「自分を必要としてくれる場所で、愛する人と生きたい」

こんにちは。松尾 聡子です。

数秘術占いの井川貴子さんが、ご自身のメルマガでこんなことを書いてくださいました。

ご了承をいただきましたので、一部ご紹介させていただきますね。

「自分を必要としてくれる場所で、愛する人と生きたい」

NHKの朝ドラ「べっぴんさん」で、ジロウちゃんが言っていた言葉。

一昨年、FSD(女性性機能障害)専門カウンセラーの松尾聡子さんのセッションを受けました。

すでに数秘術占いを始めていたので、お客様のためにも、自分のためにも自分が問題だと思い込んでいるものをクリアにしたいと思ってね。

夜の生活が面倒くさくて面倒くさくて、しょうがないことをご相談(笑)

聡子さんの不思議なセッション受けて、時代を遡り、20代の私が心に決めた言葉が、

「自分を必要としてくれる場所で、愛する人と生きたい」

忘れてた言葉だし、あとで、計算したら、運勢周期『6の年』でした^^

「必要としてくれる」って受け身な言葉に聞こえますが、

自分を知り、自分と繋がっていないと、自分が必要な場所がわからないもの、


自分が必要な場所がわかれば、自分が必要とされている場所もわかるもの、

なんですね。

その後、夫との夜の生活は億劫でなくなったか?といえば、スパッと解決してませんが、

今は、解決しても解決しなくてもどっちでもいい!と、ネタにして、夫とコントのように、笑い話であ~じゃね~こ~じゃね~と相談してます(笑)

  
旦那さまからのたーっぷりの愛に包まれている貴子さん。

それでも、夫婦生活を続けていくうちに、いろんな出来事があったり

気持ちの変化が起こったりするものです。

でも、夫婦の間で生まれた大切なもの、育まれてきたもの、それはちゃーんと心の中に根付いているんですね。

ときどき忘れちゃっても、見失うことがあっても、

無意識の奥にはちゃんと存在してるんです。

私の役割は、それを思い出すお手伝いなんだなって思います。

そして、心の奥にしまい込まれていた大事なものが見つかったら、


実は、悩みだと思っていたものが、意外とそうではなかった、

なんてこともあるんですね^^

さてさて、貴子さんのメルマガにある、運勢周期『6の年』というのは、

「あらゆる種類の愛の体験がやってくるので、もらった恩を返す感謝の年」

だそうです。

貴子さんのメルマガには、その『6の年』の意味や過ごし方のポイントが、とってもわかりやすく書かれていましたよ。

数秘術って何?運勢周期って?と思われた方は、貴子さんのメルマガをぜひ!

数秘術に絡めた夫婦関係のヒントも盛りだくさんで、きっとお役に立つと思いますよ~。

私も毎回楽しみに読んでます。

貴子さんが一昨年受けられた「不思議なセッション」に興味のある方は、こちらをどうぞ^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す




CAPTCHA