「うちの子、このままでちゃんとした大人になれるのかしら」

こんにちは。松尾 聡子です。

夫婦の関係のカウンセリングをしている中で、子育てについてのお悩みをうかがうことも多いです。

たとえば、子どもがゲームばかり夢中になって、ちっとも勉強しないとか。

忘れ物が多くて、いくら注意しても反省しないとか。

内気すぎて、友だちがほとんどいなくて心配・・・とか。

「このままで、ちゃんとした大人になれるのかしら」

親だからこそ、心配でたまらなくなっちゃいますよね。

そして、そんな心配を夫がわかってくれないと、さらにストレスが溜まってしまうものです(>_<)  

でも、今日はそんな夫のことはちょっと置いておいて^^;

お子さんのことについてのお話です。

さて、お母さんから見て、お子さんの心配なところ、欠点だと見えるところ。

それって、実は反対側から見ると長所でもあるんですね。

ゲームばかりして勉強しない子は、単に勉強に興味がないだけで、自分に興味があることには、すごい集中力を発揮できるということです。

忘れ物がへっちゃらなお子さんは、細かなことにこだわらない大らかな気持ちを持っていたり。

あと、困ったことが起きても自分でなんとかできる、生きる力を持っているんでしょうね^^

内気でお友だちがいないお子さんは、自分の内面としっかり向き合い、本当に大切だと思える人との人間関係を大事にできる子かもしれません。

「勉強も運動でもいい成績をおさめて、明るく積極的ではきはきとして、友だちも多く、素直で元気でみんなに好かれる子」

そんな「学校」という世界の価値観の中では、今ひとつ・・・かもしれません。

でも、学校以外の別の世界では、お子さんたちの短所と思えたところが、長所となって発揮されることもあるんです。

勉強に興味がなくても、ゲームを作る人になったり、あるいはダンスの道に進んだり。

そして、そのための勉強なら夢中で取り組めるかもしれません。

大らかな気持ちで、生きる力に長けた子は、起業家になって人望を集めているかも。

内気なお子さんは、研究職や執筆などの仕事に向いているかもしれませんね。

ある状況の中でうまくやっていけなくても、別の状況ならのびのび生きていくことができる。

こういうこと、きっと思い当たるのではないでしょうか。

たとえば、人付き合いが苦手な人が営業の仕事をするのはつらいけれど、事務の仕事だと完璧だったり。

逆に、事務作業は大嫌いだけど、営業に出て人と会うとイキイキする人もいますよね。

さて、お子さんの短所の反対側には、どんな長所があるのでしょうか。

そして、それがどんな場所で、どんなふうに花開くのか、楽しみですね。

お母さんができることは、いつもいつもお子さんの応援団であり続けることだなあと思います。

そして、私はそんなお母さんの応援団でありたいと思っています^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す




CAPTCHA