「セックスしたくない」の気持ち、ホルモンバランスが原因かもしれません

こんにちは。松尾 聡子です。

産後の女性の身体に大きな影響を与えるホルモンバランスの乱れ。

でも、このホルモンバランスが変化するのは、産後だけではないんですね。

身体が急激に発達する思春期、いわゆる第二次性徴期にもホルモンバランスは大きく乱れます。

毎日変化する男性ホルモン(テストステロン)と女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)に、感情が振り回されてしまうんです。

思春期のお子さんの感情が不安定なのは、そういうホルモンの影響もあるんですね。

そして、この時期と同じくらい大きなホルモンの変化が起こるのが「更年期」です。

年齢的には閉経を迎える前後、40代から50代が多いようです。

卵巣から出るエストロゲンが減少することにより、ホルモンのバランスが崩れます。

そうすると、脳からの命令通りに身体の機能が働かなくなり、自律神経のバランスも崩れてしまうんです。

自律神経のバランスが崩れると、やたらと疲れたり、眠くなったり。

精神的にも、ちょっとしたことで悲しくなったり、怒ったりしてしまいます(>_<)  
そうなると、セックスする気力や体力が湧いてこなくなるんですね。

また、膣の委縮や分泌物量の減少などによる性交痛も、性欲を低下させてしまう原因にもなります。

「セックスしたくない」気持ちが「更年期が関係しているのかな」と思われる方はホルモンバランスを整えることも一つの方法かもしれません。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す