「あの時、ああ言えばよかった!」とモヤモヤするとき

こんにちは。松尾 聡子です。

言いたいことがうまく言えなくてもどかしい思いをすること、ありませんか?

理不尽なことを言われたり、誤解されてしまったり、一方的に言われっぱなしになったり。

そんな時に限って、その時は何も言えなくて。

そして、後になって「あの時、ああ言えばよかった!」と言葉が浮かんで、さらにモヤモヤ(>_<)

あの時には戻れないし、悔しさも倍増しちゃいますよね。

自分の心を大事にしてあげられなかった後悔も感じるかもしれません。

でも、そんな時って、実は自分の心とじっくり向き合うチャンスです。

言われた時にすぐに言い返せなかったということは

あなたの中でそのことに対するはっきりした答えが見えてなかったということなんですね。

「何か違う」ということはわかっていた。

でも、それがどう違うのか、それに対して自分がどんな考えや価値観を持っているのか、ぼんやりしていたのだと思います。

後になって「ああ言えばよかった!」と思えた時には、自分の気持ちがきちんと見えるようになっていたはずです。

それって、自分の中の価値観や考えがハッキリできたということですね^^

きっと、次に同じようなことを言われた時には、自信を持って自分の気持ちや考えを言えると思います。

こんなふうに「ん?何か違う」とモヤモヤした時は、そのモヤモヤはあなたの心の奥からの大切なサインです。

だから、できれば、次にそれを感じた時は「ちょっと待って」と相手にお知らせするのがオススメです。

「今、なんて言えばいいかハッキリわからないけれど、何か違う気がする」

それだけでも伝えられれば「私は私の心を大事にできた」って思えるかもしれません。

「自分が自分の心を大事にしてあげること」すべてのコミュニケーションの基本です^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す