あなたの夫婦関係は、人生の「事故」ですか?

こんにちは。松尾 聡子です。

自分は悪いことをしていなくても、人に責められたり、批難されたりすることことってありますよね。

今まで何も問題なく仕事していたのに、新しく来た上司から自分の仕事の仕方を全否定されたり。

ちょっとぶつかっただけなのに「どこ見て歩いてんだ!」といきなり怒鳴りつけられたり。

相手の価値観や誤解で一方的に責められるのは、とてもつらいです。

理不尽だけれど、こういう相手はこちらの意見は聞いてくれないことが多いです。

「自分が正しい」「悪いのは相手」「自分の思う通りにならない相手は、とことん攻撃する」

こんなふうに生きている人に出会ってしまうのは、自分の努力だけではどうしようもないんです。

人生の「事故」みたいなものだなあと、最近思います。


でも、そういう「事故」にも、何かの意味や、学ぶことがあるんですよね。

もしかしたら、今までの自分の仕事のやり方に、自分も周りも気づかなかった改善点があることがわかるかもしれません。

そのままぼーっと歩いていたら、お年寄りや小さな子どもにぶつかることもあるし、ちょっと気を付けようと思えるかもしれません。

でも。

その学びを得た後でも、相手の攻撃が延々と止まらなければ。

単に、あなたを傷つけることだけを目的に、攻撃を続けているのだったら。

自分のプライドを守ることが、あなたを傷つけることでしか満たせないのだったら。

そこにとどまって、攻撃を受け続けることは、あなたを壊してしまいます。

たとえば、今の夫婦の関係が、こういう事故の状態が続いているようだったら。

その状態から、時には距離を置いて自分を守ることも大切です。

自分が安全で安心な場所で、冷静な状態になって、改めて夫婦の関係を見たときに

その事故を学びに変えて、幸せな夫婦関係を築けると思えたら、カウンセリングで夫婦の関係性を変えていくこともできるかもしれません。

でも、事故は事故のままでしかなく、それ以上の学びも、幸せな未来もないのならば。

事故を過去にして、自分を守るという選択もあります。

その時、その事故はようやく学びに変わるのかもしれません。

あなたのつらくて苦しい状態は、事故なのでしょうか、学びの過程なのでしょうか。

まずは、お話を聞かせてほしいなと思っています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す




CAPTCHA