産後のホルモン、こんなふうに変化してます

こんにちは。松尾 聡子です。

産後クライシスの原因として「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられます。

では、具体的にどんなふうに乱れてるの?という疑問が浮かびますよね。

今日は産後のホルモンについてお伝えしようと思います^^

妊娠してから出産までに増えるホルモンに、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。

詳しくはこちらをご覧くださいね。

そして、産後に増えるホルモンが「オキシトシン」と「プロラクチン」です。

●オキシトシン

オキシトシンの大事な役割に、母乳を外に流し出す働きがあります。

赤ちゃんが母乳を飲みやすくしてくれるんですね。

また、オキシトシンは「愛情ホルモン」とも言われます。

赤ちゃんを愛おしく思う気持ち、やさしさ、寛容さを増してくれるんです。

同時に、不安や恐怖などの気持ちを少なくしてくれます。

本来、オキシトシンがたくさん出ると周囲の人への愛情が増すのですが

産後は赤ちゃんを守ろうとする気持ちが強くなり、赤ちゃん以外を「敵」とみなしてしまうこともあるのです。

特に、育児に非協力的な人に対してイライラしたり、攻撃的な態度になったりするんですね。

この時期に、夫に対するイライラや不信感が生まれてしまうことがあります。

●プロラクチン

プロラクチンの役割は、母乳を作り出す働きです。

また、子宮の収縮を促して、産後のお母さんの身体の回復を早めてくれます。

また、妊娠すると母乳が止まるため、授乳期間中は妊娠しないように排卵を抑制する働きがあります。

同時に、性欲自体も抑制されるんですね。

目の前の赤ちゃんにたっぷり母乳をあげることができるように、

そして、新たな妊娠で身体に負担をかけることなく、しっかり育児ができるように

産後の赤ちゃんとお母さんのために、とても大事なホルモンなんです。

* * * * *

こんなふうに、産後の女性の身体は大きく変化をします。

赤ちゃんを育て、そして、妊娠と出産で負担のかかった身体を回復するために、ホルモンが大活躍してくれているんですね。

そのために、イライラしやすくなってしまったり、

性欲が一時的になくなってしまったりするんです。

また、ホルモンの問題だけでなく、出産でダメージを受けた身体の回復には1年近くかかると言われています。

身体と心の準備ができていないときに望まないセックスをすることは、身体と心が回復してからも、心の傷になることもあります。

こういうホルモンや身体について、夫婦で知識として知っておくことも大事ですね^^

「私も産後クライシス?」と不安に思っている方は、まずはこちらへ。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す




CAPTCHA