自分の子どもだからって、私のような子どもになるわけじゃないんだなあ

こんにちは。松尾 聡子です。

今日はバレンタインデーですね。

私は娘の友チョコづくりのお手伝いでグッタリです。

ビタントニオで作った焼きドーナツと、無印良品のブールドネージュの手作りキットを使いました♪

最近は女の子同士の友チョコ交換がすごいですね。

きっと、我が家で一番たくさんチョコをもらっているのは、夫でも息子でもなく娘だと思います^^;

でも、たくさんのお友だちとチョコを交換して楽しそうにしている娘を見るのは嬉しいものです。

実は、子どもの頃の私はものすごーく人見知りで、自分から積極的に友だちに声をかけることができませんでした。

幼稚園の頃なんて、いきなりの集団生活にすっかり固まってしまって

結局お友だちがいないまま2年間過ごすことに(>_<)  

小学校でもそんな感じで、4年生までお友だちは近所の女の子1人だけ。

そういう自分だったから、子どもたちには物心つく前から集団生活に入れちゃえ!と、0歳から保育園に入れたんです。

もちろん、働くのが好きで働き続けていたかった、というのもあります。

でも、お友だちにもらったチョコをいっぱい抱えてご満悦な娘の顔を見ていると

自分の子どもだからって、私のような子どもになるわけじゃないんだなあと、しみじみ思います。

まあ、よく考えたら当たり前なんですけどね^^;

人って、特に子育ての面では、自分が知っている世界が基準になって子育てしてしまうものです。

自分が育った家庭の親子関係、夫婦関係は、今の自分が作っている家庭にとても大きく影響するということ。

それを改めて感じたバレンタインでした。

今の家族関係が育った家庭の影響を受けてるのかも?と思った方は、こちらでお話し聞かせてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す