「不安もなく言いたいことがすーっと出てくるようになりました」

こんにちは。松尾 聡子です。

「言いたいことが言えない」

カウンセリングでは、そんな悩みをうかがうことも多いです。

そんなお悩みに向き合ったクライアントさまの感想をいただきました。

ご紹介させていただきますね。

カウンセリングからずいぶん経った気がします…1週間なんですね。

2日ほどは心身とも緊張気味でしたが、

不思議なもので、不安もなく言いたいことがすーっと出てくるようになりました。

主人に対して、子どもに対して。

あと、身体も心も軽くなりました。

4歳のS子ちゃんが胸の奥で時に悲しみ、時に訴えますが、一緒に育て育っていく感じでしょうか。

言葉に対する責任と影響…という、未来で感じた言葉が響いてます。

(S子さん)

 

「イヤだ」「本当はこうしたい」が言えない。

そんな、あきらめやガマン、自己嫌悪の気持ちは、自分自身や相手への怒りに変わることもあります。

言えないことをわかってほしくて、相手を拒否したり、攻撃したり。

時には自分自身を傷つけてしまったり。

だから、自分の気持ちを大事に認めてあげること、

それを相手に伝えられるようになること、

それって、とても大切なことなんですね。

そして、その「言いたいことを言えなくなった」原因は一人ひとり違います。

S子さんは、4歳のときのつらくて悲しい経験が「言いたいことを言ってもしょうがない」という気持ちを生み出していたんですね。

傷ついたままだった4歳のS子ちゃんを癒してあげて、ちゃんと自分の中に戻してあげること。

それによって、S子さんの中の「言いたいことを言ってもしょうがない」が変化してきました。

そして、ただ言いたいことを言うのではなく

「自分の言葉に対する責任と影響」の実感も手に入れることができたんですね。

きっと、これから安心して、そして自信を持って

自分の気持ちを自分の言葉で、夫にも子どもにも、お友だちにも伝えることができるはずです。

自分の気持ちを伝えることをあきらめている方、伝える勇気を持てない方、

あなたも「本当の気持ちを伝えることができる自分」を手に入れてみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す




CAPTCHA