自分の気持ちを伝えるときに、一番大事なもの

こんにちは。松尾 聡子です。

相手に自分の気持ちを伝えるとき、何が大事だと思いますか?

やっぱり、何よりも「言葉」!

次に「表情」とか「身振り手振り」かな。

・・・と、ふつうは思ってしまうのですが、実は違うんです。

実際に、聞いている人は、話している人の言葉の内容よりも、表情やジェスチャーで本音を判断しているんですね。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」では

聞き手が話し手の本心を判断する材料とするのは

言葉・話の内容:7%

声のトーンや口調:38%

表情・視線・しぐさ・ジェスチャー:55%

 

ということなんです。

たとえば、言葉では怒っているのに、顔が笑っていると、本気で怒っているようには感じませんよね。

逆に、すっごく褒められているのに表情が怖いと、まるで褒められている感じがしないです。

こんなふうに、気持ちって「言語」より「非言語」の部分が優先して伝わってしまうんですね。

カウンセリングでも

「主人は家族のために一生懸命働いてくれてるのに、さみしいって思っちゃう私がわがままだって気づいて、スッキリしました♪」

と言いながら、眉間にしわが寄っていたり、声のトーンが沈みがちな方がいらっしゃったりします。

そういうとき、たいていは「わがまま」って自分で思ってるわけじゃなく、誰かに言われてることが多いです(>_<)  

自分では納得してるのに、なんだか気持ちがスッキリしない・・・

そんなときは、自分の気持ちを口に出しながら、ちらっと鏡を見てみるのもいいですね。

どんな表情をして、どんな口調になっているでしょうか?

言葉の内容と合ってないなあ、と思ったら、

心の中には、言葉とは違う大事な気持ちがあるのかもしれません。

あなたの心の中にる大事な気持ち、ほんとの気持ち、それを見つけること。

そこから、新しいコミュニケーションが始まります。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す