産後のホルモン、こんなふうに変化してます

こんにちは。松尾 聡子です。

産後クライシスの原因として「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられます。

では、具体的にどんなふうに乱れてるの?という疑問が浮かびますよね。

今日は産後のホルモンについてお伝えしようと思います^^

妊娠してから出産までに増えるホルモンに、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。

詳しくはこちらをご覧くださいね。

そして、産後に増えるホルモンが「オキシトシン」と「プロラクチン」です。

●オキシトシン

オキシトシンの大事な役割に、母乳を外に流し出す働きがあります。

赤ちゃんが母乳を飲みやすくしてくれるんですね。

また、オキシトシンは「愛情ホルモン」とも言われます。

赤ちゃんを愛おしく思う気持ち、やさしさ、寛容さを増してくれるんです。

同時に、不安や恐怖などの気持ちを少なくしてくれます。

本来、オキシトシンがたくさん出ると周囲の人への愛情が増すのですが

産後は赤ちゃんを守ろうとする気持ちが強くなり、赤ちゃん以外を「敵」とみなしてしまうこともあるのです。

特に、育児に非協力的な人に対してイライラしたり、攻撃的な態度になったりするんですね。

この時期に、夫に対するイライラや不信感が生まれてしまうことがあります。

●プロラクチン

プロラクチンの役割は、母乳を作り出す働きです。

また、子宮の収縮を促して、産後のお母さんの身体の回復を早めてくれます。

また、妊娠すると母乳が止まるため、授乳期間中は妊娠しないように排卵を抑制する働きがあります。

同時に、性欲自体も抑制されるんですね。

目の前の赤ちゃんにたっぷり母乳をあげることができるように、

そして、新たな妊娠で身体に負担をかけることなく、しっかり育児ができるように

産後の赤ちゃんとお母さんのために、とても大事なホルモンなんです。

* * * * *

こんなふうに、産後の女性の身体は大きく変化をします。

赤ちゃんを育て、そして、妊娠と出産で負担のかかった身体を回復するために、ホルモンが大活躍してくれているんですね。

そのために、イライラしやすくなってしまったり、

性欲が一時的になくなってしまったりするんです。

また、ホルモンの問題だけでなく、出産でダメージを受けた身体の回復には1年近くかかると言われています。

身体と心の準備ができていないときに望まないセックスをすることは、身体と心が回復してからも、心の傷になることもあります。

こういうホルモンや身体について、夫婦で知識として知っておくことも大事ですね^^

「私も産後クライシス?」と不安に思っている方は、まずはこちらへ。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

産後、セックスレスになってしまった原因は?

こんにちは。松尾 聡子です。

セックスレスになるきっかけで多いのは、ずばり「産後」です。

赤ちゃんのお世話で身も心もクタクタ。

ゆっくり眠ることもできず、自分の自由な時間が持てない生活。

正直、セックスどころではないと思う人も多いです。

子どもに対する母としての愛情が大きくなり、夫に対する女や妻としての愛情が一時的に持てなくなることもあります。

これは、ホルモンのバランスも関係しているようですね。

産後のセックスレスが、こういうことだけが原因であれば、産後の子育てが落ち着けば自然と解消されるはずです。

でも、それが何年も続いてしまうことがあるんですね。

そうなると、それはホルモンバランスのせいばかりではないかもしれません。

子育てという初めての経験の中で小さな命の責任を預かる心細さ。

食事も家事も睡眠も、何一つ自分のペースで進められないストレス。

産後の身体は、自分が思っている以上に疲れています。

そういう状態のときは、普段なら気にもしないようなことに傷ついてしまうことがあるんです。

1分でも3分でも一緒にいて育児を手伝ってほしい、不安な気持ちを聞いてほしい。

そんなときに、夫は出産前と同じように仕事や自分の用事を優先した。

「いいよなあ、お前はずっと家で赤ちゃんとのんびり寝てて」と冗談で言われた。

赤ちゃんが泣いていると「うるさいから、外に連れてけよ!」と怒鳴られた。

そんな、出産前なら気にしなかったこと。

あるいは「なに言ってるのよ!」と言い返してスッキリしていたこと。

そんなことが、とても心に深く残ってしまいます。

自分が一番つらくて、心細くて、味方になってほしいときに、そうなってくれなかった。

それが大きな不信感、そして嫌悪感に育ってしまうこともあるんですね。

でも、夫からしてみたら「別に出産前と同じことしてるだけ」だったりします。

それに、最近は育児にも積極的に協力してくれる旦那さまも増えています。

「オレだって、できるときはおむつ変えたり、ミルクあげたりしてるし」

「これ以上、何をしろって言うんだ?」

と、そこまで妻が傷ついていることに気づかないことも多いんですね。

産後の「セックスしたくない」が長引いている場合、

夫に本当に言いたいこと、本当に伝えたいこと、わかってほしいことは「セックスしたくない」と別にあるのかもしれません。

だから。

それがどんどん長引いて、不信感や嫌悪感がどんどん育ってしまう前に。

それが、あなたの心にたしかにあったはずの、夫への愛情を覆いつくしてしまう前に。

傷ついた気持ちを癒してあげませんか?

そして、不信感や嫌悪感で見えなくなった夫への愛情を、もう一度見つめ直してみませんか?

「もしかして、今の私の状況に近いかも」と思った方、まずはお話を聞かせてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

産後クライシスの原因

こんにちは。松尾 聡子です。

産後クライシスを引き起こすきっかけは、出産後に女性に起こるさまざまな変化です。

ホルモンバランスの変化、身体の変化、そして生活スタイルの変化が一度に起こるんですね。

どんな変化が起こるのか、それぞれご紹介します。

■ ホルモンバランスの変化

妊娠すると、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が増加します。

卵胞ホルモンは、いわゆる「女性ホルモン」と言われるものですね。

女性らしいカラダを作ったり、子宮内膜を厚くして妊娠しやすくしたりしてくれます。

黄体ホルモンは、子宮内をやわらかなベッドのようにフカフカにしたり、胎盤を作ったりと妊娠を継続させてくれる働きがあります。

この2つのホルモンが妊娠中から出産まで増加するため、その影響で妊娠中はちょっとしたことで泣いたり笑ったりと、感情の起伏が激しくなるんですね。

それが、出産後は急激に減少します。

特に卵胞ホルモンが減ると、精神の安定や安らぎをもたらしてくれる「セロトニン」の働きが悪くなり、攻撃的になったり落ち込んだりしてしまうのです。

妊娠、出産前なら気にならなかったことに傷ついたり、イライラしたり。

そういうことが起こってしまうんですね。

■ 身体の変化

約40週という長い間、赤ちゃんを守り育ててきた子宮は、出産前の大きさに戻るためにだんだん小さくなります。

この期間は子宮が収縮を続け、悪露(おろ)も出るため、無理な動きは避けた方がいいと言われています。

分娩のときにできた産道や会陰切開でのキズも回復するまで痛みが続きます。

乳腺炎など母乳育児のトラブルも経験された方は多いと思います。

そして、数時間おきの授乳、おむつ替え、夜泣き、抱っこ……

まさにお母さんは24時間フル稼働。

自分が眠くても、疲れていても、赤ちゃんが泣いていればお世話をしなくてはなりません。

まだ完全に回復していない身体にとって、大きな負担です。

■ 生活スタイルの変化

赤ちゃんが生まれると、赤ちゃん中心の生活に変わります。

自分のペースで家事をすることも、出かけることも、眠ることすらできない。

自分の時間を自分で自由にできなくなるというのは、思った以上にストレスを感じてしまいます。

また、特に最初のお子さんの場合、育児についてもわからないことだらけで不安もあるでしょう。

このように、産後の女性には心と身体に大きな変化が起こるのです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子