう努力をすること、

それが大事なんだなと思います。

なんて、私も最近になって、ようやくできてきたなあと思うんですけど^^;

でも、それができるようになってから、ラクになりましたよ。

だって、誰かが不愉快になっても、怒っても、怖くないから。

そして、お互いの誤解やすれ違いを解いて、より深く理解しあえるチャンスになったから。

だから、私と同じように「私が悪い」「私のせいだ」とついつい自分を責めてしまう人たちがラクになれるような

そんなお手伝いができればいいなと思っています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す