あなたが、妻に本当に言いたいことは何ですか?

こんにちは。松尾 聡子です。

今日は、妻にセックスを拒否されている旦那さまに向けて書きたいと思います。

私は拒否してきた側ですが、カウンセラーのお仕事をする中で、拒否されてきた旦那さまの声をたくさん聞かせていただく機会に恵まれました。

そこで感じるのが、拒否されている旦那さまで、私のカウンセリングやブログに興味を持ってくださる方は、とてもやさしい方が多いということです。

拒否されている自分のつらさ、もどかしさ、悔しさ、悲しさ。

それに苦しみながらも、妻のつらさや苦しさを一生懸命に理解しようとしてくれている。

自分の欲求を抑えるために、いつもいつも自分に言い聞かせている。

冷たくされたり、拒絶されたりしても、妻を信じたいと、信じようとしてくれている。

そんなふうに、強くてやさしい方が多いです。

だからこそ、たくさん悩んで、いろいろと検索して、私のブログやメルマガにたどり着いてくださったのだと思います。

そこで、今日は一つだけ、自分の心に聞いてみてほしいことをお伝えしますね。

あなたが、妻に本当に言いたいことは「セックスしたい」ということですか?

本当は、もっと他に妻としたいこと、妻にしてほしいこと、ありませんか?

性欲は本能の一つと思われているので、手っ取り早く相手に要求を伝えられるし、それが受け入れられないときに罪悪感を抱かせやすいです。

でも、時に正論が相手を追い詰めてしまうこともあります。

人は、追い詰められてしまうと自分を守るので精一杯になってしまい、相手の気持ちが見えなくなってしまいます。

もしも本当に性欲だけなら、解消する方法はいくらでもあるはずです。

でも、どうしても妻でなければならないならば、そこにあるのは性欲だけはないはずです。

それを満たすためには、夫婦関係を根本から見直すことも必要になるかもしれません。

時間がかかるかもしれないし、自分や相手のイヤな面を見ることになるかもしれません。

でも、そこにはきっと、あなたがセックスを通して得たいものがあるはずです。

私は、私と同じように悩んで苦しんできた女性の力になりたいと思ってカウンセラーになりました。

でも、私の夫と同じように悩んで苦しんで来た男性の方にも、少しでも力になれたらいいなあと思っています。

一人で悩むのは、もう終わりにしませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

コメントを残す