「私は(妻は)本当に治りますか?」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

カウンセリングでよくいただく質問に

「私は(妻は)本当に治りますか?」

があります。

今の状況がつらければつらいほど、

苦しければ苦しいほど、

いつ、これが終わるのか、本当に終わるのか、知りたいと思うのは当然です。

その気持ち、とってもよくわかります。

そして、私がそれにお答えするのは難しいことも事実です。

まず、「治る」ということに関しては、

私は医師ではないので「治る」とも「治す」とも言えません。

カウンセラーとしてお答えするならば

「あなたがこの問題を本当に解決したいと思っているならば、できます」

ということです。

「カウンセリングに来たんだから、本当に解決したいと思っているに決まってる」

と思うかもしれませんが

実は心の奥では、そうではないこともあります。

たとえば

「セックスできるようになりたい」と思っていても、

本当は「どうしてもしたくない」と思っていることもあります。

そうすると

「カウンセリングでできるようになったら、しなくちゃいけない」という無意識の抵抗が出てくるんですね。

また、本当はしたくないけれど、夫の手前「カウンセリングに行くくらい努力してる」というポーズの場合もあります。

その場合「カウンセリングに行ってもダメだった」という結果を持って、

できない自分を何とか夫に納得してもらいたいという、切ない思いもあるんです。

こういうことが起こってしまうのは

「夫婦はセックスしなくてはいけない」

「セックスしない夫婦なんておかしい。そんなのダメだ」

という前提が、ご夫婦の間にあるからかもしれません。

だから、私は「したくないなら、しなくていい」と思っています。

「したくない」という気持ちは、2人にとって大事なことを伝えてくれているはずだから。

その「したくない」気持ちを置き去りにして、

その気持ちが伝えたいことを無視している限り、できるようになるのは難しいと思うから。

「セックスできない」のは、結果です。

そこに至ったプロセスを無視して、結果だけを変えることは無理です。

そして、そのプロセスは人それぞれ。

だから、どれくらいでできるようになるとか、適当なことは言えません。

そして、「できる・できない」は、そのプロセスの結果です。

しなくても仲良く過ごせる夫婦になるかもしれないし、

愛のあるセックスを楽しめる夫婦になるかもしれません。

未来はわからないからこそ、今の積み重ねで、どんなふうにもつくっていくことができるんです。

そんなふうに思えるようになった私自身の経験は、こちらで綴っています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「私は悪くないのに、私が変わらなくちゃいけないんでしょうか」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

カウンセリングでは、よく「相手を変えるのではなく、自分が変わらなくては」と言われます。

でも、それにモヤモヤすること、ありませんか?

「私は悪くないのに、私が変わらなくちゃいけないんでしょうか」

今まで、カウンセリングでもよく質問されました。

自分勝手で横暴な性格の夫。

セックスに執着して、私のことを責め続ける夫。

そんな夫の方が変わってくれれば、問題は解決するのに。

どうして私が変わらなくちゃいけないの?

結局、私が悪いということなの?

そんなふうに思っちゃいますよね。


結論から言うと、あなたは悪くありません。

そして、夫も悪くありません。

人はみんな、その時に自分ができる最善のことをしているからです。

だから、あなたも夫も、自分が一番よかれと思っていることをしているだけです。

でも、それが結果としてうまくいかなかった。

その結果、傷ついたり、モヤモヤしたりしてしまった。

それならば、その他の選択肢を自分が持てるようになればいいんです。

でも、自分が持っている選択肢は、今までの人生で得たことがベースで

また、ついつい使い慣れた選択肢を選びがちなので

新しい選択肢を見つけたり選んだりというのが、自分ではなかなか難しいんですね。

だから、自分にとって望ましい状況をつくるための

今までの自分にはない新しい選択肢を持てるようにすることが

「今までの自分と変わる」ということになります。

つまり、私が考える「自分を変える」ということは、

あなたの「性格や人間性を変える」ことではなく

「問題となっている状況に対する関わり方を変える」ということです。

やってみたい!と思われた方は、まずはこちらに。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「妻がカウンセリングを拒否。どう説得したらいいですか?」

こんにちは。松尾 聡子です。

このブログは「夫とセックスしたくない」とお悩みの妻に向けて書いていますが

「妻が自分とセックスしたくない」ことにお悩みの旦那さまからのご相談もいただきます。

その中でも多いのが

「妻は性嫌悪症だと思うのですが、カウンセリングを受けることを拒否しています。どう説得したらいいですか?」

というご相談です。

おそらく、妻がセックスを拒むことで夫婦関係がギクシャクしている状態ではあると思います。

それは、夫婦お互いにとって、あまり心地よい状態ではないはずです。

でも、妻の方でカウンセリングを拒否するということは、そこにも何か大切な意図があるのだと思うんです。

たとえば

「私がカウンセリングに行くと、私が悪いと認めることになる」

「私は病気じゃないし。問題があるのは、あなたじゃないの?」

「カウンセリングに行ったら、セックスしなくてはいけなくなるかもしれない」

「別に、私はこの状態に悩んでいないし」

などなど、いろんな理由や意図があると思います。

ただ、はっきりと言えるのは、カウンセリングの必要性を感じていないと

カウンセリングの効果を期待するのは、ちょっと難しいということです(>_<)

「じゃあ、どうしようもないじゃないか!」

と、地団太を踏んでしまいそうですが、カウンセリングって別に誰が受けてもいいんです。

誰が悪いとか、誰が変わらなくちゃいけないとか、そういうものではなく

「今のこの状態を変えたい」「変える必要がある」と感じた人が受けるものだと、私は思っています。

たとえば、登校拒否のお子さんにお悩みの親子の場合も、

お母さんがカウンセリングを受けることで、お子さんが学校に行けるようになることは多いんです。

夫婦の問題も同じ。

どちらかが変わることで、お互いの関係に変化を起こすことができます。

そして「カウンセリングなんて」と思っていた妻が、夫が変わることで「私も行ってみようかな」と思うことだってあります^^

だから、あきらめなくても大丈夫!

今の状態を変えたい。

そして、数年後は笑っていられる夫婦でいたい。

そう思うことができれば、あとはその方法を見つけるだけ。

まずは、どんな方法があるのか、一緒に作戦会議しませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「本当にカウンセリングって効果があるんでしょうか?」

こんにちは。松尾 聡子です。

「カウンセリングを受けたことがありますが、その時はよくてもすぐに元に戻ってしまいました」

「本当にカウンセリングって効果があるんでしょうか?」

こんなご質問もよくいただきます。

つらい状態をどうにかしたい。

でも、今までお金も時間もつかって、自分の心のつらい部分を勇気を出して話したのに、何も変わらなかった。

また、同じようになるのはイヤだ・・・

そんな思いをお持ちなのかもしれません。

カウンセリングを受けた直後はラクになったけれど、それが長続きしない。

それは、意識的に納得しているときに起こることが多いです。

「なるほど、そんなふうに考えればいいんだ!」

「話を聞いてもらってスッキリした。がんばれそう」

「これから、教えてもらったようにやってみよう」

こういうことが、自分の心の奥、無意識の部分から納得できて、そこから変わっていれば大丈夫だと思います。

でも、無意識の部分では納得できていない場合

「いやいや、それは正しいんだろうけど、やりたくない」

「頭では、そうしなきゃってわかってる。でも、本当はそんな風には思えない」

という感じで、心の奥が反発しちゃうんですね。

ある程度までは、意識の力で頑張れます。

でも、無理が限界に達すると、無意識が「やってられないよっ」とブッチーン!しちゃって、元に戻っちゃうんです。

なぜなら、意識と無意識の比率は「1:9」と言われているから。

無意識の力の方が、圧倒的に強いんですね。

私のカウンセリングでは、意識で「こうあるべき」「こうしたほうがいい」というものを、無意識に納得させることはしないです。

「本当はこうしたい」「こんなふうに感じている」という無意識の思いを大事にしながら、意識と仲良くして、両方が納得できる方法を見つけます。

だから、後で「やっぱり納得できない!」ということがないんですね。

ただ、無意識からの変化は、すぐに実感できる場合もあれば、時間をかけて気付くこともあります。

その時は「なんか、ふわふわする感じ?」で終わっても、しばらく経って「あれ?今までと違う!」と気づくことも多いです^^

また、一つ問題が解決すると「じゃ、次はこれもお願い!」という感じで、無意識から、より問題の本質に関わる問題を出してくることもあります^^;

ですから、できればカウンセリングの間は3~4週間ほど開けていただいて、

無意識の変化を確認しながら、継続して受けていただくのがオススメです。

じわーっと心の奥の根本から変わっていける、あなたの心を大事にするカウンセリングです。

カウンセリングに不安がある方は、まずはこちらでお話を聞かせてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

カウンセリングのお支払いについて

こんにちは。松尾 聡子です。

カウンセリングのお支払いについてのご質問にお答えします。

Q:分割払いはできますか?

A:単発カウンセリングについては、一括払いのみです。

継続プログラムに関しては、分割払いもお受けしています。

Q:分割払いの回数はどのようになっていますか?

A:90日プログラム(3ヵ月)は基本的に3回、180日プログラム(6ヵ月)は6回です。

いずれも、毎月の対面(スカイプ)セッションの前までにお振り込みをお願いしています。

それ以上の回数をご希望の場合は、遠慮なくご相談くださいね。

Q:クレジット払いはありますか?

A:クレジットカードをご利用の場合は、ペイパルをご利用いただけます。

「お金がたまったら、カウンセリングを受けよう」

「それまでは、本を読んだり、自分で考えたりしてなんとかしよう」

そう思っている方もいらっしゃるかもしれません。

でも、悩みのどこを、どんなふうに変えたらいいのか。

それを自分で見つけることって、とても難しいんです。

というのも、問題を生み出している自分の思考パターンに、自分で気づくことは難しいから。

だから、いつまでも堂々巡りが続いてしまうんですね。

お金がたまるのを待っていると、悩む時間が長引き、そして、悩みはどんどん深くなります。

「時は金なり」です。

お支払い方法はご相談にのります。

継続が難しいなと思ったら、まずは単発カウンセリングからでもいいと思います。

まずは、取り掛かってみること、一歩踏み出してみることが大事です。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

90日プログラムと180日プログラム、どう違いますか?

こんにちは。松尾 聡子です。

「90日プログラムと180日プログラムは、どう違いますか?」

こんな質問をいただきましたので、お答えしますね。

一言でいうと、取り扱う問題の数の違いです。

「夫とセックスしたくない」の気持ちの奥には、いろんな原因があります。

今までの夫婦関係で培われた夫への不満や怒り、あきらめの気持ち。

性的なことへの嫌悪感やトラウマ。

また、自分自身のセルフイメージがブレーキをかけていることもあります。

家庭ですから、お金や子育て、親せき付き合い、親との関係が影響していることもあります。

そして、それは夫との関係だけに影響を及ぼすものではありません。

おそらく、これまでも生きづらさを感じていたり、これからの人生への漠然とした不安も感じていたりするかもしれません。

だから「夫とセックスしたくない」の気持ちを通して出てきたいろんな人生の課題を、この機会にしっかり向き合っていくのが、180日プログラムです。

夫婦関係を含めたあなたの人生を、まるごと変えていきましょう。

そして、90日プログラムは、その中の一つに絞った解決を目指します。

たとえば「夫とは仲良しだけど、セックスだけができない」という場合は、嫌悪感やトラウマの解消に集中して取り組みます。

また「しようと思えばできるけど、ふだんの関係がイライラしちゃう」というときには、夫婦のコミュニケーションの改善に取り組みます。

期間的に180日は無理、お金もむずかしい、という方が

「とりあえず自分にとって大きな問題を1つでも解決したい」

という場合に使っていただくのもオススメです。

扱う問題は1つですが、180日と同様にメールカウンセリングもついてますし、がっつり集中してやっていきます。

途中で「やっぱり他のことにも取り組みたい!」と思われたら、途中から180日にコース変更もできますので、ご相談くださいね。

最後にまとめると

◆180日プログラム

・「夫とセックスしたくない」の気持ちを通して出てきたいろんな人生の課題をまとめて解決します

・夫婦関係を含めたあなたの人生をまるごと変えていくプログラムです

◆90日プログラム

・とりあえず自分にとって大きな問題を1つでも解決したい方に

・時間的、金銭的に180日は無理!という方に、まずは取り組んでいただきたいプログラムです

「もう少し詳しく聞きたい」という方は、まずはお気軽に体験カウンセリングをご利用くださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

単発のカウンセリングと継続プログラムの違いは何ですか?

こんにちは。松尾 聡子です。

「単発のカウンセリングを3回や6回続けるのと、継続プログラムの違いは何ですか?」

という質問をいただきました。

単発のカウンセリングは、その都度の問題点に対応するのに対し

継続プログラムでは、3ヵ月や6ヵ月のゴールに向かって、最初に大まかな方向性を決めます。

お悩みを解決するために、どういう問題に、どの順番で、どんなアプローチで取り組んでいくのか。

一人ひとりのお悩みや課題に合わせたオリジナルのプログラムをつくります。

もちろん、予想以上に根が深い問題には、予定よりも時間をかけて取り組んだり

逆に、他の問題が解決することで自然と解消された問題もあったりするので

その時の状況に合わせてフレキシブルに対応しながら、常に最適なプログラムを提案していきます。

そのため

「目先の問題だけでなく、根本的に解決したい」


「解決したい問題がたくさん。どこから手を付けたらいいかわからない・・・」

という場合は、継続プログラムの方が効率的に進められるんですね。

もう一つ、単発と継続プログラムの違いは、継続プログラムはメールカウンセリングを併用して行うことです。

単発のクライアントさまにもメールでフォローは行っています。

さらに、継続プログラムではカウンセリングレベルの細かなやり取りや対応を行います。

実際の対面やスカイプカウンセリングの後の気づきや変化を確認したり

メールでできるワークややり取りで、さらに変化を加速させることができます。

また、日常の心の揺らぎや困ったことにもすぐに対応できるので、状態を整えながらカウンセリングに集中でき、効果が上がるんです。

これまでも、やはり対面カウンセリングとメールカウンセリングを併用された方が、もっとも効果を感じていただいたんですね。

このように、継続プログラムはその期間を集中的に二人三脚でがっつり取り組む形になっています。

各プログラムの詳しい内容はこちらです↓

「セックスしたくない」の悩みから解放されて、あなたの人生を取り戻す180日プログラム

「セックスしたくない」の悩みを解決する90日プログラム

単発カウンセリング

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村