「私が妻じゃなかったら、夫はもっと幸せだったかもしれないのに」

こんにちは。松尾 聡子です。

「私が妻じゃなかったら、夫はもっと幸せだったかもしれないのに」

そう思ってしまうことはありませんか?

誘いを断ったときの、夫の傷ついた顔を見たとき。

もともと大らかでいつも笑顔だった夫が、イライラすることが増えてきたとき。

私が妻じゃなかったら、夫にこんな顔させることはなかったのに。

夫は私のせいで、こんなイライラするような人になってしまった。

「私が妻じゃなかったら」

「私のせいで、夫を不幸にしてしまった」

自分が夫の人生を台無しにしてしまったような罪悪感に、押しつぶされそうなことはありませんか?

私も、そんなふうに感じていたことがありました。

夫に対して、申し訳なくて、自分が情けなくて。

でもね、それって、あまりにも自分を買いかぶりすぎていたのかなって、今になって思うんです。

夫だって、一人の大人の人間です。

本当にイヤなら、私なんかとさっさと別れちゃえばよかったんです。

でも、夫は苦しくても、つらくても、イライラしても、私と一緒にいることを選んでいたんですよね。

私だって、夫と別れずに悩み続ける日々を選んでいた。

結局は、それぞれの選択の結果が、悩んで苦しみながら一緒にいることだったんですね。

それならば、どちらかの人生をどちらかの責任にする必要はありません。

自分が選んだ人生なのに、選んだ責任を相手に押し付けたり、

相手の選択の責任を自分が背負い込んだりする必要はないってことです。

自分の選択、相手の選択を誰かのせいにしない勇気を持つこと。

そして、選んだ道で腹をくくって幸せになろう!って思えること。

そこに、過剰な罪悪感はいらなかったなって思います。

夫の人生は夫のもので、あなたのものではありません。

そして、あなたの人生もあなたのもので、誰かのせいではありません。

そろそろ、あなたの罪悪感を手放しませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す