「カウンセリングの帰り、夕飯はダンナの好きなトンカツにしよう!って思いました」

こんにちは。松尾 聡子です。

カウンセリングの感想をいただいたので、ご紹介しますね。

先日はありがとうございました。

何気なく話していた仕事の話から、ダンナに感じていた怒りが見つかって、ビックリです。

でも、ああ、そうか、そうだったんだ!って、腑に落ちました。

ダンナの稼ぎが悪いから、こんなイヤな職場で私が働かなくちゃいけない。


そう思ってたら、ダンナにやさしくなんてできないよなあって。

いじわるな上司のことも、ちゃんと向き合わなくて、それも全部、ダンナのせいにして。

仕事も、ほんとはやめたいんじゃなくて、自分が好きでやってるんだなって。

好きな仕事なのに、思いっきりできなかったのが嫌だったんだと気づきました。

ダンナは関係なかった。

理不尽な奥さんですね、私。

カウンセリングの帰り、夕飯はダンナの好きなトンカツにしよう!って思いました(笑)

上司との向き合い方は、松尾さんが教えてくれた方法でやってみます。

また、報告しますね!

(Sさん)


ステキな感想、快く紹介させていただいてありがとうございます^^

Sさんは、旦那さまとの関係だけでなく、最近はお仕事のことでもお悩みでした。

新しい上司に変わって、イヤな思いをすることが多くなってしまったんですね。

旦那さまは、Sさんを気づかって家事も手伝ってくれていたそうですが、ますます嫌いになっていく気がしたそうです。

自分でもなぜかわからない気持ち、湧き上がってくる気持ち、その奥には、何か「伝えたい」という大切な気持ちが隠れていることがあります。

Sさんの場合は「夫の稼ぎが十分だったら、こんなにイヤな思いをして働かなくてもよかったのに!」という思いだったんですね。

その気持ちに気づいたら、どんどん気づきが広がりました。

お金のために働いているのではなく、その仕事が好きなこと。

上司に言えない怒りを、旦那さまに向けていたこと。

本当は、もっともっと仕事がしたいこと!

こんなふうに、「夫にやさしくできない」心の奥には、大切な意図があります。

その意図に気付いて認めたら、芋づる式に自分が本当に求めていることが出てくることがあるんです。

それは、夫婦関係だけでなく、Sさんのように仕事に対する思いだったりすることもあるんですね。

心って本当に奥深くって、不思議です。

カウンセリングでは、夫婦関係だけでなく、職場でのコミュニケーション改善のヒントもお伝えしています。

Sさんが、これから職場と夫婦関係の両方でどんな変化を体験するのか、私もとても楽しみです^^

夫婦関係をはじめ、いろんなシーンのコミュニケーションに役立つヒントは、こちらでもご紹介しています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

コメントを残す