「夫の●●の音が嫌い」ということ、ありませんか?

こんにちは。松尾 聡子です。

「夫の●●の音が嫌い」ということ、ありませんか?


ご相談でよくうかがうのが、食事のときにくちゃくちゃ音を立てて食べること。

他には、近づいてきたときの鼻息。

「チッ」という舌打ち。

言い合いになって興奮したときの甲高い声、などなど。

夫だけでなく、普段の人間関係や通りすがりの人にも感じるかもしれません。

「音」や「声」って、気になるとなおさら耳につくものです。

ここでイラッとしてしまうと、その先のコミュニケーションもイライラとしたものになってしまいます。

そういうときの対策をお伝えしますね。

まず「意識を違うものに向ける」ことです。

エネルギーは、注目する方に流れるという原則があります。

音に注目することでますます自分の意識が集中して、イヤな気持ちがどんどん増していくんです。

うーん、不快ですね~(>_<)  

そこで、意識を「音」から他のものに向けます。

食事のときなら、テレビやお子さんの顔に集中する。

鼻息や舌打ちが聞こえたら「今日のお夕飯のメニューは何にしようかな」と、まったく違うことを考える。

このように耳から入ってくる情報に対して、他のものを「見る」、違うことを「考える」ことに意識を向けます。

それでもどうしても耳からの音に意識が向いてしまう!というときは。

心の中でお気に入りの音楽を流したり、歌をうたったりしちゃいましょう♪

私も先日、電車の中で隣に立った男の人がガムをくちゃくちゃしてるのがイヤで、背中がぞわぞわしちゃったんですけど。

電車の車内広告を見ながら、お気に入りの歌を心の中で歌っていい気分でいたら

いつの間にかその人は降りていなくなってました^^

不快な状態でいるか、気持ちいい状態になるか、私たちは自分で選ぶことができるんですね。

こういうちょっとしたコツはメルマガでもお届けしています。

また、メルマガではブログより先にお知らせや情報などお伝えしています。

近々、ちょっとしたお得なお知らせをする予定ですので、ご興味のある方は登録してお待ちくださいませ。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す