面と向かって断ることなく、夫の誘いを避ける方法

こんにちは。松尾 聡子です。

セックスしたくないのに、夫に求められるのがつらい。

でも、断ると気まずくなるし、夫を傷つけてしまう罪悪感で苦しい。

面と向かって断ることなく、夫の誘いを避ける方法として、生活の時間帯をずらすという方法があります。

私も、以前はそうしていました。

夫が帰宅する前に、子どもと一緒に21時や22時に寝るんですね。

代わりに朝は3時や4時に起きて仕事をしていました。

そうすると、朝、起きたときに求められることも避けられるんです。

クライアントさまでも、このようは早寝早起きの生活スタイルをしている方は多いです。

面と向かって断れない、断るのがストレスになってつらい方には、生活の時間帯をずらすというのも一つの方法です。

ただ、自分の好きなように時間を使えないというのは、また別のストレスになることもあります。

たまには、子どもが寝た後にゆっくりテレビを見たり、本を読んだり、お酒を飲んだりしたいのに、それができないもどかしさを感じるかもしれません。

家事や用事で寝るのが遅くなってしまったときに、焦りと不安でいっぱいになってしまうこともあります。

そんな気持ちにさせる夫に対して、また違う怒りが生まれてしまうかもしれません。

心の「つらい」を深めないために、応急処置的な対策はとても大事です。

それと同時に「つらい」を生み出している根本の原因を解決していくことも必要だなと思っています。

私がどんなふうに悩み、どんなふうに乗り越えてきたか、メルマガでもっと詳しくお話しています。

登録は無料です。よかったらごらんくださいね。

感想などいただけると、とても嬉しいです^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

コメントを残す




CAPTCHA