「どうしてこの人はこんな当たり前のことができないんだろう」とイライラするとき

こんにちは。松尾 聡子です。

「どうしてこの人はこんな当たり前のことができないんだろう」

そんなふうに感じて、イライラすることはありませんか?

脱いだ洋服を脱ぎっぱなしで床に放置していたり。

食事のときにくちゃくちゃ音を立てて食べていたり。

「いただきます」「ごちそうさま」が言えなかったり。

人として当たり前というか、常識だよね?と思うことができなくて、ウンザリしちゃう。

でも、実はそれって「人として当たり前」でも「常識」でもなかったりするんです。

あくまでも、あなたの育った「家庭での常識」、あなたが育った「社会の文化」だけのものだったりするんですね。

たとえば、日本では食事のときに食器を手で持ち上げて食べますが、韓国では食器を持ち上げて食べるのはマナー違反だそうです。

また、欧米では男性が女性を先にエレベーターに乗せたり、車のドアを開けてあげたりしますが

日本人の男性でそういうことができる人は少ないですよね。

きっと、欧米の文化で育った女性が日本の男性と付き合うと「気が利かない」「冷たい」と思うかもしれません^^;

同じ日本でも、目玉焼きにはソースかしょう油か、ということから

大皿から取り分けるときにも、直箸(じかばし)を使うか取り箸を使うか、など、家庭によってさまざまです。

「我が家の常識は、世間の非常識」という言葉もありますね。

なので、こういうときに

「どうしてこんなことするの?」「どうしてできないの?」

と思うと、ストレスがたまるばかりです。

「そういうものなんだ」と、とりあえず現実を認めるとずいぶんラクになります。

コツは「この人は、こういう世界で生きてきたんだなあ」としみじみ眺めてみることです。

ストレスって、自分の常識外のことが起きると生まれてくるものなんです。

だから、逆にイライラしたときは「私の中の常識ってこういうことなんだな」と自分を発見できるチャンスでもあります。

お互いの常識を知ることができると「じゃあ、どうしていけばいい?」という対策のヒントも見つかります。

一緒にヒントを見つけてほしい!という方はこちらです^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す